ページの本文へ

  1. トップページ
  2. 廣瀬 雄大
  3. 日常が、いつのまにか

日常が、いつのまにか

2022年11月02日 (水)

アナウンサーの廣瀬雄大です。

2人の子どもがいますが、思い返すと、彼らには最近怒ってばかりだなぁ。

 

残念なことに、福岡県でも相次ぐ、子どもの「虐待」。

そうしたニュースを伝える立場にいて、原稿を読むたびに胸を痛めていますが、一方で、不安もふくらんできます。

 

この加害者の親と、私に、何か差があるのか?と。

 

言うことを聞かずイライラすること

寝付いてくれず、頭を抱えたこと

何度もありました。

っていうか、今日も…。

 

虐待に至るまで、そしてその日々に、何が起きていたのか

何か止める手立てはなかったのか

今回、2020年に福岡県で起きた事件に、ドラマとドキュメンタリーで迫りました。

 

3歳の男の子が、その尊い命を落としてしまった事件。

裁判の傍聴や、親への取材を重ねました。


担当の中村ディレクターは…。

「子供への体罰禁止など、権利保護にも目が向けられるようになり始めた一方で、相次ぐ児童虐待。
報道があるたびに、多くの人が、許せないと怒りを覚え、そのやるせなさに胸を痛めているのではないかと思います。
今回、私は福岡県で起きたひとつには事件を取材しました。
番組の最後に、30年以上虐待に向き合い、家族の問題を研究している専門家2人に話を聞いています。
『どうしたらよかったんでしょう』・・・。
全ての現場で、みんなが言葉に窮し、簡単に「これだ」という答えを出すことはできませんでした。
事実を基にした「事件が起こるまで」のエピソードが、わたしたちの社会と地続きの問題だと捉えられるのか、、
これからも取材を続けていきたいです。」

とのこと。


子どもを守るには何ができるのか

子育てに取り組む親を どうすれば孤立させずにすむのか

本当に、そのとき、親は、周囲の人間は、声を上げられるんだろうか。

 

一緒に考えてください

「日常が溶ける」 - ザ・ライフ - NHK

11/4(金)午後7:30~ 放送です。

221102hirose02.jpg


この記事に関連するタグ

おすすめの記事