2020年7月

山笠の思い出や感動をもう一度!


福地礼奈です。

do_200730_01.jpg


7月14日放送の実感ドドド@福岡、見てくださったみなさんありがとうございました。
今年開催が延期となった博多祇園山笠(※祇の字は示へんに氏)についてたっぷりお伝えしました!



視聴者の皆さんに山笠の思い出や写真を募集して、番組内でも紹介しましたよ。


do_200730_02.jpg


どれも素敵な写真やエピソードで、山笠とともに人生を歩んでいく素晴らしさを感じました!
早く見たいです!!来年見ることができるのを祈って楽しみにしています(^o^)



そんな今回の番組、BS1で全国放送します。
九州沖縄推し! 実感ドドド@福岡「みんなの山笠SP」
8月2日(日)BS1 午前0:50~午前1:17(土曜深夜)



「まだ山笠のこと詳しく知らない!」という全国の方にも分かりやすく、そしてのぼせる(山笠にハマる)ことができる番組となっています。
日本全国のお友達、ご家族にお知らせ下さい!

投稿者:ドドド!スタッフ | 投稿時間:17時00分 | カテゴリ:実感ドドド! | 固定リンク


中国料理の立岡シェフ


こんにちは!はっけんTV柴田文子です。

 

毎週月曜日にお届けしている「おうちで簡単!プロの味」

今年度より新しいシェフをお迎えします!

中国料理を教えてくださる

日本中国料理協会 佐賀県支部顧問の立岡池敏(たておかちとし)さんです。

 

立岡さんは、佐賀県にある中国料理店のオーナーシェフや県立高校で非常勤講師として活躍されています。「料理の鉄人」でお馴染み、陳建一さんとは兄弟弟子として一緒に修行されていたそうです。

 

そんな立岡さんに今回教えていただいた料理は・・・

旬のゴーヤーを使った「ゴーヤーのピリ辛炒め」

独特の苦みがおいしいゴーヤーをピリ辛の味付けにして、暑い夏を乗り切るスタミナ料理です。

IMG_0349.JPG

ポイントはゴーヤーを茹でる際に、油を入れたお湯で2分~2分半茹でること。

お湯の沸点が上がり、炒めたような仕上がりになります。

ぜひお家で“プロの一技”お試しください^^

(レシピは、はっけんTVのホームページでご覧いただけます)

 

IMG_0351.JPG

 立岡さん!これから美味しい中国料理たくさん教えてください~!!

 

投稿者:柴田文子 | 投稿時間:17時33分 | カテゴリ:はっけんTV | 固定リンク


梅雨明けは・・


博多の山笠では、追い山が終わったら梅雨が明けるというイメージがあります。

毎年7月15日の早朝で、本格的な夏が来るという感覚です。

残念ながら今年は新型コロナウイルスの影響で山笠はありませんでした…。

毎年中継しているので、かなりさみしい。これは山笠の皆さんと同じ気持ちだと思います。

それでも、山笠を感じていただきたいということで、先日「実感ドドド@福岡」で山笠特集を放送しました。僭越ながら私も出演させていただきました。

実は私、ドドド初。という嬉しい気持ちも。

doyama.jpg

スタジオのセットも山笠使用だったんですよ!

舁き山のようになっています。

あす18日(土)あさ9:30~再放送がありますので、是非ご覧ください。

山笠は、疫病退散からはじまったお祭りです。

新型コロナウイルスや豪雨災害に見舞われる今、櫛田神社では祝詞にその願いを込めて15日の明け方に祈願だけは行われました。

 

週明けにはようやく、九州も太平洋高気圧に覆われて夏の空気になってきそうですが、不安定な天気が続いて梅雨明けの宣言はどうなるやら・・・・

投稿者:佐々木理恵 | 投稿時間:11時06分 | カテゴリ:おはよう九州沖縄 | 固定リンク


実感ドドド!@福岡 みんなの山笠SP


7月14日放送の「実感ドドド!@福岡 みんなの山笠SP」では、
視聴者の皆様から、山笠の思い出のお写真を送って頂きました!

do_200714_01.jpg
たくさんのご投稿、ありがとうございました!!

★魚住優アナウンサーから
去年の春に福岡に赴任し、山笠中継のMCを担当させてもらうことになりました。
初めて目の当たりにする櫛田入りの荘厳な空気に鳥肌が立ったとともに、山笠がある福岡・博多の魅力にとりつかれました。
今年は山笠のない夏ですが、みなさんの素敵な山笠エピソードを読み、去年の興奮を思いださせてもらいました。山笠のある福岡が早く戻りますように!

★福地キャスターから
みなさん、たくさんの山笠エピソードを送っていただきありがとうございました。
私は去年、初めて山笠を間近で見て、男たちの熱い思いや迫力に感動しました!
送っていただいたエピソードや写真を見ていくと、小さなお子さんから大人まで、町中が盛り上がっていてたくさんの方から愛される祭りなんだと改めて実感しました。
私自身もこれから山笠での思い出をたくさん作っていくことが出来たらなと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
番組でお伝えできなかった分も含めて、
皆さんの思い出の写真をご紹介していきます!


■あつしさん(20代男性)
「この写真は一昨年朝山にて、台上がりを、親子でさせてもらった時の写真です。これは祖父が亡くなる前最後の山笠でした。この次の年に祖父が亡くなり、昨年は外から山笠を見させてもらいました。」

<学生時代最後の博多祇園山笠>
do_200714_02.jpg


■川端樂翔さん(10代男性)
「小さい頃から出続けている山笠。 幼い頃は家中で椅子を引っ張り回し櫛田入りの真似事をしたり、小学校の自由研究では山笠について調べるほど山笠と共に生きて来ました。 昨年、念願が叶い人生初の櫛田入りをしました。選んでいただいた以上絶対に30秒台を切ると言う目標を達成する為、先輩方から応援やアドバイスをしてもらい、動画を見て研究をしたり、町内の先輩や仲間たちと階段上りでトレーニングを重ねました。 そして迎えた追い山ならし。山足もあがっていてかなり好感触でした。奉納を終え国体道路に向かいながらタイム発表を待ちます。 「只今の櫛田入り所要時間は29秒64」 私は飛んで喜びました。仲間たちと抱き合い達成感で満たされました。しかし、まだ山笠期間の折り返し。フィナーレ追い山も3日後にあります。気は抜けません。13,14日と日が経ちいよいよ追い山。夜が明ける前の空を提灯が照らす独特な雰囲気に包まれます。今でも写真や動画を見るだけでもその時の緊張感が蘇ります。山留めに入ると、生放送のアナウンサーの声が聞こえてきました。「12日史上初の20秒台。追い山史上初の20秒台なるか。」さらに緊張感が増してきました。「3,2,1ヤー!!」 勢いよく舁き出し清道に入ります。大きな歓声と拍手に包まれ自然と足が進みました。しかしタイムは30秒31。惜しくも20秒台には届きませんでした。 来年は絶対に追い山で20秒出すぞ。と心に決め、今年のトレーニングは昨年より早くに始めていました。しかし延期という形になり仕方ないと思う反面悔しい思いもありました。私は来年大学生になります。まだ確定はしていませんが一度福岡を離れる予定です。山笠のない寂しい夏にはなりますが、自分の希望の進路を実現しまた山笠の季節に戻って来たいと思います。」

<人生初の櫛田入り>
do_200714_03.jpg
 

■hideさん(20代男性・大分県)
「私の父は大分県ですが、山笠が好きで好きで、約10年博多に通いつめ40歳にしてようやく博多の男と認められ赤手拭になりました。そんな父を見て誇らしく思います。今年からは僕も赤手拭目指して山笠を頑張るつもりでしたがコロナで中止になり非常に残念です。」

<父初の赤手拭>
do_200714_04.jpgdo_200714_05.jpg


■テツジさん(40代男性)
「息子たちが山笠に向かうところ・息子たちが楽しんで山笠に行く」

<兄弟><山笠楽しい>
do_200714_06.jpgdo_200714_07.jpg
 

■みかんさん(50代女性)
「何気に撮った写真に、小松政夫さんが。
来年もまた山笠を見て回れたらと、願うばかりです」

<何気に>
do_200714_08.jpg


■梅津篤司さん(20代男性)
「この写真は1995年1番山笠東流 標題 不動降魔剣です!このときはぼくうまれてませんでしたが、NHKの密着ドキュメントをDVDで、見てものすごく父と祖父が改めてすごい人だと知ることが出来ました。」

<1995年祖父総務>
do_200714_09.jpg


■長澤みち子さん(30代女性)
(1)「山笠の朝山で見た中洲流が思い出深いです。朝の中洲の街を走る山。夜働いた方が仕事終わりに見ていたり、中洲の街を山が走っていることが不思議でした。でもいいな~と思いました」

do_200714_10.jpg

(2)「私は山笠が終わったら櫛田神社に戻り「鎮めの能」をみるのが好きです。実際生で見に行った時に、この能があっていることを知りました。荒々しい奉納で荒ぶった神を鎮めるとされているとの事。とても素晴らしいし日本的でいいですよね。毎年終わったら誰でも桟敷席に入れますので、おにぎりなど朝ごはんを食べながら山笠の余韻に浸っています。」

do_200714_11.jpg

(3)「毎年家族と見にいっていたのですが、2017年この年は、誰とも都合がつかずでも 山は見たい!と一人で行きました。なかなかさみしかったのですが、承天寺から最後は大博通りに移動した時に上川端通りのスターウォーズが現れた時はとても興奮しました! 広い通りを悠々と走る山笠。元気もらえました。ミニ脚立を持っていたのでよく見えてよかったです。外国の映画を取り入れる山笠のかっこよさもすごいなと、感心しました。」

do_200714_12.jpg


■かんさん(30代女性)
「7月10日に誕生した長女。1歳の誕生日を迎える前日のお汐井とりでお父さんに抱かれて山笠デビューしました。それ以来、誕生日には山笠のおじさんやお兄さん達にお祝いしてもらうのが当たり前でしたが今年は中止。そんな娘も来年はもう小学生。女の子が山笠に参加できる期間は限られてるのでこの一年は、とても、とても大きいです。」

do_200714_13.jpg


■ジャイアンさん(50代男性)
do_200714_14.jpg
 
「小学生の頃、自転車で毎年追い山ならしを見に行ってて出るのが憧れでした。たまたま、山笠好きの奥さんと結婚して子供ができて更に出たい思いが強くなって、奥さんの山笠に出てる知り合いに頼み込んで参加させてもらいました。3年前から息子と山笠に出ています。毎年、山笠に出るとあの濃い1週間で年上の子達や大先輩方々に接して幼い息子がグンと成長するんです。今年は出れなくて残念ですがこれから一生、息子と一緒に出れたらなぁと思います。ほんと山笠は参加する事で子供の頃から礼儀や上下関係の厳しさ等、色々学べる、本当に誇れる良い祭りだと思います。」


■山笠ナビ 宝来さん
do_200714_15.jpg
 
「父方の祖母は博多出身で、毎年追い山を見に行く生粋の博多っ子でした。祖母は孫である私を山笠に出すのがとても楽しみだったらしく、その意向により当時大分に住んでいて山笠の「や」の字さえ知らない幼少の私は追い山に出ることに。
何しろ小さい頃なのでその時の思い出はほとんどありません。ただ、真っ暗な時間帯に叩き起こされ、言われるがままに締め込みと水法被を着せられ、あれよあれよと山笠に参加している叔父に道端で拾われ、全く状況を理解しないまま、白白と夜が明ける博多の空の下を共に走った事だけは、いまだに強烈に覚えています。走りながら「昨日こんなおもちゃを買ってもらったよ」と能天気な話をする私。手を引きながら「そうかーよかったなぁ」と話を聞いてくれる叔父。そして容赦なく降ってくる勢い水。この記憶だけはなぜかはっきりと覚えているのです。
そしてウン十年、現在は出る側でなく伝える側として山笠に関わっています。
この強烈な思い出が血をたぎらせるのか、祖母の山笠好きのDNAが叫ぶのか。
毎年「見る山のぼせ」として山笠に近い場所から山笠の魅力を伝えさせてもらえているのは本当にうれしく思っています。

今年ふと「一年前の出来事は幻だったのではないか?」と思ってしまう瞬間があります。
もしかしたら本当は何かあるんじゃないかと思い、山小屋が建つ場所に行ったりもしました。もちろん何もありません。あまりの切なさとやるせなさに「何にもない何にもない全く何にもない」とtwitterに書き込んだこともあります。この状況下で、山笠の魅力を伝えてきた山笠ナビには何ができるのだろうか、何を伝えればいいんだろうか、と考えつつ悩みつつ、6月7月を迎えました。出した結論としては、いつものように"山笠のない山笠"をそのまま伝えて記録に残すこと。一山笠ファンとして、今年山笠がないことを悲しむ人たちと共に悲しみ、来年を楽しみに待つこと。そして、山笠がないさびしさを少しだけでも忘れ、来年の山笠をもっと楽しみに待ってもらえればと、博多祇園山笠の魅力と熱と博多の気持ちを、SNSと過去のアーカイブを使って例年以上に発信するようにしています。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
皆さん、
たくさんの素敵なメッセージをありがとうございました!!
山笠のある福岡が早くもどってきますように。

投稿者:ドドド!スタッフ | 投稿時間:19時50分 | カテゴリ:実感ドドド! | 固定リンク


梅雨末期の大雨。警戒を!


7月に入り、梅雨末期。まさにここからが本番というところで・・・

土曜日の早朝、熊本や鹿児島で記録的な大雨になり大雨特別警報が出されました。

記録的短時間大雨情報や土砂災害警戒情報が相次いで発表され、

日が昇る頃には、もう何か災害が起きてしまっているに違いないという状況でした。

 

被害が明らかになるにつれて、悔しさや悲しさがこみあげてきて、

前日のうちに何ができただろうかと考え込んでいました…。

前日の夕方で予想雨量は200~250ミリ。

ニュースで大雨を呼びかけますが、珍しくない数字です。

実際には500ミリ以上降りました。いわゆる「線状降水帯」の発生です。

今の科学技術では、線状降水帯までのピンポイントの予測はできず、限界を実感しました。

 

しかし、その範囲で私たちに何ができるか。

「大気の状態が非常に不安定」「非常に激しい雨」「前線が活発」この3つのキーワードはありました。これは線状降水帯のようなものが可能性があるというということです。

そしてもうひとつ。

夜遅くの段階では、雨雲の予報で九州南部付近で、明け方に活発な雨雲がかかり続けそうだという予想は出ていました。ここまで降るかどうかは本当にわからないのですが、その可能性が高めにあると言えます。

こうした情報を合わせもって、いかに早めに備えられるか。

雨雲の予報は、携帯電話やインターネットで見られます。

こちらは気象庁のホームページ。「危険度分布」から雨雲の動きが動画で見られます。

kishouchou.jpg amagumo.jpg 

NHKのニュース防災アプリでも、雨雲の予測などの情報を見られます。

ご家族など、デジタル機器が苦手な人には、遠くに離れていても教えてあげることができます。

気象情報にくわえて、雨雲の予測などの情報を収集して、備えてください。

テレビやラジオでも、必要な気象情報を随時お伝えしています。

雨雲は15時間先まで見ることができます。(時間が進めば精度は低くなります)

 

命を落とすのは、土砂災害や浸水に巻き込まれた時。

記録的短時間大雨情報が2度出されたら、もうほとんどできることはないとも言われます。

そうなる前に!

少々面倒かもしれませんが、とりいそぎ8日にかけては、安全なところで過ごすことをおすすめします。

夜に眠るところは、土砂災害や浸水の危険性のない安全なところで。

ホテルや知人宅も選択肢です。

yosou.jpg

(↑今夜の予想。正午過ぎ現在) 

あすにかけては、特に九州北部で活発な雨雲が連続して発生しやすい条件です。

南部でも、局地的には発達した雨雲が発生しやすいです。

九州北部豪雨が発生した付近で大雨の危険がありますので、特に警戒が必要です。

投稿者:佐々木理恵 | 投稿時間:13時15分 | カテゴリ:おはよう九州沖縄 | 固定リンク


地域経済界のキーパーソンが徹底討論する凝縮25分!


こんにちは、広報担当のワタナベです。
「ウィズコロナ」「アフターコロナ」―この言葉が指す方向になにがあるのか。
若き起業家たちは、いまなにを考え、なにを未来に見ているのか、彼ら、彼女の言葉がヒントになるかもしれません。
今週の「実感ドドド!」は地域経済のキーパーソン3人がスタジオで徹底討論します!
do_200701_01.jpg

【出演】
do_200701_02.jpg
●田口 一成(企業経営者)
福岡市在住。寄付金ではなくビジネスで社会問題を解決するソーシャルビジネス専門の企業「ボーダレス・ジャパン」代表取締役。25歳で起業。世界13か国で事業展開し、去年、過去最高の年商54億円を上げる。日経ビジネスにて「世界を動かす日本人50」(2019)に選ばれる。コロナ禍でも貧困・失業・環境問題など、世界の課題に果敢に挑み続けている

do_200701_03.jpg
●田中 彩(企業経営者/NPO法人代表)
佐賀県唐津市出身、福岡市在住。2児の母。出産を機にリタイアし、再就職挫折の経験から、子育てママの社会復帰をサポートする職業紹介企業「Work Step株式会社」を設立。全国的イベント「ママドラフト会議」を主催し、キャリアや能力を生かせずにいた女性を社会に送り出してきた。女性が働きやすい社会実現のため、経済が停滞する今もNPOや自治体との連携を模索し続けている

do_200701_04.jpg
●村岡 浩司(企業経営者)
宮崎市在住。宮崎名物「レタス巻き」発祥の寿司屋の2代目。飲食店の事業展開の傍ら、九州沖縄全県の食材をフル活用した「100%メイド・イン・九州」の食品開発を行う。代表作「九州パンケーキ」はアジア各国で大ヒット。「ONE九州沖縄」をスローガンに今も県境の枠を越えて生産者の元を訪れ、沈んだ地元経済を元気づける新たな商品開発に取り組んでいる

●キャスター:魚住優(アナウンサー)


【トークテーマ】
九州沖縄の強みと課題とは
村岡「九州沖縄を広域な経済圏と捉えてもう一度再構築していく」
田口「顔の見える関係があるから危機を乗り越える助け合いが起こる」

ピンチをチャンスに変えるには?
田中「働きたくても具体的な行動に至らない“潜在就労女性”が九州に9万4000人いる。この人材を新たな社会の担い手として生かせれば」

危機に屈しない新たな生き方とは?
このトークテーマでは、ノーベル平和賞受賞者でグラミン銀行(貧困層向け小額融資)の創設者であるムハマド・ユヌス氏がオンラインインタビューで特別出演!
私たちに伝えたいメッセージとは?
do_200701_05.jpg

未来はわからないから不安なもの。だからこそ、私たちの手で作るものなんじゃないか…そう思わせてくれる言葉の嵐。
放送を見ながら、皆さんが考えたこと、受け取ったことをTwitterで「#実感ドドド」をつけてつぶやくと、出演した3人も見てくれるかも!?

では、最後に元気よく番宣します!今週の「実感ドドド!」は…こちら!↓
-------------------------------------------------------
実感ドドド!「起業家が語る ドうすればいい!? 九州沖縄の経済」
7月3日(金)[総合] 午後7:30
キャスター:魚住 優アナウンサー
(再放送)7月4日(土)[総合] 午前7:35
-------------------------------------------------------
ぜひ、皆さんもマジメに、熱く、
身近な人たちと九州沖縄のこれからを考える議論に参加してみては―。

投稿者:ドドド!スタッフ | 投稿時間:16時00分 | カテゴリ:実感ドドド! | 固定リンク


ページの一番上へ▲