おもな登場人物(キャスト)

坂東龍汰

富田良介(16)

坂東龍汰

松山の商家・富屋に暮らす主人公。憧れの海軍兵学校に入学するも敗戦後に帰郷を余儀なくされる。無為な毎日を送るなか、旅の劇団員のイチ子と出会い、惹(ひ)かれていく。その瞳の奥に見たものは妹・春子の面影であった。

芦田愛菜

富田春子(13)

芦田愛菜

生後間もなく遍路路に置き去りにされ、勝二と静子のもとで良介の妹として育てられる。やがて自分を守ると言ってくれた良介に対し、淡い感情を抱くようになる。そして兄に会うために山口県の防府へ向かうのだが…。

田中裕子

富田静子(43)

田中裕子

勝二の嫁で、良介と春子の母。町に唯一の劇場・大正座の小屋主でもある。良介に対する春子の想(おも)いに気づき、優しく見守っている。だが、戦争の激化により、大切な家族の暮らしが時代の渦に飲み込まれていくことになる。

尾美としのり

富田勝二(48)

尾美としのり

静子の夫で良介と春子の父。富屋の主人。どこかのんきなところがあり、店の経営が不安なときも句会に興じて、時に静子の不興を買うことも。家族を大事にし、混沌とする社会をよそに飄々(ひょうひょう)と生き抜く。

中西美帆

天本イチ子(19)

中西美帆

興行のため大正座にやってきた旅の劇団の一員。空襲で家族全員を失い、懸命に生きてきた。そのためか、どこか陰がある。良介の純粋な気持ちに戸惑いながらもやがて惹(ひ)かれ合う。しかし春子の存在を知り、ある決断をする。

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む