2022年09月29日 (木)福井市竹田地区でみつけ隊!【上原 美穂】

9月26日(月)放送の「ほやほやみつけ隊」は、坂井市竹田(たけだ)地区をご紹介しました。

坂井市の東部、石川県との境にある竹田地区です。

 

20220929_1.jpg

 

さぁ、今回の指令は?

秋祭りにかける「熱い思い」を調査せよ!

 

地区の一大イベント、秋祭り。今年3年ぶりに開かれます。

秋の収穫感謝祭で、久しぶりとあって、

今回から新しい内容を盛り込んだ祭りにしようとみなさん張り切っています。

 

20220929_2-3.jpg

 

キーワードをもとに、熱い思いを調査開始!

①    たけだのた! 体験で食をPR!!

 

こちらお祭りで行う、地区でとれた秋の味覚の詰め放題・盛り放題

お値段は驚きの、100円なんです!!

 

20220929_4.jpg

お祭りの企画委員、大門正悟(だいもん・しょうご)さんと清水美樹(しみず・みき)さん。

おすすめの食べ方は、具だくさんの炊き込みご飯だそうです!

おいしそうですよね✨

 

20220929_5.jpg

 

つづいては、こちら!竹田名物の丸そば

 

20220929_6-7.jpg

 

断面が丸くて、つるんとした のどごしが特徴です。

秘密を探るべく、一緒に作らせてもらいました!

 

20220929_8.jpg

 

使うのは、竹田でとれたそば粉。十割です。

こねて、生地を作ったら、棒状に丸めていきます。

 

20220929_9.jpg

 

そして、使うのはこの機械・・・。

 

20220929_10.jpg

 

丸めた生地を押し込むと、なんと細長い麺が!!!

 

20220929_11.jpg

 

ほどよい長さになった麺。手で切っちゃうんです!!!

 

20220929_12.jpg

教えてくれた山本隆子(やまもと・りゅうこ)さんと大森志津代(おおもり・しづよ)さんによると、

この作り方は、70年前から続いているそうです。

機械で圧力がかかるので、ちゃんとコシもあるんですよ!

 

20220929_13.jpg

 

 

②    たけだのけ! 軽快なリズムで盛り上げる!!

 

20220929_14.jpg

 

こちら、じょんころ太鼓

昭和の終わり頃に、地区の人たちが祭りで演奏したのをきっかけにはじまりました。

過疎化で一時は途切れてしまいましたが、

こどもたちに、この太鼓を竹田の伝統にしていってほしいと7年前から教えるようになりました。

 

20220929_15.jpg

一般社団法人 竹田文化共栄会 代表理事の大川貞幸(おおかわ・さだゆき)さんは、

このじょんころ太鼓が、みんなの生きていく力になってくれればといいます。

  

 

③    たけだのだ! 団結力を高める!!

 

20220929_16.jpg

じょんころ踊り。およそ400年の歴史があり、市の指定無形民俗文化財に登録されています。

今まではお盆に踊っていましたが、

コロナ禍で集まりにくくなったので、今回は秋祭りで披露することにしたんです。

 

竹田音頭保存会 副会長の浅野輝和(あさの・てるかず)さんは、

子どもたちや地区外の人にも、もっとこの踊りに親しんでもらいたいと話していました。

 

20220929_17.jpg

 

秋祭りを通して、地区を盛り上げようとするみなさん。

それぞれの熱い思いに触れることができました✨

 

20220929_18.jpg

 

 

■お問い合わせ

竹田コミュニティセンター

 住所: 坂井市丸岡町山竹田119−3

 電話: 0776-67-2543

投稿者:上原 美穂 | 投稿時間:17:01

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲