ドラマトピックス

「こころのおはなし~アジアこどもドラマ~」Eテレ8/11~13放送

「こころのおはなし~アジアこどもドラマ~」

kokorohanashi0729_og.jpg

ABU(アジア太平洋放送連合)に参加している放送局が、7才~9才の現代の子どもを主人公にしたドラマを制作し、交換して放送する国際共同制作のプロジェクトです。テーマは「心の成長」。ドラマを通じて、それぞれ地域の生活や文化を紹介しあい、アジアの子どもたち同士の理解を深めていこうというのが目的です。プロジェクト開始から16回目を迎えました。今年のNHKでの放送は1日に2本ずつのドラマを3日間に渡り紹介、アジアの多様な文化や社会の中で生きる子たちの生活を追体験します。夏休みに親子そろってお楽しみください。

【出演】寺田心・ぽんちゃん(声・渡辺久美子/人形操演・山田はるか)


■1日目
放送予定【Eテレ】2021年8月11日(水)午前9時10分~9時45分

「友情の色」 Colour of Friendship(スリランカ SLRC Sri Lanka)
転校してきた男の子は事故で足が不自由だった。クラスメイトで隣の家に住む女の子は工作が得意。男の子のために、あるアイディアを思いつく。

「夢」 DREAM(ミャンマー MRTV Myanmar)
主人公の女の子は、母親と二人暮らし。母親は、モヒンガ(ミャンマーの麺料理。伝統的な朝ご飯)を売り、生計を立てており、決して裕福な家庭ではなかった。ある日、母親と一緒にマーケットを歩いていると、素敵なドレスに出会う。しかし、ドレスは高価で、少女のお小遣いではとても買える金額ではない。彼女は大好きなお菓子を我慢し、お店のお手伝いで貰えるお小遣いを コツコツ貯金し始めるが…。


■2日目
放送予定 【Eテレ】2021年8月12日(木)午前9時10分~9時45分

「ともだち」 SAHABAT (マレーシア RTM Malaysia)
少女アリーナは自然たっぷりの町で暮らす女の子。いつも友人の男の子と、その妹ミミと3 人で遊んでいた。ある日、その田舎に都会から女の子が引っ越してくる。スマホを使い熟し、SNSに興じる都会っ子ジュリア。ジュリアの持つスマホやタブレットに興味津々のジェフリとミミ。友達が 奪われたアリーナは一人面白くない。そんな状況に苛立っていたアリーナが乱暴に投げた木の棒が、偶然ジェフリの顔に当たってしまい…。


「キラ」 Kira(ブータン BBS Bhutan)
主人公の少女ソナム、まだひとりでキラを着れない。(ブータンの伝統的扮装。学校にはこれを着ていくことになっている)ある日、いつもキラを着せてくれている母親が、祖母の家に行くために家を数日空けることになった。ソナムはキラを父親に着せてもらおうとするが、父親は うまく着せることができない。苛立つソナムは父親に暴言を吐いてしまい…。


■3日目
放送予定 【Eテレ】2021年8月13日(金)午前9時10分~9時45分

「マンゴーはペンギンでフクロウじゃない」 Mango is Penguin,not an Owl (韓国EBS Korea)
主人公ミノは、少し気が弱い男の子。両親が仕事で海外出張となり、ミノは祖母の家に預けられることになった。祖母のことが怖くて苦手なミノ。部屋に籠り、イマジナリー・フレンドのぬいぐるみマンゴーと遊んでばかりいた。一方、祖母は7歳にもなって、ぬいぐるみとお喋り ばかりしているミノが心配になり・・・

「あやとり」(日本 NHK)
千尋(小畑葵)は、同じクラスで大親友の雫(笹川椛音)と「あやとり」で遊ぶのが大好きな女の子。学校の授業参観で、ふたりは得意の「あやとり」を披露することになり、千尋と雫は「ぜったい成功させよう」と誓い合う。しかし、練習の日々を送る中で、突然、雫から「あやとりはできない…」と告げられる。そんな雫を責めてしまう千尋だったが…。「あやとり」を巡る、友情と成長の物語。
初回放送は「ABUこどもドラマ2020」としてEテレで2020年12月29日(火)前10:00~10:15。今回は再放送になります。
作:大野陽平 音楽:関向弥生 出演:小畑葵・笹川椛音、鎌田英怜奈、高丸えみり はざまみゆき、田上晃吉ほか


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ