女性の就業環境について知りたい

  • 女性職員は男性職員と同じ職場で同じ条件で働いています。
  • NHKでは、男女共同参画社会に資するため、仕事と家庭の両立を支援する制度や環境を整備するなど、働きやすい職場づくりに努めており、2015年4月に施行された「改正次世代育成支援対策推進法」に基づく特例認定(通称:プラチナくるみん認定)を受けています。「プラチナくるみん認定」とは、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けた企業のうち、より高い水準の取り組みを行った企業が認定を受けられる制度です。
  • 女性活躍推進法に基づき、2016年3月に公表した「行動計画」では、「2020年の女性管理職の割合を10%以上にする」という具体的な目標を掲げて、様々な施策に取り組んでいます。なお、2020年度の女性管理職の割合は、関連団体への出向者を含め10.6%です。また、2017年12月に「NHKグループ 働き方改革宣言」を公表し、長時間労働に頼らない組織風土づくりやワーク・ライフ・バランスの充実などを掲げました。男女を問わず多様な人材がいきいきと活躍できる職場の実現に向け取り組んでいます。
  • 行動計画の詳細については、NHKオンライン⇒経営情報⇒環境/働き方改革とダイバーシティ推進⇒働き方改革とダイバーシティ推進⇒女性活躍推進⇒「女性活躍推進法 行動計画」をご覧ください(下記URL)
    https://www.nhk.or.jp/info/pr/woman/woman01.pdf
  • (人事局)