2022年03月18日 (金)鯖江市河和田地区でみつけ隊!【上原 美穂】

3月14日(月)放送の「ほやほやみつけ隊」は、鯖江市河和田地区をご紹介しました。
鯖江市の東部、山あいに広がる河和田地区。1500年もの歴史がある漆器の産地です。

 

01_20220317.jpg


河和田小学校には、漆器のまちならではのものが!
漆器を頭にかぶったキャラクターです!去年誕生しました。

02_20220317.jpg


デザインを考えたのは児童です。
鯖江ならではの、眼鏡もかけていますよ。
名前はかわどん!こちらも児童が考えました。
頭がどんぶり、そして河和田地区なので、“かわどん”と付けたそうです。

 

03_20220317.jpg


毎月1回、季節に合わせて衣装チェンジをしています。
おじゃました時は卒業シーズンだったので、袴を着ているんです。

作った井上毅(いのうえ・たけし)先生によりますと、
紙飛行機に乗せて、子どもたちが中学校へと羽を広げて旅立ってほしいという
メッセージが込められているそうです。素敵ですよね。

今回は、そんな漆器のまち・河和田地区で、子どもたちにを与えるヒーローを訪ねましたよ。

まず、1人目のヒーローは、塗り職人の堀江一男(ほりえ・かずお)さんです。

04_20220317.jpg


堀江さんは、旅館などで使われる業務用の漆器を中心に作っています。
模様はもちろん手書き!まさに職人技です?

05_20220317.jpg


実は堀江さん、小学校で絵付け体験の指導をしているんです!
40年近く続く行事で、堀江さんが中心となり、地元の職人などで行っています。


06_20220317.jpg

 

堀江さんは、河和田の産業に触れて、ものづくりの楽しさを知ってほしいと言います。

私も体験させてもらいました!
手がプルプル震えるので、まっすぐに線を引くのが難しいんです。
子どもたちに教えているとあって堀江さん、丁寧に教えてくれました!


07_20220317.jpg


子どもたちは作品ができあがると、目を輝かせ、宝物を持つようにして教室に持って帰るそうです。

 

堀江さんは、ものづくりの楽しさを教えてくれるヒーローでした!

 

続いて、2人目のヒーロー!
写真を撮るのが趣味だという、大門優(だいもん・まさる)さんです。

 

08_20220317.jpg


中でも、蛍の写真を多くとっています。
ステキな写真ですよね!思わずうっとりしちゃいます。

 

09-10_20220317.jpg(撮影:大門優さん)

実は大門さん、蛍が好きすぎて、自分でゲンジボタルの幼虫を育てているんです!
大門さんは、地区の人や子どもたちに、
成虫の姿だけでなく、幼虫や卵の姿をより深く知ってもらいたいと言います。


11_20220318.jpg


蛍の餌になる貝のなかまカワニナも、自ら川の中に入って集めてくるそうです。
まさに、愛情たっぷりですよね。

幼虫は、コミュニティセンターのロビーにも展示しています。
館長の藤原春天(ふじわら・しゅんてん)さんによりますと、
みなさんもの珍しそうに、じ~っとのぞき込んでいるそうです。


12_20220318.jpg


大門さんは、蛍の魅力を伝えたいと小学校で授業をしています。
また、小学生と一緒に幼虫を育てて、放流もしているんですよ。

13_20220318.jpg


子どもたちは、初めて見た時はインパクトが強かったけど、
お世話をするにつれて、だんだん成長していく姿が嬉しかったと言っていました!

 

大門さんは、蛍の魅力を伝えるヒーローでした!

 

 河和田公民館 
 住所:鯖江市河和田町19ー6ー1
 電話: 0778-65-0001

投稿者:上原 美穂 | 投稿時間:11:27

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲