2021年07月19日 (月)ヤマコンニャク


はっけんTVの柴田文子です。

「キャスターの気になるはっけん!」で紹介したこちらの植物。

ビビッドな青とピンクのコントラストが目を引きますよね。

yamakon1.JPG

サトイモ科の多年草ヤマコンニャクです。

鹿児島県南さつま市の有馬一光さん(御年なんと90歳!)の所有する山林で一昨年から自生しているもので、県の準絶滅危惧種に選ばれている希少な植物です。

有馬さんは他にもさまざまな野菜や花を育てていて、今回のも最初はただの”コンニャクイモ”だと思い「できたらおでんに入れようか」なんてご夫婦で話していたそうです。

ところがカラフルな色の実をつけ始めたため、娘さんが調べたところ”ヤマコンニャク”だと判明。ちなみに有馬さんは今年もまだ疑っていたようです(笑)

yamakon2.JPG写真の男性が有馬一光さん

食べることはかないませんでしたが「90年生きてきたが、こんなにきれいな実のなる植物があるなんて知らなかった。長生きをして良かった。ぜひ皆さんにもヤマコンニャクを知ってもらいたい」と話していました。

ヤマコンニャクの実は6月中旬から約1か月間見ることができ、青く熟すと落下します。有馬さんは落ちた実をまだ咲いていないところへばらまいて、もっとヤマコンニャクを増やそうと夢見ているんだそうです。娘さんは「リアルはな咲かじいさんかな」と笑って話していました。

いつかヤマコンニャクでいっぱいになった景色、見てみたいです!!

yamakon3.JPG

センターマイクのようにも見えるのは私だけでしょうか。

投稿者:柴田文子 | 投稿時間:20時09分


ページの一番上へ▲