放送受信章をなぜ廃止したのか

  • 放送受信章はこれまで、日本放送協会放送受信規約において、住居の入り口等の外部からみやすいところに表示するものと規定されており、受信契約された方にお配りしていました。NHKの契約収納活動において、かつては放送受信契約の有無の確認に、この放送受信章を活用してきました。
  • 現在では、携帯端末の導入により、NHKの契約収納活動において、放送受信章に頼らずに放送受信契約の有無の確認が可能となっています。
    放送受信章の廃止により経費の削減にもつながることなどから、放送受信規約の一部を変更し、平成20年10月より、放送受信章を廃止しました。
  • なお、現在貼っていただいている放送受信章は、ご返却の必要はありません。