ドラマトピックス

小日向文世&竹下景子『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』

プレミアムドラマ
70才、初めて産みますセブンティウイザン。

7uizan_ogp1016.jpg

定年を迎えた65才のサラリーマン
家に帰ると70才まぢかの妻が衝撃の告白
「わたし 妊娠しました!」
ありえないけどリアル、笑いと涙と奮闘の日々が始まった

発表されるや爆笑と号泣の嵐を巻き起こしたマンガ「セブンティウイザン 〜70才の初産〜」。自然妊娠による超高齢出産という奇抜な設定だからこそ浮かび上がるのは、リアルで感動的な夫婦の出産日記。産むべきか産まざるべきかの葛藤、高齢出産に伴う身体的リスク、若夫婦に混じってのパパママ教室、何もかも初体験ゆえの失敗や迷走…。そこには、誰もが共感できて、誰もが手に汗握る、夫婦の奮闘が詰まっています。いくつになっても人生チャレンジ! 小日向文世と竹下景子演じる合計135歳の新米パパママの、笑って泣けるホームドラマです。


【小日向さんコメント】
初老の夫婦の我が子の出産、育児、そこから始まる右往左往する日々、その先の人生の不安、非現実的なのだけれど痛い程身につまされる。そしてファンタジーな時間。65歳の自分がそんな役を演じることになろうとは‼竹下景子さんとは2度目の共演になりますが、前回も夫婦でした。不思議な縁を感じています。長男が生まれた時に、新生児室に並ぶ赤ちゃん達をガラス越しに見つめ、一日中そこに居たかった事を思い出しました。竹下さんと命のパワー溢れる赤ちゃんを抱っこして演じる現場が今からとても楽しみです。

【竹下さんコメント】
驚きました。夕子さんが70才で出産する。しかも初産!? 無理、って感じです。でも、同じ頃、障がいのある女性が医療チームのサポートのもと命がけで赤ちゃんを産んだニュースを読みました。「母になる」という強い思い。夫や周囲の支え。ハッとしました。子育ての追体験、というより、これはもう未知との遭遇です。生まれ変わったつもりで、ドラマの中のリアルを一つひとつ宝探しのように拾いあげていこう。小日向文世さんの朝一さん、どうぞよろしくお願いします。

【タイムさんコメント】
私たちの一番古い記憶は何才の頃でしょう。3才か4才か・・・それもおぼろげでとても曖昧です。ましてや生まれた時に、何を思い何を感じていたのかを思い出すことはできませんが、幸運にも子どもに恵まれて病院で初めてエコー画像を見た時に、私は確信しました。一回一回全身全霊で心臓を鼓動させるこの命は、生まれたいと思っている。そして私たちも生まれてきたかったんだと。セブンティウイザンは、子育て世代の方にも、お若い方にも、そして朝一と夕子のように年齢を重ねた世代の方にも、その気持ちを今一度感じていただきたいという気持ちで描きました。是非ご家族でご一緒にご覧ください。


プレミアムドラマ『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』

【放送予定】
2020年4月以降(予定) BSプレミアム(8本シリーズ)
【原作】
タイム涼介「セブンティウイザン 70才の初産」「セブンティドリームズ 70才からの希望」
【出演】
小日向文世・竹下景子 ほか
【脚本】
本調有香
【演出】
渡辺一貴(NHKエンタープライズ)
【制作統括】
柴田直之(NHK)、西村崇(NHKエンタープライズ)、三木和史(ビデオプランニング)


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ