ドラマトピックス

★こちらのページは2022年2月で更新を終了いたしました。
新しいドラマ情報はこちらをご覧ください。

【伝説のお母さん】魔王役は大地真央さんに決定!

主人公・メイ(前田敦子)たちが立ち向かう魔王役を大地真央さんが演じます。

 okan0110a.jpg ★魔王…大地真央

魔界を支配する王。侵略のため人間を研究するも、魔族は雌雄同体であるため、「男だから」「女だから」という概念が理解できない。人間界の「ショウシカ」「ワンオペ」「タイキジドウ」に付け入った奇策を弄する。「…愚かな人間どもめ」「人間は複雑怪奇だ…」が口癖。

★大地真央さんからのメッセージ
真央だけに魔王役のオファーをいただいたのでしょうか(笑)
監督からもジェンダーレスで…というお話がありましたが、まずはインパクトのある魔王ビジュアルをスタッフの方と相談しながら、前髪のカーブや、メイクのトーン、まつげの色、衣装など、魔王の個性を表す細かいところまで考え、喋りかた声なども含め今回の魔王像を創りあげていきました。
女であり、男であり、女でもなく、男でもない、そして人間でもない、一筋縄ではいかない魔王です。
このドラマの一番奥深いテーマを語っていたり、敵でありながら、今の子育て世代に一番共感してもらえるのは実は魔王かも!?


よるドラ『伝説のお母さん』

【あらすじ】
かつて闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退し、世界の平和を取り戻した「伝説の勇者一行」。
この聖戦に参加した伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)は、訪れた平穏な日々の中、めでたく第1子を出産。
専業主婦としてワンオペ育児に奮闘する日々であった。そんなある日、魔王の封印が解かれ復活したという知らせが届く。国王は伝説の一行に魔王討伐の命を下す。しかし、彼女は言う。

「無理です、だって……保育所が空いてないんです!!」

はたしてメイは数々の障壁を乗り越えて「育児」と「世界平和」の両立を実現することができるのか!?

【放送予定】
2020年2月1日(土)スタート[全8回]
総合 毎週土曜 よる11時30分から11時59分
【原作】
かねもと「伝説のお母さん」
【脚本】
玉田真也 大池容子
【出演】
前田敦子
玉置玲央 井之脇海 MEGUMI 片山友希 前原瑞樹 村上新悟
大東駿介・大倉孝二・大地真央 ほか
【音楽】
宮崎誠
【CG制作】
大月壮
【制作統括】
松川博敬、篠原圭、岡本伸三
【プロデューサー】
上田明子
【演出】
村橋直樹、佃尚能、二見大輔、田中健二

⇒「伝説のお母さん」番組ホームページ