2015年07月21日 (火)

名古屋めし、おそるべし

「名古屋めし」を担当した名古屋局の小宮です。番組をご覧いただき、ありがとうございました。 関東でもなく、関西でもない、独自の食文化の世界をお楽しみいただけましたでしょうか。

わたしは名古屋に暮らして2年になりますが、今回の取材前は、これほどまでに奥深い世界とは全然知りませんでした。名古屋めしに最初は見た目から尻込みする人も多くいます。一度食べて、もういいと毛嫌いする人もたくさんいます。その気持ち、わかります。私もその一人でしたから。しかし、『三度食べればやみつきに』とは、よくいったもので、私もすっかりはまってしまいました。この取材を始めて気がついたら体重が5キロも増えていました。名古屋めし、おそるべし。 名古屋めしは、実に多種多様です。きしめん、あんかけスパ、カレーうどん、手羽先、ひつまぶし、天むす、エビフライ、台湾ラーメン、小倉トースト・・・・・まさに“小宇宙”。短期間で食べつくすなどとても不可能。名古屋に通って、どこにでもありそうで、どこにもない食の世界を満喫していただきたいと思います。

●豆みそ

名古屋で、ぜひ味わっていただきたいものの一つに「豆みそ」があります。豆みそは主に愛知、岐阜、三重で食べられているこの地方ならではのみそ。赤みそとも八丁みそとも呼ばれています。大豆100%のみそで、濃厚なうま味と独特の渋みが特徴です。特にオススメなのは「みそ串カツ」。豚のモツなどを煮込んだ「どて」の鍋に揚げたての串カツをどっぷりつけて食べるのが名古屋流。冷えたビールに熱々のみそ串カツ、名古屋の夏にはもってこいの組み合わせ。

kushikatsu.png

 

そして冬は「みそおでん」。豆みその味が芯までしみわたるおでんと熱かんの組み合わせ。お気に入りの豆みそで作る味噌汁も格別です。豆みそは醸造する蔵によって味が異なります。豆みそを使った料理もそれぞれの店によって味つけが異なります。まずは三度食べてみてください。自分好みのものに出会うと、かなりやばいです。完璧にはまってしまいます。くれぐれも体重には、ご注意ください。

oden.png

投稿時間:10:31


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

 

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS

page top