2016年07月04日 (月)癒やしのブナ林 【羽生 ちひろ】

わが故郷・大野市に、心安らぐ森があります。
平家平(へいけだいら)」。
大野市の南部、真名川上流域にある、
標高600~1200メートルの森林地帯です。

長い年月をかけて形成された、約40ヘクタールのブナ林が広がります。

20160704_h_1.jpg

私が訪れたのは、先月中旬。
新緑の葉が、日を受けてまぶしく輝いていました。

20160704_h_2.jpg

ブナの幹は、雪の重みで様々な形に変形しています。
ぐねっと曲がりながらも、天に向かって伸びていくブナ。
水分を多く含むブナだからこそ、豪雪にも耐えられるんだそうです。
1本1本形の違う、それぞれの個性があるブナの幹が、
自然の力強さを感じさせてくれます。

20160704_h_3.jpg20160704_h_4.jpg

ブナ林の足元には、じゅうたんの様にオウレン畑が広がっています。
緑いっぱいの「平家平」。
心を癒やしてくれる場所でした。

20160704_h_5.jpg

この、初夏の「平家平」の様子を、ニュースザウルスふくいの中で紹介します!
7月4日(月)の放送予定です。
ぜひご覧ください♪

 そして、実は今回は、ハイビジョンより高画質な4Kカメラで撮影したんです!

NHK福井放送局のロビーに来て頂けると、この4Kで撮影した美しい映像を、
4K対応のテレビで見ることが出来ます。
7月5日(火)~15日(金)の、平日午前9時半~午後6時までです。
ぜひぜひ、見に来てください♪

20160704_h_6.jpg

 

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:10:23

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲