2017年4月14日

2017年04月14日 (金)大野市大野地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

平成29年4月13日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
大野市の中心部、大野(おおの)地区に行ってきました♪
「越前大野城」や、朝市で知られる「七間通り」など、観光スポットが多く集まる地域です。

放送で紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■リニューアル!越前大野城 
大野のシンボルである「越前大野城」。博物館となっている城の内部が、先月(3月)18日にリニューアルオープンしました。これまでコンクリートが見えていた柱を木目調に変えて城らしい趣きを出し、展示スペースも、フロアごとにテーマを設けるなど見やすくなりました。

20170414h1.jpg20170414h2.jpg


■篠座神社の里神楽 
1300年の歴史を誇る篠座(しのくら)神社で、毎年4月に奉納されています。五穀豊穣を願い、獅子や天狗、春日大明神に扮した役者がユーモラスに舞い踊ります。
住民有志で作る『篠座神社獅子舞保存会』が行っているもので、会の中には、20代の青年や中学生の姿もあります。若い力も借りて、地区の貴重な伝統芸能を継承しています。


20170414h3.jpg


☆イチオシ☆
■大野の誇り「水」 
「名水のまち」とうたわれる大野市。
大野地区内にも、名水百選に選ばれている「御清水(おしょうず)」や、イトヨが生息する「本願清水」、かつてお城の外堀だった場所にある「新堀清水(しんぼりしょうず)」など、10ヶ所近くに湧き水スポットが整備されています。

20170414h4.jpg20170414h5.jpg

そんな大野で、『Carrying Water Project(キャリングウォータープロジェクト)』というものが行われています。
水に恵まれた大野から、水に恵まれない東南アジアの東ティモールを支援するもので、水にゆかりのある醤油屋さんや酒屋さんをはじめ、公共施設など、大野市内約220ヶ所に募金箱を設置しています。
この支援活動を通して、市民にも改めて大野の水の素晴らしさを感じてもらおうというものです。

20170414h6.jpg

このプロジェクトをきっかけに、自主的にグループを立ち上げた人たちもいます。
「CROP(クロップ)」という名の、男性3人組。

20170414h7.jpg東ティモールからコーヒー豆を取り寄せ、その豆でドリップパックを作って販売。
売上の一部を『Carrying Water Project』に寄付しています。
また、“大野の水を使って、東ティモールのコーヒーを飲んでもらおう!”と、大野市内のイベントに参加したり、自分たちでもイベントを開いたりと、東ティモールのコーヒーを通して大野の水に目を向けてもらおうと活動しています。

20170414h8.jpg20170414h9.jpg

「名水のまち」の新たな活力にふれ、心が潤いました♪
お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。

20170414h10.jpg

■大野地区への問い合わせ■
大野公民館
住所:大野市城町9-1
電話:0779(66)2828

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:13:55

ページの一番上へ▲