ドラマトピックス

再放送情報「恐竜せんせい ~福井発地域ドラマ~」

sensei21081012.jpg

「恐竜せんせい ~福井発地域ドラマ~」(2013年制作)再放送が決まりました。

【放送日】
2018年11月22日(木)BSプレミアム 午後4時から午後4時59分

【作】
いずみ吉紘 
【音楽】
高木正勝 

【出演】
マイコ 高橋光臣 日野陽仁 加部亜門 相島一之 藤村志保 長塚京三 ほか 

【内容・あらすじ】
NHK福井・開局80周年記念ドラマ。日本一の恐竜化石の産地・勝山市を舞台に、過去に囚われるひとりの女性が子どもたちとの交流を通して自分を見出し、やがて「せんせい」と呼ばれるようになってゆく姿を描きます。
主演は「透明なゆりかご」「おひさま」のマイコさん、その幼なじみ役に「西郷どん」の高橋光臣さん。脚本は「トドメの接吻」「帝一の國」のいずみ吉紘氏、音楽は「未来のミライ」「おおかみこどもの雨と雪」の高木正勝氏。大人も子どもも、ご家族で楽しめる、ハートフルドラマです。

――東京で雑誌編集の仕事をしていた汐崎野子(マイコ)は、売れるために事実と違う“ウソ”を書かなければならないことに嫌気がさし、上司と大ゲンカ。仕事を失ってしまう。野子は人生をやり直そうと、福井県勝山市の発掘現場へと向かう。そこで再会したのは、かつての同級生・玉邑大地(高橋光臣)や、恐竜研究の第一人者・阿久津館長(長塚京三)。実は彼女は、小学生のころ勝山で暮らしたことがあり、そこが新種の恐竜の化石を発見。一躍、時の人となった過去があるのだ。しかしそこには、ある“ウソ”が絡んでいて…。
野子は化石発掘への参加を願い出るが希望かなわず、子ども向けの模擬体験場「ジュラチックパーク」で働くハメになる。恐竜にさほど興味がある訳でもなく、やんちゃばかりの子どもたちに振り回される野子。しがしやがて、彼女がその場所で“掘り当てた”ものとは… 

【制作統括】
大野俊之 土屋勝裕 
【プロデューサー】
須崎岳 
【演出】
三浦大 

【制作】
NHK福井・NHK名古屋


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ