2021年1月29日

今どんな状況?


福岡県に緊急事態宣言が出されてから2週間が過ぎました。

いま、どんな状況なのか。

read.jpg

日々数字をお伝えしますが、その向こうにある実感を伺いました。

現場で治療に当たり、福岡県内の病床の調整にもあたっている

九州医療センターの野田英一郎医師です。

thanexpected.jpg

先週をピークに、新規の感染確認の数が減ってきているのは確かです。

福岡県で一気に増えたことから、宣言に先んじて気を付ける人が増えたからかもしれません。

ただ、大事なのは数字に惑わされないこと。

今はまだ流行期という認識です。

thirdwave.jpg

これから入院が必要な患者が増え、1か月ほどその状態が続く見通しだということです。

bed.jpg

実際に、福岡県の病床を見てみると重症のベッドがぐんと増えています。

 

一人一人が気を付けるのは基本的なことです。

「飛沫感染」「接触感染」を自分で防ぐ。

situation.jpg

飲食店は夜8時までの営業になっていますが、場所が問題なのではなく、

危ないのは「食事の場」というシチュエーション。

マスクを外してしゃべってしまう機会をなくすことが大事とのことです。

職場のお昼休みなど、大丈夫でしょうか?

question.jpg

どこまで行動を気を付けたらいいのか私自身も少し迷いもありましたが、

どんな状況でも、2つ感染防止を徹底することが必須。

例えば、応援したい飲食店があるなら、一人で食事に行くのは全く問題ないそうです。

ただし、感染対策がされているか、おしゃべりしている人が近くにいないか・・・ここは肝心です。

効果的なワクチン接種が浸透するまでは、この繰り返しになりますが、

一緒にがんばりましょうとのことでした。

vaccine.jpg

今のところのワクチン接種のスケジュールの予定です。

ずっと気を付けていて疲れてしまう、、、という方もいらっしゃるかと思います。

うまく気分転換や息抜きをしながら、乗り切りたいですね。

特に寒い時期の今は、ただでさえ救急患者が多い時。

tohelp.jpg

本来救える命が救えないことということにならないように、

一人一人が感染を広げないことが大切な時でもあります。

投稿者:佐々木理恵 | 投稿時間:13時23分 | カテゴリ:おはよう九州沖縄 | 固定リンク


ページの一番上へ▲