ドラマトピックス

朗読・梶裕貴さん「だれかに話したくなる山本周五郎日替わりドラマ」2月18日から放送!

だれかに話したくなる
山本周五郎日替わりドラマ

darekani0118a.jpg

きっと誰かに話したくなる“ほろっ”といい話!
山本周五郎の短編を30分ドラマ化!

「赤ひげ診療譚」や「さぶ」の原作者である文豪・山本周五郎の小説は、市井の人々の何気ない日常が描かれ、ほのかに心を温めてくれます。
このたび、短編時代小説の名手としても知られる山本周五郎の短編小説を、ドラマにモノローグや朗読を交えながら構成される1話完結の30分番組(1作品のみ 前後編)として映像化しました。
夜、自宅で一息ついた皆さんが、「明日も頑張ろう」「元気をもらえる」と感じていただけるドラマです。ぜひ、ご覧ください。

朗読は、「進撃の巨人」のエレン役でも知られる声優の梶裕貴さんが務めます。


■2021年2月18日(木)
BSプレミアム 夜7時から7時29分
「はたし状」
今泉第二は幼馴染の“しの”と婚約したが、“しの”は婚約を破棄し、第二の親友・藤島英之助と結婚してしまう。第二は絶望し、心をふさぐ。そして、耐えかねた第二は、藤島に「はたし状」を出す。親友とはいえ、婚約者を奪ったことは許しておけなかった。
だが、そこに“しの”が現れ、藤島が “しの”と結婚した本当の理由を語り始める。

darekani0118_01.jpg

<出演>
柾木玲弥、西山潤、中島広稀、新井郁、太宰美緒


■2021年2月19日(金)
BSプレミアム 夜7時から7時29分
「泥棒と若殿」
成信は、家督争いの末、廃れた屋敷に幽閉されてしまう。
ある晩、屋敷に忍び込んだ泥棒・伝九郎と出会った成信は、何故か泥棒を気に入り一緒に暮らすことになる。それは、成信が初めて味わう人間らしい暮らしだった。
だが、そんなある日、成信の元に家来が訪れ、家督を相続してほしいと伝える。
今の暮らしを守るか以前の暮らしに戻るか、成信は苦悩する。

darekani0118_02.jpg

<出演>
西山潤、柾木玲弥、中島広稀、猪野学


■2021年2月23日(火・祝)
BSプレミアム 夜7時から7時29分
「晩秋」
都留が身の回りを世話することになった進藤主計は、父を切腹に追い込んだ仇であった。
世話をしながらも、懐刀を忍ばせ仇討ちの機会を伺う津留。しかし、一心不乱に書き物をし質素を守る主計の姿は、非道を重ねてきた男には見えなかった。そんなある日、津留は、その書き物が藩政を大きく揺るがす内容であることを垣間見てしまう。

darekani0118_03.jpg

<出演者>
佐藤玲、小木茂光、塚本幸男、安澤千草


■2021年2月24日(水)
BSプレミアム 夜7時から7時29分
「女は同じ物語・前編」
城代家老の子息・広一郎は、許嫁に見向きもしない女嫌い。案じた母は「綺麗な侍女をつければ、女に興味を持つだろう」と“紀伊”という侍女を広一郎につける。
次第に紀伊を女として意識し始める広一郎。そして、紀伊が佐野要平という男からしつこく縁談を迫られ困っていることを知った広一郎は、 意気揚々と解決に乗り出す。

darekani0118_04.jpg

<出演者>
川合諒、井頭愛海、三上市朗、安澤千草、伊島空


■2021年2月25日(木)
BSプレミアム 夜7時から7時29分
「女は同じ物語・後編」
決闘の末、広一郎は佐野要平に紀伊から手を引く事を承知させる。そして、許嫁“つな”との婚約を解消し、紀伊と結婚したいと考えるようになる。しかし、両親は大反対、紀伊は暇を出されてしまう。広一郎はとうとう許嫁 “つな”との祝言の日を迎えてしまう。

darekani0118_05.jpg

<出演者>
川合諒、井頭愛海、三上市朗、安澤千草、伊島空、太宰美緒


『だれかに話したくなる山本周五郎日替わりドラマ』

【放送予定】
BSプレミアム
2021年2月18日(木)よる7時から7時29分
2021年2月19日(金)よる7時から7時29分
2021年2月23日(火・祝)よる7時から7時29分
2021年2月24日(水)よる7時から7時29分
2021年2月25日(木)よる7時から7時29分
【脚本・演出】
吉川久岳(ランプ)
【制作統括】
柴田直之(NHK)、西村崇、谷宮崇文(NEP)
橋立聖史(ランプ)


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ