ドラマトピックス

★こちらのページは2022年2月で更新を終了いたしました。
新しいドラマ情報はこちらをご覧ください。

国際共同制作ドラマ『マイスモールランド』放送決定!

sland0228_og.jpg

日本で育った“私”の居場所はどこにあるのか・・・
在日クルド人の女子高生の視点を通して描く すぐそばの物語

“国を持たない世界最大の民族”クルド人。トルコからシリア、イラク、イランにかけて国境を越えて広く暮らすこの民族は、差別や迫害などによりふるさとを追われている。クルド人は日本に2000人以上、その多くが埼玉に住み生活をしているが、難民として認められず、いつ強制退去を命じられるかわからない、不安な毎日を送っている。
番組では、日本で育ったクルド人の女子高校生の姿を通して、自分が何人であるのか?というアイデンティティーへの思いと、日本で暮らし続けることの「困難」や「葛藤」を浮き彫りにしていく。心を開く日本人の少年との交流と未来への希望が、社会によって分断される切ない青春ドラマ。

【第72回ベルリン国際映画祭】にて日本作品で初めてアムネスティ国際映画賞・特別表彰を授与された映画「マイスモールランド」のテレビドラマ版。

sland0228_01.jpg

【あらすじ】
クルド人の家族とともに生まれたちを離れた後、幼い頃から日本で育ったサーリャ(嵐莉菜)。同世代の日本人と変わらない、ごく普通の高校生活を送っていた彼女と家族は、ある日突然在留資格を失い、これまで当たり前だった日常が一変する。そんな過酷な環境の中でも、アイデンティティーに悩む主人公サーリャが、東京に住む日本人の少年・蒼汰(奥平大兼)との出会いをきっかけに成長していく―。

sland0228_02.jpg

<嵐莉菜さんコメント>
私が演じるサーリャは、クルド人の家族とともに生まれた場所を離れ、幼い頃から日本で育った女子高生なのですが、同級生と同じような日常を過ごせない環境に葛藤しています。
在留資格を失ってから、不自由な生活を強いられ、家族のためになんとか頑張るサーリャに私自身もとても胸を打たれました。
生活する中で様々な難題がサーリャに降りかかりますが、バイト先で出会う聡太はサーリャにとって大切な存在になります。
聡太と出会ってからのサーリャの成長にも注目して観て頂けると嬉しいです!


<奥平大兼さんコメント>
僕はこの作品を最初に見た時、心の底から多くの方に見てもらいたいと思いました。
なのでこのようにドラマ版で放送させて頂けるのがとても嬉しいです。
僕はこの作品を通して初めて日本に住んでいるクルドの方々について知ることができました。このようなことが日本で起きているということ、そしてその人達が感じていることも知ることができました。
これらのことを知ることだけでも、『マイスモールランド』を見る意義があると僕は思います。
そして、この作品を見て感じる事は人それぞれだと思います。僕も僕なりに考えることがあるように、見ていただいた皆様にも考えてもらえる機会になればいいなと思います。


<川和田恵真監督コメント>
ドラマ版としてNHKで放送していただくことは、より多くのかたに、身近な環境へ届けられる大変意味のある機会をいただいたと思います。
そして、テレビ画面を通して見ていただく皆さんの個人の生活のなかに、この映画の登場人物たちが生きる。そのことに、純粋な喜びを覚えています。
テレビ放送では、劇場で見るのと違って途中で簡単に止めることもできます。それでも、ラストまでご覧いただきたいと思って私はこの作品を作りました。
ある一人の少女の物語から目を背けないで欲しい、と思います。
そして、私たちの生活のすぐ近くで起きていること、この作品の地続きにある現実を知ってもらう機会になることを願っています。


sland0228_03.jpg国際共同制作ドラマ『マイスモールランド』

【放送予定】
2022年3月24日(木)
BS1 (前編)よる8時~8時50分 (後編)よる9時~9時49分
【出演】
嵐莉菜、奥平大兼、平泉成、藤井隆、池脇千鶴、アラシ・カーフィザデー、リリ・カーフィザデー、韓英恵、サヘル・ローズほか
【制作統括】
藤並英樹
【共同制作プロデューサー】
澁谷悠
【プロデューサー】
倉崎憲・伴瀬萌
【作・演出】
川和田恵真
【国際共同制作】
FILM-IN-EVOLUTION