NHK監査委員会について知りたい

  • 監査委員会は、平成20年4月に、NHKのガバナンス強化を盛り込んだ改正放送法が施行されたことに伴って設置されました。監査委員会の設置及び組織、委員の任命、権限、議決の方法などは、放送法によって規定されています。
  • 監査委員会は、経営委員の中から任命された3名以上の監査委員で構成するよう定められ、経営委員を含む役員の職務の執行を監査する権限を持っています。役員及び職員に対して、職務執行に関する事項の報告を求めることや、NHKの業務や財産の状況を調査することができます。
  • 監査委員は、役員が不正な行為をしたときなどは、経営委員会に報告することになっています。さらに、役員がNHKの目的の範囲外の行為をするなどして、NHKに著しい損害が生じるおそれがあるときは、その行為をやめることを請求することができます。 現在、監査委員会は、常勤1名、非常勤2名、合計3名の委員で構成されており、定期的に監査委員会を開催し、NHKの業務についての報告を受け、必要があれば調査をし、経営委員会に活動内容を報告しています。
  • 詳細は「NHK監査委員会」のページをご覧ください。
    https://www.nhk.or.jp/kansa-iinkai/