ドラマトピックス

★こちらのページは2022年2月で更新を終了いたしました。
新しいドラマ情報はこちらをご覧ください。

主演・山本耕史 BS時代劇「剣樹抄~光圀公と俺~」11/5(金)スタート!

BS時代劇
剣樹抄(けんじゅしょう)~光圀公と俺~

kenju0909_og.jpg

若き徳川光圀が、父を殺され天涯孤独となった無宿の少年とともに、明暦の大火の火付け犯を追う!
「天下の副将軍・水戸黄門」として、誰もが知っている徳川光圀の若き日の活躍!

このドラマは、徳川光圀が異能の才を持つ少年少女たちの集団『拾人衆』を率いて、日本最大級の火災である「明暦の大火」を引き起こした火付け犯を追い詰めていく、徳川時代版「明智小五郎と少年探偵団」です。
原作は人気作家・冲方丁(うぶかた とう)さんの「剣樹抄(けんじゅしょう)」。派手なチャンバラも満載の痛快活劇です!


【物語】
若き徳川光圀(山本耕史)は,無宿の孤児・了助(黒川想矢)と出会い、彼の木刀による必殺剣法に驚き隠密組織『拾人衆』に誘う。『拾人衆』は優れた特技を持つ孤児たちで、それぞれの特殊能力を生かし諜報活動を行い、犯罪者を捕える手助けをしていた。光圀は拾人衆の協力を得ながら、「明暦の大火」を引き起こした火付け一味の首領が、錦氷ノ介(加藤シゲアキ)であることをつかむ。そして氷ノ介はなんと光圀が慕う仏師・吽慶(うんけい)(石坂浩二)の息子であった。吽慶は悪の道に堕ちた氷ノ介をわが手で成敗するために生きていたのだった。徳川打倒を目指す氷ノ介との激しい闘い。光圀を案じた妻・泰(松本穂香)は、剣豪・柳生義仙(舘ひろし)に助けを求める!



kenju0909_01.jpg
山本耕史(徳川光圀)

【コメント】
このドラマのお話しを頂いて、光圀公の青年時代がその昔どうだったのかに興味が湧きました。今回は、新しい水戸光圀公をお届け出来ると思います。
光圀公の過去と現在、松本穂香さん演じる泰姫との夫婦の絆、拾人衆の子供たちとの絆、重臣たちとの絆、そして加藤シゲアキさん演じる氷ノ介との対立とアクション、など色々な要素が絡み合い、世代を問わず、だれが見ても心躍るドラマになると思います。そして、石坂浩二さん、舘ひろしさんともご一緒出来るのも今から楽しみでなりません。
ぜひ興味を持ってご覧いただければ幸いです。

 


kenju0909_02.jpg
松本穂香(光圀の正室・泰)

【コメント】
今回私は光圀様の妻、泰姫を演じさせて頂くことになりました。これまで時代劇の経験もほとんどなく、お姫様役は初挑戦なので、なにかと緊張はしていますが、清らかで聡明な泰姫という人と向き合っているうちに、私までどこか救われるような思いになり、泰姫という人の大きさを身をもって感じております。素晴らしいキャストの皆さまと一緒に、温かく優しい物語を紡いでいければなと思っております。ぜひ、楽しみにして頂ければ幸いです。

 


kenju0909_03.jpg
加藤シゲアキ(火付け犯・氷ノ介)

【コメント】
私にとって初めての時代劇でありますが、それが本作であることに運命めいたものを感じています。
演じさせて頂く錦氷ノ介という男は明暦の大火を起こした極悪人で、主人公水戸光圀と対峙する隻腕の剣士です。
許しようのない人間でありながら、原作を読み進めると瞳の冷たさに隠された過去を知り、彼に惹かれている自分がいました。
魅惑的で鈍い光を放つ氷ノ介の生き様を、存分に輝かせたく思います。
光圀と氷ノ介がいかなる攻防を繰り広げるのか。
楽しんでいただけると幸いです。


BS時代劇「剣樹抄(けんじゅしょう)~光圀公と俺~」

【放送】
2021年11月5日(金)スタート <全8回>
毎週金曜 よる8時~8時43分 BSプレミアム

【原作】
冲方丁『剣樹抄』
【脚本】
吉澤智子
【音楽】
兼松衆
【主題歌】
PYG「花・太陽・雨」
【出演】
山本耕史(徳川光圀)、松本穂香(光圀の正室・泰)、加藤シゲアキ(火付け犯・氷ノ介)、
舘ひろし(剣豪・柳生義仙)/石坂浩二(仏師・吽慶、実は氷ノ介の父)他
【演出】
本木一博、一色隆司
【制作統括】
佐野元彦(NHKエンタープライズ)、落合将(NHK)