ほやほやみつけ隊

2019年04月18日 (木)鯖江市河和田地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

4月18日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、鯖江市の河和田(かわだ)地区に行ってきました♪
鯖江市の東部、山あいに広がる河和田地区。
1500年の歴史を誇る越前漆器やメガネなどの職人が集まる、ものづくりの町です。

20190418_01.jpg

今回は、河和田地区の3つの「伝統」をご紹介しました!

 ■伝統① 越前漆器
伝統工芸「越前漆器」の産地・河和田地区では、小学生の名札も漆器!地元職人が、ひとつひとつ漆を塗り上げ、沈金の技法で名前を入れて、丁寧な手作業で作っています。子どもの頃から、地元の伝統工芸に親しみと誇りを持ってもらいたいと、20年ほど前から続けられています。ことしも、新1年生24人に漆器の名札が渡されました。

20190418_02.jpg(※特別に作っていただきました!)

■伝統 殿上まいり
厄年の男性を雪の斜面に放り投げて厄を払い落とすという、変わった神事です。尾花町の、殿上山にある神社で毎年2月に行われているもので、およそ400年前から続いています。厄払いの神事は河和田地区の各町内で行われていますが、雪に放り投げるのは、ここ尾花町だけです。

20190418_03.jpg

■伝統 山うに
河和田地区の各家庭で古くから作られてきた郷土料理「山うに」。

20190418_04.jpg

ゆず、赤なんば(完熟ししとう)、たかの爪、塩をすり込んで作る薬味です。
見た目が海のウニに似ていることから「山うに」と名付けられたそうです。

20190418_05.jpg

この「山うに」で地域を活性化したいと、商品化に取り組んだグループもいます。
「山うに」そのものだけでなく、山うにを生地に練り込んだ「山うにたこ焼き」を販売したり、山うにソングを作ったりと、河和田の伝統の味を広くPRしています。

20190418_06.jpg

伝統を守り伝え、さらに未来へとつないでいく河和田地区。
皆さんの頼もしい活力を感じました。

20190418_07.jpg

■河和田地区への問い合わせ■
河和田公民館
住所:鯖江市河和田町19-6-1
電話:0778(65)0001

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:30

2019年04月11日 (木)坂井市竹田地区でみつけ隊!【太田 実穂】

4月11日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、

坂井市の竹田(たけだ)地区に行ってきました!

 

石川県との境にある竹田地区。

静かな山あいの地域で、美しい自然を楽しむことができます。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆

竹田の豊かな自然が楽しめる自然体験宿泊施設『ちくちくぼんぼん』

廃校となった旧竹田小学校・丸岡中学校竹田分校の校舎を活用して作られた施設です。

地元の人たちの学校がなくなり子どもたちの声が聞こえなくなってさみしいという声を受けて作られました。自然を生かした体験プログラムが豊富で、ダム湖でカヤックにのって山々の緑や滝などを見る体験や獣道ウォークなどが楽しめます。

 

20190411_01.jpg

 

目指せ!『千本しだれ桜の里』

しだれ桜の里として地域を盛り上げる竹田地区。

現在、およそ700本以上のしだれ桜が植樹されています。

地区では、千本のしだれ桜が咲く里を目指して、地区の人たちの自宅の庭や公園、山沿いなどに積極的にしだれ桜を植樹する活動を行っています。

20190411_02.jpg

☆イチオシ☆
『竹田の里しだれ桜まつり』
4月13日(土)から始まる「竹田の里しだれ桜まつり」。
まつりは、桜のライトアップをして地区の活性化につなげようと始まりました。

20190411_03.jpg

 

まつりが行われるのは、小さいお子さんが遊んだりキャンプを楽しんだりできる多目的レジャースペース「たけくらべ広場」です。
広場には、しだれ桜がおよそ100本植えられています。

20190411_04.jpg

 

まつりでは、しだれ桜、山の緑、川のせせらぎの音など竹田の自然を楽しんでもらおうという思いからステージ発表やマイクを使っての進行を行わないなど工夫をこらしています。
毎年およそ6万人が来場します。

20190411_05.jpg

 

今回は、まつりに向けて準備をすすめる人たちを訪ねました。
竹田の里づくり協議会のみなさんが、仕事の合間をぬって桜のライトアップの工事を行っていました。

20190411_06.jpg

 

まつりで大人気のお弁当「さくら弁当」を作っている地元の女性グループも訪ねました。
竹田の郷土料理を作っているみなさんが作る「さくら弁当」は、しだれ桜まつり限定で、すぐに売り切れてしまうそうです。

20190411_07.jpg

 

しだれ桜まつりで会うことができる竹田の里づくり協議会のマスコットキャラクター
『たけだ桜ちゃん』。
私と一福丸を案内してくれました★

20190412_08.jpg

 

しだれ桜の里・竹田地区が一丸となって作り上げるしだれ桜まつり。
竹田の自然を五感で感じることができます。

 ■お問い合わせ
竹田コミュニティセンター
住所:坂井市丸岡町山竹田119―3
電話: 0776-67-2543        

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2019年04月04日 (木)福井市宮ノ下地区でみつけ隊!【今村 有希】

4月4日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の宮ノ下地区に行ってきました♪

福井市の北西、九頭竜川沿いに位置する宮ノ下地区です。地区のシンボル・宮ノ下コスモス広苑は、農林水産大臣賞を受賞して日本一のコスモス畑に輝くとともに、ふるさと百景にも選ばれました。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■花でつるつるいっぱい大咲戦
毎年6月から10月にかけて、ボランティアグループの皆さんが季節の花で地区を彩る取り組みをしています。平成30年度の福井市花壇コンクール・フラワーロード部門では、最優秀賞を受賞しました。

20190404i_01.jpg

■スポーツで交流
宮ノ下公民館では、スポーツが盛んに行われています。中でもゴルフ好きの人が多く、夏はグラウンドゴルフ、冬は室内でスティックリングを楽しんでいます。また毎年2月には「三世代交流スポーツ大会」を開き、スポーツを通して子どもから高齢者まで世代を超えて交流を深めています。

20190404i_02.jpg

☆イチオシ☆
■宮ノ下音頭
およそ30年前に作られ、毎年地区の夏祭りで多くの人たちに踊られています。
公民館の奥の部屋を訪ねると、宮ノ下民踊クラブの皆さんが踊りの練習に励んでいました。
皆さんは月に2回、イベントや大会に向けて練習しています。

20190404i_03.jpg

宮ノ下音頭は歌詞が8番まであり、地区全体について歌ったものが2つと、地区にある6つの町について歌ったもので構成されています。
すべての町の魅力を余すことなく歌詞に取り入れた曲なんですよ♪

20190404i_04_01.jpgこの場所を訪れた記念に、地区の人々の思いが詰まった宮ノ下音頭を、私も一緒に踊りました。

20190404i_05.jpg

地区の宝を次の世代にも受け継ぐため、住民一丸となっている地区でした。
宮ノ下地区の皆さん、楽しい1日をありがとうございました♪

20190404i_06.jpg

 

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:30

2019年03月28日 (木)小浜市西津地区でみつけ隊!【太田 実穂】

3月28日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、小浜市の西津(にしづ)地区に行ってきました!
小浜市中心部から車でおよそ10分の小浜湾に面した地区です。
漁業が盛んな地域で、海沿いに住宅が広がっています。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■連続テレビ小説「ちりとてちん」のロケ地!『西津浜清掃』
地区では、3年前から、まちづくり委員会が中心となって、「西津浜」と呼ばれている小松原海岸の清掃に力を入れています。年に2回行っていて、毎回およそ100人の地区の人たちが集まります。清掃のあとには、集めた流木などを燃やして焼き芋をするというお楽しみも!地区の人たちが協力して、砂浜で地区の行事をたくさんできるようにしたいと考えています。

20190328o1_2.jpg

■地区内の一大祭り『西津七年祭り』
西津地区にある宗像神社の例祭。江戸時代からおよそ300年以上続く伝統行事でみ年とい年に行われます。神社の氏子たちが伝統の出し物を披露するため、ことしの5月3日から5日の本番に向けて、平日、毎日練習をしています。

20190328o3_4.jpg

☆イチオシ☆
■地区の仲間を思いやる気持ちからできた『西津やうちのシルバーカフェ』
西津公民館を入って奥に行くとあるのが「西津やうちのシルバーカフェ」。
地区内のお年寄りが集い交流が図れる場として2年前にオープンしました。

20190328o5_6.jpg

3年前、地元の小学生が地域を盛り上げたいと、カフェを作ることを提案。
お年寄りたちも集まれる場所を求めていたことから「西津やうちのシルバーカフェ」が誕生しました。
毎週一回水曜日にオープンしていて地区内外から平均30人前後の方が訪れます。
自分の得意なことを生かす場所にもなっているんです!

20190328o7_8.jpg

「西津やうちのシルバーカフェ」は、お年寄りだけではなく、子育てを頑張るお母さんや赤ちゃんの憩いの場でもあります。また、カフェを運営する「いぶし銀の会」を中心に、小学生に地区の歴史やむかしあそびを教えるなど世代間交流の場にもなっているんです!
様々な催しを企画して地区の人たちの交流を深めています。

20190328o9_10.jpg20190328o_11.jpg

地区のみなさんの相手を思いやる気持ちでできたカフェで子どもか
らお年寄りまでが繋がりを深めていました。

20190328o_12.jpg

■お問い合わせ
西津公民館
住所:福井県小浜市北塩屋22-2
電話:0770(53)0154

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:35

2019年03月14日 (木)おおい町大島地区でみつけ隊!【太田 実穂】

3月14日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
おおい町の大島(おおしま)地区に行ってきました!

若狭湾に突き出た大島半島の先端部に広がる地区で、夏は、海水浴や釣りなど海を楽しむ人でにぎわいます。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■大島地区内の先祖をまつるとされる聖地『ニソの杜(もり)』
毎年11月の祭りの日に家ごと、または複数の家が持ち回りで参拝します。この聖地には、祭りの日以外に近づいてはならない、一人でお参りしてはならないなどと定められていて、大島独特の風習として伝えられています。社会の変化にともない、祭りを行っているところが減少していて国の選択無形民俗文化財に登録されています。

20190314o0102.jpg【写真提供】おおい町立郷土史料館

 

■夢を育む大島の新たな拠点『志摩豊夢(しまほーむ)』
1次産業に興味のある人が、おおい町で農業や林業、漁業などを体験する際の拠点施設です。もともと大島公民館だった建物を改修して去年12月に開設。宿泊することもでき、すでに県内外の大学生や20代の若者たち80人ほどが利用しました。今後は、地区の人たちとの交流の場なども作っていく予定です。

20190314o0304.jpg

☆イチオシ☆
■大島といったら『漁のまち』
魚のエサとなるプランクトンが豊富で回遊している魚が多い大島の海。
今回は、定置網漁の操業準備、ナマコ漁の現場にお邪魔しました!

★定置網漁
定置網漁は、3月に仕込みをして4月ごろから本格的な操業に入ります。
春はサゴシやサワラ、夏には、スズキやアジ、秋にはアオリイカやカジキが水揚げされます。
撮影の時は、定置網漁の仕掛けの掃除や補強を行っていました。

20190314o0506.jpg

 ★ナマコ漁
みつけ隊の撮影で伺った時は、ナマコ漁が行われていました。
漁師さんにお願いして、私も大きなナマコを触らせてもらいました!

 

20190314o0708_1.jpg

大島でとれた海の幸は、
地区外の「道の駅うみんぴあ大飯」でいただくことができます!

大島漁協が経営する鮮魚店があり、その日に揚がった新鮮な海の幸が並びます。
今回、私は、新鮮なハタハタをいただきました!

20190314o0910.jpgきれいで穏やかな海と漁師さんたちのさわやかな笑顔が輝いていました★

20190314o11_1.jpg

■お問い合わせ
大島公民館
住所:福井県大飯郡おおい町大島90-27
電話:0770(77)3011

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:35

2019年03月07日 (木)福井市一乗地区でみつけ隊! 【今村 有希】

3月7日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市の一乗地区に行ってきました♪

福井市の南東部、周囲を山に囲まれた一乗地区。戦国時代の武将・朝倉氏の城下町跡が残る、自然と歴史が息づくまちです。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■冬の一乗谷で温かいおもてなし
一乗谷をもっと知ってもらおうと、復原町並で“温かいおもてなし”をテーマに、ぜんざいやかきもちなどを振る舞うイベントです。かきもちは、武家屋敷のいろりやしちりんで焼いて、当時の生活を体験することができます。夜には復原町並がライトアップされ、心温まる空間が広がります。様々な“温かいおもてなし”で地元の方や観光客に一乗谷の魅力をPRしています。

20190307i_0102.jpg

■一乗谷雪んこ会
9年前に地域を盛り上げるために作られた地元の人たちでお餅を作るグループです。使うのは地元産の餅米。現在11人が毎年、とぼもちやかきもちなどのお餅作りを行っています。地区のお祭りや行事などで販売し、地元の人にも親しまれています。

20190307i_0304.jpg

放送では、その他にも小学生の音楽クラブの様子などもご紹介しました。
子どもから大人までみんなが、朝倉氏遺跡を大切に思う気持ちで溢れている地区でした。
一乗地区の皆さん、ありがとうございました♪

20190307i05.jpg私の演技力はいかがでしたか…?笑

20190307i06.jpg

 

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:50

2019年02月28日 (木)福井市・明新地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

2月28日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の明新(めいしん)地区に行ってきました♪

地区の北側に九頭竜川が流れる、明新地区。
福井市の中心部からほど近く、住宅地が広がります。福井市の中でも人口が多い地区です。

20190228h01.jpg

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■ママたちの交流の場「ポシェット」 
子どもを持つ母親たちのグループです。母親の心のゆとりや、地域の人との交流を図ることを目的に、月に1回程度、ママ達自らが企画して講座を開いています。内容は絵本ライブや、めい想ヨガ、教育費を考える講座、ファッション診断など、様々。参加者からは、「ポシェットを通じて友達ができた」とか、「ママ同士で情報交換もできる良い交流の場」といった声が聞かれます。

20190228h0203.jpg


■高齢者学級「明新大学」 
高齢者の生きがいづくりや、仲間づくりを目的とした講座です。60歳以上の160人近くが参加しています。大学というだけあって、様々な分野の教室が開かれます。芸術や、教養、歴史、健康、防災、交通安全などがあり、みんなで楽しみながら、有意義な時間を過ごしています。

20190228h0405.jpg

イチオシ
■武将・新田義貞との関わり  
地区内の「新田塚」という地名。実は、南北朝時代の武将・新田義貞(にった・よしさだ)に由来しているんです。

20190228h6.jpg(新田義貞!一乗谷の朝倉氏遺跡保存協会から甲冑(かっちゅう)をお借りしました)

足利尊氏と対立して敗れた義貞は越前に逃れ、藤島の戦いで命を落としました。
それから300年以上経った江戸時代。田を耕していた百姓の嘉兵衛(かへい)が器のようなものを掘り起こし農具として使っていました。(※諸説あります。)

20190228h7.jpgある時、その器が福井藩の軍学者・井原番右衛門(いはら・ばんえもん)の目に止まり調べたところ、戦死した新田義貞の兜(かぶと)と鑑定されます。

20190228h8.jpg掘り起こされた地に石碑ができ、以降この地は「新田塚」と呼ばれるようになったと伝わっています。
今ではお堂が建てられ、地元では「新田神社」と呼ばれ大切に守られています。

20190228h9.jpg毎年、春の祭礼やどんど焼きを行うなど、地域の交流の場にもなっています。

20190228h10.jpg

賑やかな町並みの中に、いにしえの歴史を垣間見ることができました。
明新地区の魅力、たくさん掘り出せたかな。

20190228h11.jpg

 

■明新地区への問い合わせ■
明新公民館
住所:福井市灯明寺町35-1-1
電話:0776(22)7880

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:30

2019年02月21日 (木)あわら市本荘地区でみつけ隊! 【今村 有希】

2月21日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
あわら市本荘地区に行ってきました♪

本荘地区はあわら市の南西に位置する自然豊かな地区です。渡り鳥の越冬地で、この時期3000羽ほどの群れが見られることもあります。また、えちぜん鉄道本荘駅は国の登録有形文化財にも指定されていて、昭和3年の建築当時の姿がそのまま残されています。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■新春豆まき祭
公民館の大ホールで行われる毎年恒例の行事です。ことしは今月2日に行われました。龍雲寺の住職によるご祈とうや、豆まきのほか、地区の人による出し物の披露、子どものための交通安全講座なども行いました。子どもから高齢者までが集まり交流を深める大切な機会です。

20190221i_0102.jpg

■3枚のうろこ伝説
600年ほど前、本荘地区に館を構えて栄えていた堀江一族の石碑が、龍雲寺の境内に残っています。一族の家紋「3枚のうろこ」には、不思議な伝説が残されています。堀江公が愛した美しい女性の正体が蛇であったというお話です。長く受け継がれてきた伝説を子どもたちにも伝えていきたいという思いから、前の公民館長が紙芝居を制作しました。

20190221i_0304.jpg

☆イチオシ☆
■英語キャンプ
外国人ボランティアによる英語教室です。公民館で定期的に開かれています。講師の国籍は毎回さまざまで、今回はナイジェリアとオーストリア出身の2人でした。

20190221i_05.jpgこのキャンプを主催している藤田侑平さんは、4年前から教育・福祉など、まちづくりを目的としたボランティア団体で活動しています。

20190221i_06.jpg藤田さんは、日本に興味を持っている外国人を短期的に受け入れる体制を作りました。外国人が快適に暮らせるよう、亡くなった祖父母の大切な家に滞在してもらっています。

20190221i_07.jpg

英語教室だけはなく、地区のそば打ち会や芋掘りなどのイベントを通して、住民との交流を深めてきました。
藤田さんの国際交流への熱意は、本荘地区ゆかりの人物から来ているといいます。

20190221i_08.jpg

藤野厳九郎は、明治時代に医師・教育者として活躍し、中国文学を代表する魯迅から、生涯恩師として慕われていました。外国人と交流を持ち異文化を理解することは“人として当然”だという考えを持った人物です。

藤野厳九郎が本荘地区に残したもの、それは国境を越えた人々のつながりでした。

20190221i_09.jpg本荘地区の皆さん、素敵な時間をありがとうございました♪

20190221i_10.jpg

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:30

2019年02月14日 (木)池田町土合皿尾地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

2月14日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、池田町土合皿尾(どあいさらお)地区に行ってきました!
自然豊かで四季折々の風景や食を楽しむことができる静かな山あいの地区ですよ。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■地区に伝わる大きな岩『神酒岩(みきいわ)』
一説によると、その昔、集落で水路を作ろうとしたところ、大きな岩の壁が立ちはだかったため神様に祈りました。すると、岩は一晩にして割れ、無事水路ができあがり、その日に合わせてこの岩にお神酒を供え感謝したそうです。

20190214o01.jpg

■土合にある『西徳寺(さいとくじ)』
地区の高台にあるお寺です。
秋には、たった一本のモミジが見事に紅葉し、その落ち葉で作った紅葉ロードが素晴らしいです。また、鐘つき堂の屋根も変わった形をしています。冬の時期、屋根に雪が積もると、屋根の瓦が傷んでしまうためそれを防ぐために三角の囲いをつけて雪が自然に落ちていくように工夫しているそうです。

20190214o0203.jpg

 ☆イチオシ☆
■地区のシンボル『ふるさとふれあい道場』
ふるさとふれあい道場は、そば打ち体験やおいしいそばを楽しむことができます。

 

20190214o0405.jpg

今回はこの時期ならではの楽しみ方を2つ教えてもらいました!
一つ目は、つる草を編んだつり橋『かずら橋』。
全長44メートル、足羽川渓谷から12メートルの高さです。
冬の時期は閉鎖されていますが、ことしの冬からふるさとふれあい道場の許可を得ればすげがさとかんじきを借りて渡ることができるようになりました!
≪ただ積雪が多い時など危険な時は閉鎖されるそうです≫

20190214o0607.jpg

二つ目は、池田町産自家栽培のそばを作るプロジェクト。
池田町はそばの名産地!
去年6月から、池田町民を中心としたグループが農園を整備して池田町産自家栽培のそばを作るプロジェクトがスタートしました!
去年11月には、初収穫!ことし1月から道場で味わうことができるんです。

20190214o0811.jpgみんなで幸せや喜びを分かち合っている地区でした。

20190214o12.jpg

■お問い合わせ
ふるさとふれあい道場
福井県今立郡池田町土合皿尾14-7-1
0778-44―6878

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:32

2019年02月07日 (木)福井市河合地区でみつけ隊!【今村 有希】

2月7日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の河合地区に行ってきました♪

福井市の北部、九頭竜川に沿って広大な農地が続く河合地区。遮るものがない田畑が広がり、たこあげ大会が有名なまちです。

 

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■鷲塚針原駅(わしづかはりばらえき)
鷲塚針原駅は、昭和3年に建てられた歴史ある駅です。駅舎は、国の登録有形文化財に指定されました。昭和30年代は、この駅前が河合地区のお米が集まる、米の集荷場でした。この駅からお米が福井県内各地へ出荷され、当時の人々の暮らしを支えていました。今も、その歴史を伝えようと、駅前でイベントが催され、地元のお米で作られたおにぎりや特産物を販売しています。

20190207i0102.jpg

 

■ワクドキ教室
ワクドキ教室は、大人も子どもも“ワクワク・ドキドキ”を体験できるようにと、公民館が年に20回ほど開いている教室です。おばけ屋敷や木工教室、男の料理教室など種類は様々。以前実施したおばや屋敷は、地元の子どもたちが企画し、チラシを作ったり、どう大人を脅かすかを考えたり、子どもたち主体で進められました。地域の皆さんが“ワクワク・ドキドキ”しながら交流を深めています。

20190207i0304.jpg

 

☆イチオシ☆
■きれいな音色が響く場所!?
こちらは、「コカリナ」という楽器。ハンガリーの民族楽器で、木のオカリナとも呼ばれている木製の笛です。

20190207i0506.jpg

今回は公民館で開いているコカリナ教室にお邪魔しました。初めて音色を聞いた時以来、すっかり魅了されたという皆さん。月に4回集まり、練習に励んでいます。

皆さんに教わりながら、私も練習を開始!最初は指の押さえ方を覚えるのが大変でしたが、簡単に音が出せるので、誰でも楽しめる楽器です!最後には合奏にも参加でき、楽しかったです♪

20190207i07.jpg音楽活動が盛んな河合公民館では、住民が出演するコンサートが毎年7回程度開かれます。コカリナ教室のメンバーも出演して盛り上げているんですよ~。

20190207i08.jpg練習が終わると、皆さんお茶とお菓子でおしゃべりタイム♪音楽だけではなく、音楽を通してできた仲間と過ごすのも大切な時間だそうです。

20190207i09.jpgたこあげが有名な町ということで、河合保育園ライオンぐみのみんなと一緒にたこあげをしましたよ~♪

20190207i10.jpg

実は私、子どもの頃にたこあげをした経験がなく…あがった時には、うれしくて思わず子どもたちとハイタッチをしてしまいました。笑
風に舞う連だこは、とてもきれいですね♪

音楽で心を通わせている河合地区。温かいメロディーがあふれていました。
今回出会えた地区の皆さん、楽しい時間をありがとうございました♪

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:35

ページの一番上へ▲