2021年7月21日

2021年07月21日 (水)福井市・鷹巣地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

7月19日(月)の「ほやほやみつけ隊」は、福井市の鷹巣(たかす)地区をご紹介しました。

20210721_01.jpg

越前海岸沿いの地域。

広さと透明度を誇る「鷹巣海水浴場」があり、砂浜にはくつろげる浜茶屋が並びます。

20210721_02.JPG20210721_03.jpg


今回の一福丸からの指令は、

指令 伝説を探す旅へ!遊歩道を進め

 

地区内の海岸沿いを中心に、およそ14キロにわたって続く遊歩道。

越前海岸特有の荒々しい岩場の景観や、港町の風情が味わえる漁港などを通ります。

20210721_04.jpg

その遊歩道を進むと、伝説の残るスポットが!

1つ目は、亀島(がめじま)

20210721_05.jpg

その昔、千手観音像を乗せてきた亀が島になったと伝わっています。

その観音像は、今は、岸から少し離れた高台の「糸崎寺(いとさきじ)」にご本尊として安置されています。

20210721_06.jpg

糸崎寺からも亀島を臨むことができました。

亀が寺の見える位置まで移動して、海からずっと観音像を見守っているんだと、地元の方はおっしゃっていました。

 

伝説の残る場所、2つ目は水分(すいぶん)神社です

境内にある“湧き水”が伝説に関係していました。

20210721_07.jpg

1度枯れてしまった時に、「相撲」を奉納すると再び水が湧いたと伝わります。

今も、境内の土俵で毎年相撲の奉納が行われ、水が枯れないように祈願しているそうです。

20210721_08.jpg

3つ目の伝説の場所は、鉾島(ほこじま)

20210721_09.jpg

柱のように細長くそびえ立つ岩が、鉾(ほこ)を立てたように並んでいることから名付けられた島。

頂上には“ほこら”があり、不動明王がまつってありました。

20210721_10.jpg20210721_11.jpg


昔、地元の若い漁師が海から引きあげたそうで、安置すると、嵐から免れたり大漁になったと伝わっています。今も毎日拝む人がいるなど、地域に親しまれるほこらです。

20210721_12.jpg

自然が作り出した景観を大切にする鷹巣地区。

海と共に人々の暮らしがありました。

20210721_13.jpg

 

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:16:42

ページの一番上へ▲