ドラマトピックス

よるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』おもな出演者紹介!

よるドラ
腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。

fujoshi0305_main_01.jpg

【2019.3.5「おもな出演者」情報掲載】

⇒『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』番組ホームページ公開!

いま話題の「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」に続く、よるドラ第2弾は、
―NHK発・ゲイの少年×腐女子の少女―
交わるはずのない二人が出会ってはじまる、純粋でねじくれた青春群像劇。

・主人公の、ゲイをひた隠しに生きる18歳の高校生に、NHK初主演の金子大地。
・相手の腐女子役には、映画で主演も演じる、藤野涼子。
・そして、主人公の秘密の鍵を握るゲイ・パートナー役に、谷原章介。

いま最も旬な若手と演技の確かな俳優が、一風変わった土曜深夜の青春ドラマで交錯する!

主人公・純は、自身がゲイであることは自覚しつつ、「異性を愛し、子どもを作って、家庭を築く」という“普通の幸せ”への強い憧れも持つ。ゲイであることを隠して同級生・三浦さんと付き合い始めるが・・・。
「ゲイ」「腐女子」という単純なラベリングに抗い「私」と「あなた」として誠実に関係を築き始める純と三浦さん。二人の姿は葛藤を抱えるクラスメイトや周囲の大人たちの心を波立たせていく。
世間の“普通”と、自分が本当に欲しいもの――。その間のズレで悩んだことのあるすべての人へ。
主人公の愛聴するQUEENの名曲に乗せて疾走する、軽やかで切実な青春ストーリー。

【あらすじ】
同性愛者であることを隠して暮らす18歳の高校生・純(金子大地)と腐女子の同級生・三浦さん(藤野涼子)。ある日、純は書店で三浦さんがBLマンガを購入するところに遭遇する。「BLはファンタジーだ、現実のゲイは汚い」という純に「それは現実のゲイの人に失礼」と猛抗議する三浦さん。純は、自分が実はゲイだということは母親・陽子(安藤玉恵)にも隠している。三浦さんに興味を持った純は、彼女が愛する同人誌イベントに同行する。一方、自分を自分として誠実に見てくれる純に惹かれる三浦さん。二人は急接近し、幼なじみの亮平(小越勇輝)がお膳立てしたデートでついに純は三浦さんに告白される!―「三浦さんとなら普通の幸せを手に入れられるかも。」三浦さんと順調にデートを重ね、いざセックスしようとするその矢先―。意外なことからぎくしゃくしてしまった2人は温泉に向かう。なんと純はそこで、ゲイ・パートナーのマコトさん(谷原章介)と鉢合わせする。純と三浦さんの恋の行方は?やがて、マコト、母・陽子、同級生たちにも波乱が起き、二人の関係はダイナミックに急展開していく――。


【おもな出演者】

 fujoshi_0318_01a.jpg
安藤純
金子大地
18歳。高3男子。純が幼い頃に夫と離婚した母・陽子(安藤玉恵)と二人の家庭で育った。幼なじみの高岡亮平(小越勇輝)や陽子にも隠しているが、実はゲイ。年の離れた同性の恋人・佐々木誠、通称マコトさん(谷原章介)がいる。皮肉屋ながら純粋な性格。ロックバンド・QUEENを愛聴し、「この社会に生まれたことが苦しくてどうしようもないときに救ってくれた」その楽曲に心酔している。同じくゲイをカミングアウトしているファーレンハイトと名乗る人物とSNSでつながり、日常の出来事から、心の中で抱える悩みまで相談している。


fujoshi_0318_02.jpg
三浦紗枝
藤野涼子
純の同級生。小五の時からBL(ボーイズラブ)にはまっている腐女子。本屋でBLマンガを買っているところを純に見つかるが「腐女子バレ」を恐れ、黙っているよう頼む。実は、紗枝にはBL好きを隠しておきたい切実な理由があった。本屋の出来事をきっかけに、紗枝は純に接近していく。親友の今宮麻衣(吉田まどか)たちを巻き込み、積極的に純に近づいていった紗枝は、水族館や遊園地でのデートを重ねた末、ついに純に告白する。

 

fujoshi_0318_03b.jpg
佐々木誠
谷原章介
「マコトさん」と純が呼び慕うゲイ・パートナー。詳しい素性は明かさないが、妻も子もいる会社員らしい。同じくゲイである純の葛藤を理解する一方、普通の幸せにもこだわっている。同性愛者でありながら異性愛者として暮らす自分を「卑怯なコウモリ」にたとえ、ゲイでありながら紗枝に惹かれていく純の気持ちの揺れ動きに寄り添う。ケイト(サラ・オレイン)が営むカフェバーで純とよく待ち合わせをする。

 

fujoshi_0318_08.jpg
安藤陽子
安藤玉恵
純を女手一つで必死に育ててきた母親。明るい性格で、純にとっては親というより親友のような近しい存在。陽子は大切な一人息子の幸せな将来を心から願っているが、そのことが純のプレッシャーになる。純は陽子だけは心配させたくないと、ゲイであることをひた隠しにしている。

 


fujoshi_0318_04.jpg
高岡亮平
小越勇輝
純の幼なじみで今も同級生。純がゲイであることは知らない。明るく快活で、女子にもたびたび告白されるのに特定の彼女がなかなか出来ない。それを純は不思議に思っている。実は三浦紗枝を好きだったのだが、純への紗枝の気持ちにいち早く気づき、二人を近づけるデートをセッティングしてしまう。一方、紗枝の親友・今宮麻衣が自分に思いを寄せていることには気づいていない。

 

fujoshi_0318_05.jpg
ケイト
サラ・オレイン
イギリス人。カフェバー「‘39」のオーナー。純がQUEENを愛聴するきっかけを作った。純が腐女子の紗枝に惹かれていることに悩んで相談すると、「よくあること」と答えるが「あなたはshowを初めてしまった。簡単には舞台から降りられない」とも付け加える。

 

ファーレンハイト
声・小野賢章
純がSNSでのみつながっている、謎に包まれた人物。お互いQUEENが好きということでネットで知り合った。自分もゲイであることを純にカミングアウトしている。ブログには彼氏がエイズであることも記載している。博識で、純が迷ったときに様々なヒントを与えてくれる。純は何かと頼り、いつしかかけがえのない人生のパートナーとなっていく。。

 

fujoshi_0318_06.jpg
小野雄介
内藤秀一郎
純の同級生の一人。彼女がいる。クラスの人気者だが、亮平がセッティングした純と紗枝たちのデートに同行したとき、このデートの“本当の目的”を純にバラしてしまい、紗枝との仲を裂こうとするなど、二人の恋路を邪魔する。

 

fujoshi_0318_07.jpg
今宮麻衣
吉田まどか
三浦紗枝の親友。紗枝と純の仲を取り持とうと、集団でのデートを亮平とともに画策する。亮平に気があるものの、亮平自身がそれに気づかないことにやきもきしている。


【予告動画公開中!】


よるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』

【放送予定】
2019年4月20日(土)スタート
総合 夜11時30分から11時59分 (29分・連続8回予定)                        
【原作】
浅原ナオト「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」
【脚本】
三浦直之
【出演】
金子大地 藤野涼子 小越勇輝 安藤玉恵 谷原章介 ほか 
【演出】
盆子原誠 大嶋慧介 上田明子 野田雄介
【プロデューサー】
尾崎裕和
【制作統括】
篠原圭 清水拓哉

⇒『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』番組ホームページ公開!


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ