2021年03月30日 (火)南越前町・甲楽城(かぶらき)地区でみつけ隊!【羽生ちひろ】

3月29日(月)の「ほやほやみつけ隊」は、

南越前町の甲楽城(かぶらき)地区をご紹介しました。

旧河野村の一部、日本海に面した漁業の盛んな地域です。

20210329-1.jpg20210329-2.jpg

漁のメインは定置網。

マダイやトラフグ、ハマチなど、季節ごとに様々な魚が水揚げされています。

20210329-3.jpg撮影に伺った日は、冬の間休んでいた漁の再開を直前に控え、

漁師さんたちが網の手入れ作業中でした。

破れたり傷んだりした箇所を11つ手作業で丁寧に繕っていきます。

漁の前にこんな地道な作業があったんですね。

20210329-4.jpgさて、そんな漁師町での今回の指令はこちら。

指令 “ねこ踊り”を習得せよ!  

 

“ねこ踊り”とは一体!?

甲楽城公民館を訪ねると、地区の女性たちが踊っていました。

20210329-5.jpg

“ねこ踊り”の正式名称は『甲楽城来いとさ(こいとさ)』。

なぜ“ねこ踊り”と呼ばれているかというと、

猫が顔をなでるしぐさをまねした踊りだからだそうです。

20210329-6.jpg

ただ歌の内容は猫は関係していません。

「来いとさ」とは「おいで」という意味で、

海に出ている漁師のことをうたっているんです。

みなさんおそろいの、このはっぴにはちまき姿も、漁師の男たちを表しています。

威勢のいいお囃子が特徴的で、「裸で来い、ふんどし邪魔ならかぶって来い」など、漁師たちの普段の会話のようなものが織り込まれています。

この「甲楽城来いとさ」は江戸時代から伝わるとされる郷土芸能で、

元々は地区の青年団の若い男衆たちが踊るものでした。

20210329-7.jpg

それが後継者不足で途絶える寸前に。漁師町ならではの伝統の踊りを絶やすまいと、地区の女性たちが「甲楽城来いとさ保存会」を立ち上げて継承しています。

20210329-8.jpg

威勢のいい歌にのせて、猫のしぐさで踊る『甲楽城来いとさ』。

とても楽しい踊りでした!

20210329-9.jpg

 

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:09:49

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲