NHK杯全国高校放送コンテスト

第66回決勝進出作品

創作ラジオドラマ部門

第66回NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会の決勝進出校の作品を視聴できます。
※サムネイルをクリックすると視聴できます。
※予告なく削除する場合もあります。

優勝

愛媛県立新居浜西高等学校

溺れ…る。

制作意図

自分よりも圧倒的優位に立つ相手を目の前にすると、みじめさを感じたり相手に対して憎しみを抱いたりしてしまうことがあります。苦しむくらいなら、勝てない勝負はしないのが賢い生き方なのかもしれません。それでも戦い続ける泥臭い生き方のかっこよさを伝えたくて制作しました。

準優勝

千葉県立柏南高等学校

だいじょうぶのおまじない

制作意図

昨年の12月、祖母が誤嚥性肺炎になり、もう治る見込みがない為、家に引き取り看取りました。祖母が亡くなったあと、祖母の死を死で終わらせるのではなく何かの形で祖母の死を残したいと思いこの作品を作りました。このドラマから大切な人を看取る辛さ、苦しさだけでなく、その中から見えてくるものを知ってもらいたいと思っています。

優秀

和歌山県立桐蔭高等学校

ミッドナイト・ハイウェイ

制作意図

自分のことをとりえがなく、特別な存在ではないと思い込んでいる人は自分の存在価値を低く考えがちです。自分の代わりはいくらでもいる。自分がいなくなっても何も変わらない。そんなふうに考え、自殺に走ってしまう人もいます。しかし、社会の役割の中で特別になれなくても、人間関係の中で特別になることはできるのではないでしょうか。そのことを伝えたいと思い、今作品を制作しました。