城 十二天守への旅(日本の城シリーズ PartI)

2011年4月1日 放送

戦乱の世を生き抜いた城。そびえたつ天守。建てられた当時の姿を留める城の数は、全国で12に過ぎない。その城は、なぜ建ち続けてきたのか。
冬から春へ。北から南へ。現存する12天守をめぐる旅。それは、城がいかにして今日まで建ち続けてきたかを知る旅となる。
長野県・松本城は、城を守り続ける神様と、その神様を守り続けた藩士の末裔を紹介。
愛知県・犬山城は、歴代藩主を務めた成瀬家の、最後の城主の長女・淳子さんを紹介。
滋賀県・彦根城は、堀をめぐる屋形船を運営する地元の若い経営者達を紹介。
兵庫県・姫路城は、50年前の「昭和の大修理」の際、腐ってしまった城の心柱を新しくするため、地元の神社のご神木が寄進されたことを紹介。
国宝の城をはじめとする日本各地の現存12天守の美しい城の姿と、人と城の様々なエピソードを描いていく。

旅のとっておき

こんにちは。
主に西日本の城の取材を担当した高島です。
西日本には保存状態のいい城が多いのですが、特に四国には、小ぶりながらも情緒あふれる城が残っています。なんと、現存12天守の中の4天守が四国にあるんです。まさに古城の宝庫ですね。その中から、松山城(愛媛県)のオススメポイントを紹介します。続きを読む

ポスター
最新のポスター
桜写真:青木千波/岡田正人/越野龍彦/迫文彦/タケウチトモユキ/竹内康訓/田澤純/中島健藏/橋本タミオ/星井欣/柳澤俊次/油谷勝
Page Top