2022年03月11日 (金)ファンチョ・サンタマリア(アメリカ合衆国)

ファンチョ・サンタマリア Juancho・Santamaria

アメリカ合衆国・ALT(Assistant Language Teacher 外国語指導助手)

wmfancho1.jpg

なぜ日本に?

10歳の時、初めて日本の女性アーティストの曲を聴いて、日本語に興味を持ちました。

言葉の意味はわからなかったけど、その時に聴いた日本語の音がとても綺麗で好きだったのを覚えています。一方、その後の進路に関しては、地元の小学校、中学校、高校で学び、大学では、安定した職業である歯科医になることを目指して勉強していました。

しかし、ふとあるとき一つの疑問が頭をよぎったのです。

「本当に自分がやりたい事は何なのか?」

その時に思い出したのが、10歳の時に初めて耳にした日本語の美しさでした。

「そうだ、日本語を一生の仕事にしよう!」

そう決めて、大学での専攻を日本語に変更し、日本語を学ぶ日々が始まりました。

 

Why Japan?

When I was 10 years old, I happened across a Japanese female artist’s music. From there, I was hooked. I didn’t understand the words, but I remember being fascinated with the language and its cadence. I attended elementary school, middle school, and high school without incident. In college, I began studying to get a stable job as a dentist, but wondered if it was what I really wanted to do. In that uncertainty, I recalled the beautiful language I’d heard in my youth and my days of studying Japanese began.

 

wmfancho2.jpgのサムネイル画像

 

なぜ福井に?

 大学での勉強の末、日本語が話せるようになったものの卒業後の具体的な進路に悩んでいた頃、日本からの留学生の友達に、日本語を交えながら英語を教えていたら「教え方が上手。先生になったら?」と褒められとても嬉しく感じました。そんな時に大学の教授から「姉妹都市である日本の福井市で小学生に英語を教える仕事があるんだが、やってみないか?」と勧められ、ALTとして日本の福井に来ることを決意しました。

 実際に日本に来るまでは、「自分の中の日本のイメージと大きなギャップがあったらどうしよう?」という不安もありましたが、来てみれば杞憂に終わりました。福井の街は故郷のオレンジ市と似ていて、のどかで人混みも無く、のんびりしている雰囲気が好きになりました。福井に来て7年目になりますが、来日したばかりの頃、上司に越前おろし蕎麦を食べさせて貰ってから、すっかり虜になり、今は蕎麦と言えば、越前おろし蕎麦しか食べません。

 好きな日本語を交えて母国語である英語を子供たちに教えることは、とても楽しいです。子供たちが会うたびに成長し、英語が上達していく姿を見るのが嬉しいです。私が日本語に出会って世界が広がったように、福井の子供たちが世界中の人達とコミュニケーションが取れるようになり、将来の可能性が大きく広がるよう、これからも授業を続けて行きます。

 

Why Fukui?

I learned to speak Japanese by majoring in it in university, but I was worried about life after graduation. Around then, I was teaching a Japanese friend English with a mix of English and Japanese. Said friend complimented my effort, saying, “You are good at teaching. Why don’t you become a teacher?” This pleased me greatly. My university professor then informed me of a job opportunity teaching English to elementary school students in our sister city, Fukui. With the professor’s recommendation, I decided to come to Fukui as an ALT.

Before moving to Japan, I was worried about any preconceived notions or biases I might have about the country. My worries ultimately proved unfounded. Fukui City is very similar to my hometown, the City of Orange: It’s tranquil, relaxed, and uncrowded. I like this sort of atmosphere. When I first moved came to Fukui, my supervisors treated me to a bowl of Echizen oroshi soba. Even now, with seven entire years having passed since I moved to Japan, the only soba I eat is Echizen oroshi soba.

I enjoy mixing my English and Japanese when teaching children English, and seeing them improve day by day is very satisfying. In the same way that learning Japanese opened my life to new possibilities, I hope to continue teaching English to Japanese students and broaden their horizons.

投稿者:ハロー!ネイバーズ | 投稿時間:18:30

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲