2022年3月12日

2022年03月12日 (土)ジャクリン・ランディさん(カナダ)

ジャクリン・ランディさん

カナダ人 ハンター 

Randy Jaklin

Canadian and hunter

 wmrandy1.jpg

 

【経歴】

・大学で学んだ日本の文化に憧(あこが)れ25歳のときに来日。

・平成17年に妻の恵美さんと結婚。

・現在16歳と10歳の娘と12歳の息子1人の5人家族。

・永平寺町に暮らし始めて10年。

・現在、ベビー用品の輸入代理店(ゆにゅうだいりてん)の社長

【Personal history】

-       Came to Japan at age 25 longing for Japanese culture he learned in university

-       Got married to Emi in 2005

-       There are five people in his family. He has two daughters aged 16 and 10 and one son aged 12.

-       Ten years have passed since living in Eiheiji-cho

-       Currently president of a baby goods import agency

 

【カナダの大自然(だいしぜん)で育ったジャクリンさん】

カナダの大自然の中で育ったジャクリンさんは、12歳から祖父(そふ)の教えで狩猟(しゅりょう)を始めました。

狩猟ではキジなどを捕獲(ほかく)していました。狩猟をする上で、祖父から教わったことは、「狩猟したものは必ず食べなさい」ということでした。生き物の命の大切さを教わったといいます。

 

Jaklin grew up in Canada’s beautiful nature

Jaklin who grew up in Canada’s beautiful nature started learning hunting from his grandfather when he was 12 years old. When he went on a hunt, he caught pheasants and other animals. His grandfather told him to eat what he hunted. It was his grandfather’s way of teaching the importance of life. 

 

【近所の農家を助けたい・永平寺町で有害(ゆうがい)鳥獣捕獲隊に】

当初、福井市で暮らしていたということですが、妻の恵美さんの地元、永平寺町に移り住みました。

海外に比べて、日本はベビー用品が少ないと感じたジャクリンさんは、輸入代理店を始めました。

永平寺町で会社を経営していましたが、最初は地域に溶け込めず、「寂(さび)しいな」と感じる毎日だったといいます。しかし、近所の農家が突然(とつぜん)会社を訪れ、農作物をお裾分(すそわ)けしてくれたりと、段々(だんだん)と地域になじむようになっていったといいます。そんなある日、近所の農家から「農作物がシカに荒らされている」という相談を受けました。ふだんお世話になっている近所の農家を助けたいと、ジャクリンさんは、カナダでの経験を生かして、狩猟の免許(めんきょ)を取得(しゅとく)。地域を困らせるシカやイノシシなどを捕獲する町の有害鳥獣捕獲隊に任命されました。

 

To help farmers in the neighborhood, he became a member of the harmful birds and mammals capture team in Eiheiji-cho

Jaklin moved from Fukui City to Eiheiji-cho, his wife Emi’s hometown. Thinking that Japan has fewer baby goods compared to other countries, he started running an import agency in Eiheiji-cho. At first, he was unable to blend into the community and felt lonely every day, but one day a farmer in the neighborhood came to the office without notice and gave farm produce. And he gradually began to blend into the community. The farmer told him that deer damages the crops. He wanted to help him who was kind to him. Taking advantage of his experience in Canada, he obtained a hunting license. And he was appointed as a member of the town’s harmful birds and mammals capture team that captures deer, wild boar and other animals that are harmful to the community.

 wmrandy2.jpg

【捕獲した生き物をジビエに】

有害鳥獣捕獲隊の活動を始めたジャクリンさんですが、捕獲した生き物を山に埋設(まいせつ)することに違和感(いわかん)を覚えたといいます。カナダで教わった祖父の教えで、捕獲した生き物は必ず食べなさいと教わったジャクリンさんは、この埋設している生き物をなんとか有効活用(ゆうこうかつよう)したいと考えました。そこで考えたのが、捕獲した動物を「ジビエ」として出荷(しゅっか)することです。2年前の10月、会社の近くに食肉加工施設(しょくにくかこうしせつ)を新たに建設。シカ肉の活用し、ペット用の餌(えさ)を開発(かいはつ)。地元(じもと)の道の駅などで販売(はんばい)を始めました。さらに最近では、飲食店への出荷のスタート。勝山市にある飲食店の店長は、「ジャクリンさんのシカ肉は血抜(ちぬ)きがしっかりしてあって臭(くさ)みがない。ジャクリンさんの愛情(あいじょう)が込められている」と話していました。お客さんにも好評(こうひょう)で連日(れんじつ)売り切れだということで、入荷(にゅうか)が待ち遠しいとのことです。

Making use of animals captured as wild game meat  

Jaklin began activities as a member of the harmful birds and mammals capture team. He felt uncomfortable to bury in the mountains the animals captured, because his grandfather taught him to eat the animals captured. He wanted to make use of the animals and came up with the idea of providing wild game meat. In October two years ago, he built a new meat processing facility near his office, developed venison pet food, and began offering it at local roadside stations. Recently he started providing it to restaurants. The manager of a restaurant in Katsuyama City said, “Jaclyn’s venison is not gamey because blood is removed thoroughly. His love is put into his meat. Restaurant customers like the meat and it is all consumed every day. The manager says that he looks forward to the arrival of the next meat.

 

【技術継承(ぎじゅつけいしょう)へ】

さらに最近は、町から狩猟の技術継承して欲しいとお願いを受けました。年々、狩猟をする人の高齢化(こうれいか)が進み、後継者(こうけいしゃ)不足が課題(かだい)となっていたのです。町のためになるならと引き受けたジャクリンさん。まずは、隣の家に住む男性に狩猟の方法について教えることにしました。狩猟の免許を持っているものの、一度も獲物を捕獲したことがない南保(なんぽ)さん。ジャクリンさんは、シカの足跡の見つけ方や、シカの歩くルートを予測してわなをかけることなど、1つ1つ丁寧(ていねい)に教えていました。取材から1週間後、男性に連絡をしてみると、初めてシカを捕獲したと喜びの報告(ほうこく)がありました。男性は70代の高齢ですが、今後も、ジャクリンさんに教わった狩猟のやり方で、シカやイノシシなどの鳥獣を捕獲していきたいと話してくれました。

 

Passing on the skills

Recently Jacklin was asked by the town to pass on his hunting skills. Aging of hunters progresses year after year, and a lack of successors has become a problem. He took on the job for the town. First, he decided to teach the next-door neighbor Nampo how to hunt. Although Nampo had a hunting license, he had never captured an animal. Jaclyn was teaching him skills one by one, such as how to find deer tracks and how to set a trap by predicting the walking route of deer when we went to meet him for an interview. When we called Nampo one week later, he said joyfully that he caught deer for the first time in his life and that, although he is in his 70s, he will continue to capture animals such as deer and wild boar in the way learned from Jaclyn.   

 

投稿者:ハロー!ネイバーズ | 投稿時間:18:30

ページの一番上へ▲