2021年03月12日 (金)冬の奮闘記!冬の期間を振り返ります。【大谷舞風】

こんにちは!皆さま、お久しぶりです♪

 

最近は、春を感じられるようになってきましたね。

 

前回のブログからしばらく空いてしまいました(汗)

12月~2月は中継やインタビューなどたくさんのお仕事を担当しました。

どれも大きな経験で、ブログに書き留めておきたくて、今更ながらの投稿です。

 

12月には、ふくらむふくいのコーナーで日本とアフリカのルーツを持つ勝山ゆかりの歌手CHIKOさんを取材しました!

 

幼い頃に見た目の違いで傷ついた経験や、歌手としていま大切にしていることをお聞きしました。

 20210312_01.jpg

 

 

 

6月から取材を続ける中でCHIKOさんから感じたことは、

「自分の個性をいかす大切さ」です。

 

人と比べて自信をなくしてしまう…そんな経験がある方も多いと思います。

(私はよくあります!)

ですがCHIKOさんは「誰にでも自分にしかない色があるから、その色を大切にして欲しい。むしろ違いを楽しまなくちゃもったいない!」といつも前向きに話してくださいます。

今回の企画が、少しでも自分らしさを受け入れるヒントになっていると嬉しいです。

歌手CHIKOさんの挑戦が、これからも楽しみです。

20210312_02.jpg

 

 

12月中旬には、最盛期を迎える門松づくりの現場から中継をしました!

 

門松は、年神さまを迎え入れるために家の前に飾るもの。

12月下旬から飾られるそうで、ちょうどクリスマスの時期に門松づくりが忙しくなります。

 

南天には「難を転じる」、葉ボタンには「吉事が重なりますように」という意味があるそうで、門松には縁起の良いものがたくさん飾られています。ことしはコロナ終息への思いを込めて、新たにアマビエのお札も!!!

 20210312_03.jpg20210312_04.jpg

 

 

 

門松づくりの工程から飾りにまで、

良い年になりますようにという職人さんの思いが込められていました。

 

 

 

取材に協力してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

続きは、次のブログで!

 

 

投稿者:大谷 舞風 | 投稿時間:20:23

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲