2021年01月25日 (月)鯖江市立待(たちまち)地区でみつけ隊!【北川玲子】

1月25日(月)放送の「ほやほやみつけ隊」は、

鯖江市立待(たちまち)地区に行ってきました♪20210125_001.png

鯖江市の北西部に位置する立待地区。

江戸時代に、松平昌親(まさちか)を藩主とする吉江藩があり、今でも城下町としての風情が残ります。

地区で生まれ育った有名人というのが…

20210125_002.png

この方、浄瑠璃作家の近松門左衛門!父親が吉江藩の武士だったんです!

人形を操り物語を表現する人形浄瑠璃は、江戸時代に大流行。近松はその人気作家として活躍しました。

 

今回の指令は、

近松門左衛門を愛するプロフェッショナルな仲間たちに会いに行こう!

ということで、

近松門左衛門にちなんで、人形浄瑠璃で地区を盛り上げようと活動する、

鯖江人形浄瑠璃「近松座」のみなさんを訪ねました!

20210125_003.png

20210125_044.png20210125_055.png

鮮やかな衣装に身を包んだ人形たちが、歌と音楽に合わせて舞う様子は迫力満点!

まるで人形が生きているかのような躍動感です!

華麗な人形浄瑠璃を披露してくださったみなさん。

しかし、じつはこの近松座、人形浄瑠璃の体験講座に参加していたメンバーたちが15年前に旗揚げしたもので、もともとはメンバー全員が素人だったんです!

20210125_006.png20210125_007.png

人形浄瑠璃の文化が全くなかった立待地区。

技術は、県外から指導者を呼んで、イチから学びました。

20210125_008.png

さらに驚くのは、こちらの人形、なんと顔以外身体も衣装もすべて手作り!

20210125_009.png

地域の人たちが協力して、小道具や舞台までなんでも作ってきました。20210125_010.png

こうした努力が実り、今では自分たちだけで公演をするほどの腕前!

地区を盛り上げたいという心意気がプロフェッショナルなみなさんだったのです!

地区の人たちをトリコにする人形浄瑠璃。

人形を操る「人形遣い」を、私も少しだけ体験させていただきました!20210125_011.png

片手だけで人形の体を支えるは大変!

人形遣いの難しさを体感することができました。

終始、笑いが絶えず楽しい雰囲気で練習していた近松座のみなさん。

地区を盛り上げる源は、こうしたみなさんの笑顔にあるのかもしれません★

20210125_012.png

↑イメージキャラクター「ちかもんくん」と北川

 

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:19:05

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲