2021年7月 2日

石川えりこさんの絵本


皆さん、こんにちは!はっけんTVの辻本彩乃です。

去年4月の緊急事態宣言のなか、おうち時間が楽しくなるようにと

「絵本よむよ!」というコーナーで絵本の読み聞かせをしました。

 

その時に読んだのが

石川えりこさんの「かんけり」という絵本です。

引っ込み思案の主人公ちえちゃんが

かんけりを通して一歩前にすすむ物語。

私も読んでいて、とても勇気をもらった一冊です。

 

作者の石川さんは福岡県嘉麻市出身。

福岡で絵本の原画展が開催されていたので、行ってきました。

何度も何度も読んで、絵本は少しヨレヨレになってしまったのですが、

とっても大切な一冊。

「かんけり」の原画を見つけた時は、

ちえちゃんと会えたような、

懐かしくうれしい気持ちでいっぱいになりました。

kankeri1.png

kankeri2.png

石川さんにも会うことができ、

絵本を読ませていただいたお礼を伝えることができました。

 

石川さんの本は

温かいタッチの絵とストーリーにぐっと引き込まれ、

ふるさとの原風景や幼い頃の思い出、

子ども心にうれしさや切なさを感じていたことが一瞬にして思い出されます。

 

幼い頃はどうしてあんなに一日一日がはやく過ぎていったのか、、、

出会う人、自然、出来事、全てが新鮮でキラキラしていました。

そんな気持ちを思い出させてくれる石川さんの絵本、

どうぞ皆さんも手に取ってみてください。

 

投稿者:辻本彩乃 | 投稿時間:19時31分 | カテゴリ:はっけんTV・ラジオ | 固定リンク


伝統の逸品!都城大弓


はっけんTVの柴田文子です。

私の背丈を優に超える大きな弓!!!

今まで弓道とは縁がありませんでしたが、持たせてもらった瞬間に背筋がぴしっと伸びる思いでした。

daikyu3.png

宮崎県都城市で作られる伝統的工芸品「都城大弓」

紹介してくださったのは、弓師の横山慶太郎(よこやまけいたろう)さんです。

弓はすべて一人の弓師によって手作業で作られ、その工程はなんと200以上!

一つの弓が完成するのに一年ほどかかるそうです。

 

都城大弓は「薩摩成り」の流れをくみ、持ち手が内側に入り込んでいます。

この反りを作ることで反発力が上がり、矢の勢いが増して実践に向いた弓になるそうです。

 

横山さんのお父様は国の伝統工芸士にも選ばれている3代目・横山黎明さん

弓作りの技術は長年の経験で培われる部分も大きく、弓師になって8年目の横山さんも父のようになるにはまだまだだと話していました。

聞けば聞くほど奥が深かったです!

daikyu4.png

横山さん、ありがとうございました!!

投稿者:柴田文子 | 投稿時間:16時51分 | カテゴリ:はっけんTV・ラジオ | 固定リンク


ページの一番上へ▲