アシガールSP×LIFE!

我らが若君が、12/19「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」にも甲賀忍者・数馬役で出演!こちらも見逃すまじ!!

「LIFE!~人生に捧げるコント」HPへ

アシガールSP 2分PR動画公開!

関連番組・お知らせ

※放送日時は変更・休止となる場合があります。

アシガール特別編『唯&若君 時空を超えた恋のキセキ!』

2018年12月23日(日) 総合 午後4時30分から5時55分

『アシガールSP』を前に、ふたりのこれまでをまとめた特別編を放送します!

会見動画公開中!

2018年11月29日掲載

NHK_PR

黒島結菜との〇〇シーンに伊藤健太郎がキュンキュン!

「アシガールSP」放送を前に、黒島結菜さんと伊藤健太郎さんを迎え行われた取材会の様子を動画でご紹介!NHK_PRにてご覧いただけます!

NHK_PRで動画を見る

スタッフブログ更新中!

2018年12月12日掲載

アシガールブログ

『アシガールSP』と『LIFE!』がコラボします!アシガールSPその10

アシガールSP放送まであと2週間を切りました!
放送まで待てない!という皆さんに、お楽しみいただけるスペシャルコンテンツが登場しますよ~。

なんと、あの「LIFE!」とのコラボです!

スタッフブログで続きを読む

【物語】

シーン写真

時は永禄3年(1560)。命がけで羽木の危機を救った速川唯(黒島結菜)は、ついに若君・羽木九八郎忠清(伊藤健太郎)と婚約。ところが和議を結んだはずの宿敵・高山宗鶴(村田雄浩)が再び戦を仕掛けて来た。高山を唆したのは、戦国最強・織田信長の家臣・相賀一成(西村まさ彦)。無為な戦を止めるため、若君は唯を残し先鋒の城に向かう。「生きることこそが勝ち」という忠清の思いを領主・忠高(石黒賢)に伝え、羽木の一族郎党を本拠・黒羽城から無事逃がした唯は、単身若君の後を追う――。

【ドラマのみどころ・制作からのメッセージ】

脚本のことば
…宮村優子

初めましての方も、お久しぶりの方も。ようこそアシガールの世界へ!
視聴者の皆さまの熱い声援に支えられ、走りだけが取り柄の平成の女子高生唯と、戦国時代を生きる若君忠清さまの時空を超えたラブストーリー、再びお目見えとなりました。スタッフのひとり、そしてアシラバ(アシガールラバーズ!)のひとりとして厚く御礼申し上げます。また、連載で未完の物語を脚本執筆するにあたっては、原作者・森本梢子氏からいただいた何枚にもわたるイラスト入りの詳細なメモにも大感動。ドラマの唯や若君とともに、このチャーミングな世界をできるだけ「真空パック」できるよう、新旧スタッフ一同、一丸となって「励め」とばかりに気合い入れてみましたっ。歴史の教科書には載っていなくても、唯も若君も、じいも、お袋さまも、兄上さんも、高山の熊も足軽軍団も、みんなみんな生きております。皆さまにお目にかかるのを心から楽しみにしております。
前にも増してふたりを愛しく思っていただけたら。それではクリスマスの夜に。しゃっ。

演出の言葉
…伊勢田雅也

このドラマは不思議なドラマです。ふだんほかのドラマを撮っている時、辛いことばかり考えてしまうのですが、「アシガール」ではなぜか居心地がいいのです。撮影のスケジュールはきつくて大変なのに、もっと撮っていたいと感じてしまうのです。その居心地の良さみたいなものが、熱心なアシガールファンの思いとどこかで通じているような気がします。
なるべく前回と同じように作ろうと思い、一年ぶりに黒島さんと健太郎君に会った時、そういう話だけしました。心配だったのは彼らが、一年前より役者として成長していることでした。微妙に上手くはまっていた要素が変わって全体の良さが崩れてしまうというような心配をしたのです。でもその心配は不要だったようです。彼らの成長が、作品自体も成長させたと、完成したものを見て思います。

制作の言葉
…陸田元一

「アシガール」の最初のシリーズをやることは、実は大きなチャレンジでした。あのかっちりしたNHKの時代劇枠にタイムスリップもの!?しかも原作はコミック!?――ところが蓋を開けてみると、「アシガール」は若い視聴者層だけでなく年輩の視聴者層にも大いに支持され、こうして続編を制作できることになりました。
何と言っても森本梢子さんが築いた原作の世界観の魅力。戦国を疾走する唯の姿に、生きるとは何かという問いかけを潜ませた宮村優子さんの脚本の素晴らしさ。「唯そのもの」と森本さんからも太鼓判を頂いた、黒島結菜さんのキラキラした躍動感。オーディションで選んだ伊藤健太郎さんの若君らしい実直さ。それらを彩る冬野ユミさんの、いま心からこぼれ出たような音楽。極上のクリスマスプレゼントをお楽しみください。

【主な登場人物】

黒島結菜 写真

速川唯

黒島結菜

足の速さだけが取り柄の女子高生。弟・尊の発明したタイムマシンで戦国時代にタイムスリップしてしまい、そこで出会った忠清に一目ぼれ。唯之助と名乗り、足軽となって守り抜くことを誓う。

伊藤健太郎 写真

羽木忠清

伊藤健太郎

戦国武将・羽木家の若君。国を守る責務と戦のない世を願う引き裂かれた思いを抱えている時に唯と出会い、その真っすぐな気持ちに惹(ひ)かれていく。唯の助けを得て、命がけで宿敵・高山との和議に成功、晴れて唯と婚約したが……。

松下優也 写真

羽木成之

松下優也

忠清の異母兄。父・忠高に冷遇されたことを恨み、忠清を亡き者にして羽木の後継者の地位を手に入れようとするが、唯と忠清が互いを思う深さに心打たれ、弟を支えようと決意した。

ともさかりえ 写真

吉乃

ともさかりえ

タイムスリップした唯を助けた戦国の〝おふくろさま〟。元は武家の出で、農民として暮らしていたが、唯と忠清の縁で羽木家家老・天野家に嫁いでいる。

川栄李奈 写真

阿湖姫

川栄李奈

隣国・松丸家の姫。政略結婚により忠清の許嫁として羽木の城に入ったが、唯と忠清の間柄を知り、身を引いた。成之とひそかに思い合っているが、互いに口に出せないでいる。

正名僕蔵 写真

木村政秀/木村先生

正名僕蔵

木村政秀は羽木家の家臣で、高山と対峙する国境の小垣城・城代。木村先生は唯が通う高校の社会科教師で、郷土史の研究家。顔がそっくりなので、先生は政秀の子孫かも!?

西村まさ彦 写真

相賀一成

西村まさ彦

織田信長の家臣。息子・宗熊が和議を結んだことに不満な宗鶴をけしかけ、大軍を率いて羽木に戦を仕掛ける。だが真の狙いは高山と羽木を争わせ、国を奪うことだった――。

升毅 写真

千原元次

升毅

羽木家家老。天野信茂とは幼い頃からのライバル関係で、事あるごとに対立する。信茂の息のかかった唯に辛く当たり、忠清との結婚にも反対している。

石黒賢 写真

羽木忠高

石黒賢

家臣からも領民からも慕われる羽木の領主。戦に勝ち抜くことが生きる道と信ずる典型的な戦国武将だが、唯と若君によって次第に考えを改め、ふたりの結婚も許す。高山宗鶴とは犬猿の仲。

イッセー尾形 写真

天野信茂

イッセー尾形

羽木家の重臣で忠清の守り役。何事も若君第一で、脚力と若君を守りたいという思いを買って唯を雇い入れた。たびたび若君の危機を救った唯を「むじな」と呼び、羽木の守り神と信じている。

【掲示板公開中!】

前作「アシガール」ホームページにて掲示板を公開中です。

※ご利用前に必ず利用規約をお読みください。番組と関係の無い投稿は原則として掲載しません。

掲示板
【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。

【番組情報/制作スタッフ】

特集ドラマ「アシガールSP」

【放送予定】
2018年12月24日(月・祝)
総合:よる9時から10時30分
BS4K:午後5時から6時40分
【出演】
黒島結菜 伊藤健太郎
松下優也 ともさかりえ 川栄李奈
西村まさ彦 石黒賢 イッセー尾形 ほか
【原作】
森本梢子
【脚本】
宮村優子
【音楽】
冬野ユミ
【演出】
伊勢田雅也
【制作統括】
陸田元一(NHKエンタープライズ) 、土屋勝裕(NHK)