2016年11月24日

2016年11月24日 (木)福井市清水北地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

平成28年11月24日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市清水北(しみずきた)地区に行ってきました♪
福井市の中心部から南西へ10キロほどの所、日野川沿いに広がる清水北地区。
田んぼが広がる旧集落と、山を切り開いて作られた住宅街からなります。


20161124h1.jpg


放送で紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■昔ながらの稲作体験 
清水北小学校5年生の児童が、昔ながらの農法で米作りに挑戦しました。田植えでは、型枠で筋をつけた田んぼに裸足で入り、また稲刈りでは、鎌でひと株ひと株刈り取りました。刈り取った稲はその場で「はさがけ」にしたり、昭和の中頃まで使われていた農機具「せんばこき」を使って脱穀作業も体験したりしました。米作りの大変さや、食べ物の尊さを学んでほしいと、地元の農業団体の協力を得て、今年から始めた取り組みです。

20161124h2.jpg

20161124h3.jpg

 

■フラワーロード 
公民館や小学校、駐在所などが並ぶ地区のメイン通りに、地元の中学生たちが、季節の花を植えています。景観作りに合わせ、子どもたちにも地域に愛着と誇りを持ってもらおうと、今年から活動を開始しました。若い人たちが活動していることで、大人たちも関心を持ち、地区みんなで協力しながら作業にあたっています。花をきっかけに、世代を超えたコミュニケーションが生まれ、地域の一体感も増しています。

20161124h4.jpg

20161124h5.jpg


☆地区のおすすめスポット☆
■里山トレッキングコース 
公民館のすぐ後ろにある、標高110メートルほどの山にある、全長2キロの「里山トレッキングコース」。住宅地のすぐそばに里山があることを活用し、住民が身近に自然を感じられる憩いの場を作りたいと、「里山の会」が4年前に整備しました。
春にはカタクリやササユリが咲き、秋には紅葉やどんぐり拾いなどが楽しめます。
子どもたちが自然の中で思い切り遊べるように整備された広場もあります。

20161124h6.jpg

20161124h7.jpg

身近にある里山が、地域の“元気”を生み出している、そんな地区でした。

20161124h8.jpg

 

■清水北地区への問い合わせ■
清水北公民館
住所:福井市グリーンハイツ5-131
電話:0776(98)5477

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:17:52

2016年11月24日 (木)お・も・て・な・し♪ 【別司 愛実】

今月6日(日)、ラジオ第1の
おもてなしラジオ~冬目前! ほっこり北陸再発見~」の公開生放送がありました。
場所は、福井駅前の「ハピリン」の屋根付き広場「ハピテラス」から。
ゲストは、タレントのボビー・オロゴンさんと、日本総合研究所の小林味愛さん。
NHK名古屋放送局の永井伸一アナウンサーと、別司が司会を担当しました。

20161124b1.jpg(左から別司、永井アナウンサー、ボビーさん、小林さん)

今年、日本を訪れた外国人旅行者が2000万人を超えました。
しかし、東海北陸の地域の中には、なかなか外国人に来てもらえず、どう魅力を発信していくか頭を悩ませている地域もあるようです。
そこで、今回番組では、地方の観光資源を掘り起こし、外国人が感じる、東海・北陸ならではの魅力について考えました。

番組冒頭は、同じくハピテラスで開かれていた「ベジ・フル・スウィーツフェスタ」をボビーさんと紹介!

20161124b2.jpg(「おもてなしラジオ」スタート5分前に撮影。張り切ってます♪)

ボビーさんは旬の柿を使ったケーキを食べて、そのおいしさをリポートしていました。

そして、福井の「おもてなし」としては、
若狭町で民宿を経営している、竹越聡(たけごし・さとし)さんの取り組みをご紹介しました。

竹越さんの民宿では、外国人の方を〝お客様〟として受け入れるだけではなく、ワーキングホリデーで日本を訪れている台湾人男性を、民宿の〝働き手〟として受け入れ、「日本のおもてなしの心」を伝える、先進的な取り組みをしてきました。

最初は、言葉や文化が違うことから、外国人を働き手として受け入れることに、不安もあったそうです。しかし、実際に受け入れてみると、台湾人男性に近所の人も積極的にあいさつするようになるなど、外国人の方を町全体として受け入れる雰囲気に変わってきているのではないかと感じました。

20161124b3.jpg(写真中央が竹越さん)

 

そして、ハピリンから福井駅前の恐竜広場に移動し、中継も行いました。
ボビーさんと一緒に、3体の恐竜モニュメントについてリポート。

20161124b4.jpg(恐竜ポーズで「がおーっつ!」)

 

恐竜のモニュメントは、去年3月の北陸新幹線の金沢開業にともなって、観光客を、この恐竜で「おもてなし」しようと設置されたもの。
恐竜が生きていた、およそ1億2000万年前にタイムスリップできる福井駅前をアピールしました!

寒い中、公開生放送を会場まで見に来てくださったみなさま、
そして、ラジオを聴いてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:12:46

ページの一番上へ▲