太田 実穂

2022年05月13日 (金)坂井市三国(みくに)地区でみつけ隊【太田 実穂】

三国地区は、かつて北前船の交易で栄えたまち。
古い港町の風情が残っています。

まず、向かったのは、神明社(しんめいしゃ)


20220512_1.jpgここでは、9月中旬の秋の大祭に、
江戸時代から伝わる民謡「三国節(みくにぶし)」にあわせて輪踊りが行われます。
今回は、三国節保存会のみなさんに輪踊りを教えていただきました!


20220512_2.jpg

つづいては・・・


20220512_3.jpg勇壮な武者人形をのせた三国祭の山車(やま)です!
三國神社の例大祭「三国祭」が5月19日(木)、20日(金)、21日(土)の
3日間行われます。その準備のため、いままさに熱気につつまれている三国地区
三国祭で巡行する山車を見せていただきました!


20220512_4.jpg大迫力のこちらの山車は、
福井ゆかりの北庄城主・柴田勝家
柴田勝家の力強さ、元気さでコロナを吹き飛ばして、
早くもとの三国祭ができるようにとの思いが込められています。

ことしの三国祭は、感染対策をしたうえで、山車の巡行や屋台の出店があり、
地元以外の人たちも祭りを楽しむことができるそうです!
20日(金)の山車巡行では、7基の山車が巡行します!

最後は、地域のみなさんの憩いの場となっている場所に向かいました!

20220512_5.jpg県と市の補助金を活用して、去年4月にオープンした「出村北前茶屋」です。
このあたりを昔「滝谷出村(たきだにでむら)」といったことと
北前船の歴史が残ることから「出村北前茶屋」と名付けられました。


20220513_6-7.jpg

もともと酒屋だった築90年以上の家屋を地域の人たちが改修しました。

20220513_8-9.jpg
運営をしているのは地域の有志で結成されたグループ
NPO出村みらいプロジェクト」のみなさん。
「出村北前茶屋」は、
「みんなとコミュニケーションをとれる場所がほしい!」や
「みんなで集える場所がほしい!」などの地域のみなさんの意見が
形になったものだといいます。
運営メンバーのみなさんは、
地域のみなさんの思いに答えようと料理や音楽でおもてなしをしています。

20220513_10-11.jpg
写真のメニューは、地元の野菜を使ったカレーと三国の海であがった
甘えびのかきあげそばです。どちらもコーヒー付きで500円です!

また、出村北前茶屋の2階には、
地域の方などが自由に利用できるレンタルスペースがあります!
ここには、三国祭を味わうとっておきの仕掛けが!
巡行する三国祭の山車を間近で見られるよう、大きな窓を用意しているんです!

20220513_12-13.jpg
地域を思う熱い気持ちに触れ、三国祭への期待感が高まった1日でした!

■お問い合わせ
三国コミュニティセンター
住所:福井県坂井市三国町神明1―4-20
電話:0776(82)6400

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:17:07

2022年05月06日 (金)今週の金曜ツイート【太田 実穂】

太田実穂です!

月曜日(5/2)と金曜日(5/6)の放送では、

大谷アナと山口アナがメインキャスターとして登場!

二人とも、初めてで、緊張しているようでした。

早くから準備をして本番に臨み、一生懸命伝えている二人を見て、

初心を思い出させてもらった2日間でした。

 0506_oota1.jpg
0506_oota2.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:19:15

2022年04月08日 (金)今週の金曜ツイート【太田 実穂】

20220408oota1.jpg20220408oota2.jpg

早く福井で新幹線が見たい!と

わくわくしている太田実穂です!

今週は2年後にせまった新幹線開業の特集がありました。

写真は敦賀駅での1枚。

福井が大きく変わろうとしているんだと実感しました。

福井県民としてとても嬉しかったです。

みなさん一緒に楽しみに待ちましょうね!

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:19:00

2022年04月08日 (金)坂井市春江中部地区でみつけ隊【太田 実穂】

春江中部地区は、坂井市の中心部

公共施設を囲むように住宅地が並びます。
シンボルスポットは屋内外で遊ぶことができる「エンゼルランドふくい」。
遊びを通して身近な環境や科学について学ぶことができ、県内外から多くの人が訪れます。

そんな春江中部地区でご紹介したのは、
『地域の“笑顔”を生み出す人々』です!

 

① 木の実のアート作品をつくる女性
20220408_1.jpg生まれも育ちも春江中部地区の前川千賀子(まえがわ・ちかこ)さん。
前川さんは、どんぐりなどの木の実やドライフラワーなどを使って、
オリジナルの作品を作っています。
趣味として続けていて、ことしで5年目だそうです。
これまでに作った作品はおよそ1000点!
作品がこちらです!
20220408_2-3.jpg20220408_4-5.jpg

作品は、地域のみなさんが集う春江中コミュニティセンターの受付窓口にも飾られていて、地域の人たちから大好評だそうです!
前川さんは、多くの人に癒しを届け、笑顔にしています!

 

 

② ホタルの魅力を子どもたちに!自然をとことん愛する男性
春江中部地区では、地区内の藤鷲塚を拠点に、
地域をあげてホタルが暮らせる環境づくりを進めています。
地元の子どもたちを対象にホタルの生態などを学ぶ学習会をしたり
水槽をプレゼントしてエサとなるカワニナを飼育してもらったりしているんです!
20220408_6-7.jpg

ホタルの鑑賞会では、子どもから大人までが歓声を上げるほど反響があったといいます。

20220408_8.jpg

この「ほたるの里づくり」は、
春江中部地区で暮らして81年の久保敏郎(くぼ・としろう)さんの
ある思いがきっかけで始まったんです。
20220408_9.jpg昔は、ホタルを当たり前のように見て親しんでいたという久保さん。
「もう一度、この地域で、ホタルを見たい!
それを子どもたちにも見せたい!」という思いを持っていました。
その思いに地域のみなさんが共感して、「ほたるの里づくり」が始まったんです。
地元への愛着をより深めることになったこの活動。
久保さんの思いが地域のみなさんの笑顔を作り出していました!

 

 

③ 地域の人が気ままに集うカフェを営むご夫婦
20220408_10.jpgカフェを営む川島幸一さん(かわしま・こういち)さん、園子(そのこ)さんご夫婦。
20220408_11-12.jpg店内には、お客さんが使わなくなった調度品が飾られ、
どこか懐かしさが漂うカフェになっています。
川島さんご夫婦は、
地域の人たちに店を自由気ままに利用してほしいと考えていて、
音楽好きが楽器や歌の練習をしたり、
「ママ友」の集まりやクラフト体験会が行われたりしているんです。
20220408_13-14.jpgご夫婦の温かいカフェが、地域のみなさんの憩いの場となり笑顔を生み出していました!

 

■お問い合わせ
春江中コミュニティセンター
住所:福井県坂井市春江町随応寺17-17
電話:0776-51-1104

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:11:10

2022年03月25日 (金)角谷さん、ありがとう!!


太田実穂です!

きょうで福井局が最後の角谷さん。「俺らってなんかいいよね~」とひとこと。

角谷さんと同じ時期に福井局に入った私は

優しいお兄ちゃん角谷さんにたくさん支えてもらいました。

感謝でいっぱいです。

国際報道2022では、今までとは違った角谷さんを楽しみにしています!

 

oota1.jpg

oota2.jpg

 

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:19:30

2022年03月18日 (金)越前市味真野(あじまの)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

越前市の東部に位置する味真野地区
桜の名所としても知られ、味真野小学校の校庭に咲く桜は大人気です!
また、味真野地区は、万葉集に登場する、
夫婦がお互いの思いを歌にした「相聞歌(そうもんか)」の舞台になっていることなどから
万葉集ゆかりの地としても知られています。


味真野小学校の桜

1_20220317.jpg

撮影:池田 博さん

今回は、そんな歴史ロマンあふれる味真野地区で神社仏閣巡りをしてきました!

 

① 霊泉寺(れいせんじ)
霊泉寺は、曹洞宗のお寺で、
室町時代の武将、斯波義敏の菩提寺として知られています。


2_20220317.jpg                 

霊泉寺には、寺の名前の由来になったあるものがあります!

それがこちら「活泉(いくいずみ)」

3_20220317.jpg

 

活泉は、甘露が湧き出ていたと伝えられます。
むかし、家から追い出されてしまった幼い子がこの水を飲んで生き延び、
丈夫に育ったと伝えられていて、この泉は「活泉(いくいずみ)」と呼ばれています。
この伝説をきっかけにこの地域は「池泉町(いけいずみちょう)」
「霊泉寺(れいせんじ)」となったと言われています。

そんな霊泉寺の中でもひときわ目立つものが!


4_20220317.jpg

 

黒漆塗りの木造の大仏・阿弥陀如来立像です。高さ8メートル!
個人から寄贈されたもので明治時代初期に作られたとされています。

 

② 五(ご)皇(おう)神社 
五皇神社は、継体天皇が学問所を設置したとされる地にあり、
5人の皇族がまつられていることから「五皇神社」と言われているそうです。

5_20220317.jpg

 

また、鳥居をくぐり参道を歩いていると立派な門が迎えてくれます。
「楼門(ろうもん)」と言い、越前市の指定文化財になっています。


6_20220317.jpg


そんな五皇神社では、毎年4月18日に「ほうき祭り」というお祭りが行われています。


7-8_20220317.jpg

撮影:池田 博さん

石段や境内をほうきで掃き、お参りするお祭りで、
ほうきはお供えします。
腹痛に悩まされなくなるご利益があるそうです!
言い伝えでは、昔、腹痛に苦しんだ女性が五皇神社にお参りすると腹痛が治り、
お礼に石段をほうきで掃いたことから始まったとされているそうです。

 

③興(こう)徳寺(とくじ)
興徳寺は、鎌倉時代に開かれた時宗のお寺です。

 

9_20220317.jpg

 

興徳寺は、大太刀を振るったことで知られる戦国武将、
真柄十郎左衛門(まがら・じゅうろうざえもん)の菩提寺としても知られています。
お寺には、真柄十郎左衛門のお墓や位牌などが残ります。            
真柄十郎左衛門は、朝倉氏の家臣で、味真野地区内に館を構えていたと伝わります。
朝倉・浅井連合軍と織田・徳川連合軍が激突した姉川の戦いで、
大太刀を振り果敢に戦ったがそこで戦死したとされています。
大太刀は、一説には、およそ3メートルだったそうです。

 

「姉川合戦図屏風」 福井県立歴史博物館 所蔵

00_20220317.jpg.png

 

興徳寺には、真柄十郎左衛門の巨大な人形があるほか御朱印や絵馬が用意されています。


11-12_20220317.jpg


味真野地区は、歴史をたっぷり味わえるまちでした(^▽^)/


■お問い合わせ
越前市味真野公民館
住所:福井県越前市味真野町7-2-1
電話:0778-27-1926

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:11:02

2022年02月25日 (金)今週の金曜ツイート【太田 実穂】

0225oota01.jpg0225oota02.jpg

太田実穂です!

もうすぐ花粉の季節。

考えるだけで鼻がむずむず。

そんなときは、きょう、おてんキッチンで紹介した

“レンコンと長ネギdeほんのり梅スープ“を作ってみましょう(o^―^o)

レシピはNHK福井放送局のHPにのっています!

写真もお待ちしていますので、どしどしお送りください!

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:19:29

2022年02月10日 (木)鯖江市鯖江(さばえ)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

鯖江市の中心部、鯖江地区
ツツジの名所として知られる西山公園があります。
地元思いの方が多く、様々な活動を行っています!

 


1-2_20220209.jpg「38(サンパチ)鯖の日SABAEの日」
鯖江地区をその名の通りサバでPRしようと、
数字の語呂合わせでサバの日とされている3月8日に、
サバの丸焼きやサバ缶の詰め合わせなどサバ料理を販売するイベントです。

 

3-4_20220209.jpg

「さばえ狂歌コンクール」
地区の偉人・第7代鯖江藩主「間部詮勝(まなべ・あきかつ)」
詩歌の作品を残していると伝えられていることから、
鯖江地区では、世相や社会風刺を詠み込んだ短歌・狂歌を
県内外問わず多くの方から募集してコンクールを行っています。
毎年600通以上の応募があるそうです。


「マスクでは 表情見えぬ 戸惑いも 目尻のしわに 笑みを読み取る」
「四人まで 家族で囲む テーブルの 脇にあふれた 我れ一人鍋」

 

そんな鯖江地区の指令は・・・

「サイコロが導く鯖江地区の魅力をさぐれ!」

こちら!

photo05_20220209.jpg

「さばえすごろく」です!
地区の有志が作ったもので、去年12月に完成した、できたてほやほや!
子どもからお年寄りまで、楽しく遊びながら鯖江の歴史や施設を学べるよう作られました。

 

6-7_20220209.jpg

8-9_20220209.jpg

58あるマスには、鯖江地区内の史跡や公共施設などが描かれています。
マスには、QRコードがついていて、
その場所についての説明を見ることができます!
イラストは地区出身の女性が描いたそうです。
背景は、鯖江を象徴する「眼鏡」の模様で、その中には、
地区の偉人・間部詮勝の紋が隠れているという仕掛けも!
コマまでも間部詮勝や地区内の学校がデザインされています。
「さばえすごろく」は、鯖江市内のこども園や小学校などに
 配布され、教材としても使われているそうです。


photo10_20220209.jpg

今回は、このすごろくをしながら地区をめぐることにしました!
めぐった場所をご紹介!

photo11_20220209.jpg

萬慶寺(ばんけいじ)です。
鯖江藩主間部家の菩提寺です。
本堂には、7代藩主間部詮勝が描いた“あるもの”が!12-13_20220209.jpg

photo14_20220209.jpg

天井絵「風神」「龍神」「雷神」です。
鯖江市の指定文化財になっています。

 


photo15_20220209.jpg

植田家長屋門です。
植田家は鯖江藩で家老を勤めた家柄で、
藩政時代の面影を残す数少ない建造物の一つです。

 

photo16_20220209.jpg

道標です。
道のりを旅人に示していた「道標」。
大正11年に鯖江青年団によって建てられました。

 

 

17-18_20220209.jpg道の駅西山公園です。
店内には、鯖江を中心に県内の特産品などが豊富に並んでいます。
その中の「水ようかんバーガー」をいただきましたよ!
不思議な食感で優しい甘さでした。

 

 

19-20_20220209.jpg

食い違い跡。
「食い違い」とは、意図的に直角に曲げられた道路です。
城下町の防御設備だったんです。
敵が攻めてきてもまっすぐ進むことができないようにしているそうです。

 

 

photo21_20220209.jpg

地蔵橋。
戦国時代、織田信長軍が越前を攻めた際、引き倒した地蔵と伝わり、
お告げを受けた僧が放置されたその地蔵を小川にかけて橋にしたと伝えられています。

 

 

 

22-23_20220209.jpg鯖江丹生消防組合本部。
地区出身の男性にお話を聞きました!
鯖江地区は、心が温かい方がたくさん住んでいるよと話していました!

 

 

photo24_20220209.jpg

最後は、西山公園の展望台!
うっすら雪化粧した絶景を見ることができました!
空気も澄んでいて気持ちよかったです!!

■お問合せ■
鯖江市鯖江公民館
住所:福井県鯖江市桜町1-1-16
電話:0778(51)3010

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:11:03

2022年01月28日 (金)今週の金曜ツイート【太田 実穂】

0128oota01.jpg0128oota02.jpg

太田実穂です!

若狭高校海洋科学科のみなさんが開発した、宇宙へ行った「さば缶」!

そして「さば缶」ができるまでが描かれた1冊の本。

高校生のみなさんの努力はもちろん、地域の方たちの大きな支えがあったのですね。

「さば缶」きょうの夜、一口一口味わっていただきます・・・。

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:19:00

2022年01月14日 (金)今週の金曜ツイート【太田 実穂】

0114oota.jpg

太田実穂です!

きょうの中継コーナー「ザウルスライブ」

ご覧いただけましたか?

担当した角谷さんは久しぶりの「ザウルスライブ」。

一人の視聴者として楽しみつつ、勉強させてもらいました(o^―^o)

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲