ドラマトピックス

主演・佐藤二朗 土曜ドラマ「ひきこもり先生」制作開始のお知らせ

hikikomori_0316og.jpg

人生損ばかりの「元ひきこもりの50歳男」が中学校の不登校教室の非常勤講師に!
学校が抱える問題に悪戦苦闘しながら“一歩踏み出す”人々を描く、ハートフルで新感覚の学園ドラマ。

【物語】
上嶋陽平(佐藤二朗)は、38歳から11年間ひきこもり生活を続け、3年前にようやく部屋から脱出した、いわば「ひきこもりサバイバー」だ。ひきこもり脱出後、地域の人々の力を借りて焼鳥屋を開業したものの、客とまともに話しもできず、社会復帰はまだ途上にあった。
そんな陽平が、ある市立中学校の非常勤講師を依頼される。校長の榊徹三(高橋克典)が、ひきこもりの経験者に不登校生徒を支援させたいと、陽平に白羽の矢を立てたのだ。スクールソーシャルワーカーの磯崎藍子(鈴木保奈美)や、若い教師・深野祥子(佐久間由衣)が、不登校生徒のための教室の運営に行き詰まる中、それは画期的なアイデアだった。陽平は、自分には荷が重すぎると固辞するも、たまたま出会った不登校児・奈々(鈴木梨央)を生き別れた一人娘と重ね合わせていた。揺れる陽平を「ひきこもり仲間」であるヨーダ(玉置玲央)、ひきこもり時代のサポーター・長嶺(半海一晃)、母・美津子(白石加代子)らが後押しし、ついに、教壇に立つことを決意するのだった…。

 

【主演:佐藤二朗さんコメント】

hikikomori_0316_01a.jpg
仮に運よく踏み出せたとしても、その歩数は、冗談かと思うくらいにわずかなものかもしれない。たったの一歩、いや、一歩でさえないかもしれない。ただ、かつて苦しんだ大人として、「今」を闘う子供たちと共に、そのたった半歩を、精魂込めて歩み出したいと思う。


<鈴木保奈美さんコメント>
hikikomori_0316_02.jpg

繊細なテーマですが、怖気付かず、正面からぶつかっていこうと思っています。
迷い道で立ち止まるすべての人へ、生きたいと願うすべての人へ、スプーン1杯の微笑みを届けることができれば、わたしたちも生きていける気がします。

 

<高橋克典さんコメント>
hikikomori_0316_03.jpg

初めて校長役をやらせていただくこととなりました。純粋な子供たちの気持ち、自身のビジョン、葛藤を抱える校長を、時に自然に、時に楽しく演じられたらと思います。今多くの学校が抱える問題点をも描く温かいヒューマンドラマ。
ぜひ様々な世代の方々に見て頂けたらと思っています。

 

<佐久間由衣さんコメント>
hikikomori_0316_04.jpg

学生時代。思い返すと、弾けるような思い出だけではなかったように思います。奥歯をグッと食いしばってしまう苦い思い出から、自分では持ち切れない衝動まで、小さな身体で全身全霊で戦い、もがいていました。
今回、様々な理由で学校に行きにくくなってしまった中学校の生徒たちと、担任として関わっていく中学教師の役柄を務めさせて頂きます。
今でも答えが出ていない当時の悩みと向き合うように、目の前の生徒たちと、そして素敵な共演者の皆様と、少しでも楽しく過ごしていきたいです。


土曜ドラマ「ひきこもり先生」

【放送予定】
2021年6月12日(土)スタート
総合 毎週土曜 よる9時(全5回)
【原案】
菱田信也
【脚本】
梶本惠美
【音楽】
haruka nakamura
【出演】
佐藤二朗、鈴木保奈美、佐久間由衣、玉置玲央、半海一晃、鈴木梨央、白石加代子、高橋克典
/村上淳、内山理名ほか
【制作統括】
城谷厚司(NHKエンタープライズ) 訓覇圭(NHK)
【演出】
西谷真一(NHKエンタープライズ)、石塚嘉(同)


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ