2020年3月12日

2020年03月12日 (木)福井市・社西(やしろにし)地区でみつけ隊!【今村 有希】

 3月12日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市の社西(やしろにし)地区に行ってきました♪

福井市の中心部にあり、日野川と狐川に挟まれた自然豊かな社西地区。

一方で住宅が立ち並び、病院などの公共施設も多い市街地の側面もあります。

 今回紹介した内容はこちら↓↓↓

 

☆地区の自慢☆

■新社殿!稲荷神社

稲荷神社は855年に建立され、この辺りで大切に守られてきました。

1910年の土地区画整理の際に他の2つの神社とまとめられてこの地に移され、

現在は稲荷神社・白山神社・越知神社の3社の神様を祭っています。

10.jpgとてもきれいなこの神社、実は4か月前に建て替えられたばかり!

「令和元年」と書かれた記念碑も建てられていましたよ~。

 

■豊富な教育事業

社西公民館では、さまざまな教育事業に取り組んでいます。子どもから高齢者まで、

それぞれの年代向けの事業を用意しているほか、郷土や健康について学べる講座などもあります。

地域の皆さんの交流を深める大切な機会にもなっています。

20.jpg

 

 ☆イチオシ☆

■ホタルが飛び交うまちづくり

社西小学校の敷地内にあるビオトープです。ホタルの生態を研究するため、

井戸の水を引き込み18年前に作られました。

30.jpg

このビオトープづくりにも携わった福井県ホタルの会の

山下征夫(やました・ゆきお)さんに案内していただきました。

 


40.jpg

山下さんは、ホタルが飛び交っていた昔の風景を取り戻そうと活動しています。

50.jpg

先週、別の場所にある水槽で飼育したホタルの幼虫を、このビオトープに放流。

きれいな水や土など、ホタルの生育条件が整ったこの場所で、

成虫となる6月上旬に向けて大きくなっていくんです。

 

さらに、ホタルの生息に向けて、最近新しく作られた場所もあります。

 

山下さんに案内された場所は、地区を流れる狐川(きつねがわ)。

本流のすぐ横に、長さ50メートルほどのせせらぎが作られたんです。

60.jpg

鳥に食べられないよう岩を入れて隠れ場所を作るなど、

ホタルの住みやすさを考えた工夫もたくさんありました。

 

去年、この場所で放流したホタルは、その7割が成虫に!

70.jpg幻想的な写真ですよね。

ビオトープと合わせて、地区にはホタルが飛び交ったそうです。その数、およそ160匹。

美しい風景を取り戻し、守っていくために、一歩一歩前進している地区でした。

 

取材にご協力いただいた社西地区の皆さん、ありがとうございました!

 

 

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:45

ページの一番上へ▲