全国の中学校・高校の放送部のみなさんが、日頃の校内放送活動の成果を競うコンテスト。
毎年2,000校をこえる学校が参加しています。
大会のしくみ
全国大会
NコンWEBトップ
※NHKサイトから離れます。
各部門の規定
33回大会決勝審査結果
 
NHK杯全国中学校放送コンテスト大会のしくみ
NHK杯全国中学校放送コンテストとは…

「アナウンス」「朗読」「テレビ番組」「ラジオ番組」の4部門で審査が行われ、
各都府県地区大会に参加して推薦を受けた作品などが東京の全国大会に進みます。



主 催 全国放送教育研究会連盟・NHK・一般財団法人NHKサービスセンター
後 援 文部科学省
お問い合わせ NHK杯全国放送コンテスト事務局
03-5457-0200(平日:10時〜18時)

参加資格
(1) 平成29年8月現在、つぎの学校および各種学校に在学中の生徒であり、またその作品であること。
  ・中学校および中等教育学校の前期課程
・特別支援学校の各中学部
・各種学校(修業年限が中学校と一致していること)
   
(2) コンテスト種目各部門への参加資格は、全国放送教育研究会連盟(全放連)の所属、または全放連にコンテストの参加を許可された単位研究会の推薦による。
なお、各学校独自や個人単位での申し込みはできません。
   
(3) ラジオ・テレビ番組部門は、参加資格に該当する学校の生徒の創作・制作に限る。
また、他のコンクールなどに参加した作品および参加予定の作品の参加は認めない。 

コンテストの各部門
(1)アナウンス部門
(2)朗読部門
(3)ラジオ番組部門
(4)テレビ番組部門

アナウンス部門
アナウンスする内容は、中学校生活の中から素材を求めた内容とする。
原稿は生徒の自作とし、校内ニュースやニュース解説など、自校の校内放送用のもの。
本文は、20字×20行以内におさめること。

朗読部門
次の指定作品の中から1編を選び、自分の表現したい部分を抽出して朗読する。(録音時の編集不可)
発表時間は、2分以内とする。

朗読指定作品    
1) 「枯野抄」
(『蜘蛛の糸・地獄変』より)
芥川龍之介 著 (角川文庫)
2) 『空をつかむまで』 関口  尚 著 (集英社文庫)
3) 『ミラクル・ファミリー』  柏葉 幸子 著 (講談社文庫)
4) 『アイスプラネット』 椎名  誠 著 (講 談 社)
5) 『あらしのよるに I 』 きむら ゆういち 著 (講談社文庫)
6) 「人魚の姫」 アンデルセン 著 (新潮文庫)
  (『人魚の姫』より) 矢崎源九郎 訳  
注意
 (  )内の出版社に限る
 1)6)は指定作品のみ。
 5)の作品名は巻数を読まなくてもよい。

ラジオ番組部門
中学校生活から生まれたもので、テーマは自由とする。
作品は、5分以上7分以内でまとめる。

テレビ番組部門
中学校生活から生まれたもので、テーマは自由とする。
作品は、5分以上8分以内でまとめる。
テレビ放送の再録などを加えたものは認めない。
※各部門の詳細な規定は、こちらをご覧ください。(NHKサイトを離れます)
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載を禁じます。
中学校放送コンテスト 高校放送コンテスト 参加校のひろば よくあるご質問 詳細はこちら