在日韓国・朝鮮人の表記と読みはどうなっているのか

  • 「NHK放送ガイドライン2020」では、次のように記述しています。(ガイドラインの24~25ページ)
  • 韓国と北朝鮮の地名・人名・企業名などは、原則としてカタカナで表記し、原音読みとする。
    必要に応じて、カタカナ表記の後に漢字表記をかっこに入れて付ける。
    表記にあたっては、NHKが放送で使う用字・用語のルールに準拠する。
  • 在日韓国・朝鮮人の人名も同様とする。
    ただし、本人の意思を尊重して、漢字で表記し日本語読みを使用することがある。
    また、次のような場合は、漢字で表記して、日本語読みまたは原音読みにすることがある。

    日本の公的機関などが発表した場合は、原則として、それに準拠する。

    著名な作家、学者、芸能人、音楽家など、その名前での活動が社会的に広く知られている場合は、これを尊重する。

    ニュースや番組の趣旨や内容などから、状況に応じてNHKの判断で対応することがある。