ドラマトピックス

内野聖陽さん主演『スローな武士にしてくれ』

 スーパープレミアム ドラマ

スローな武士にしてくれ

srowbushi_03.jpg

⇒「スローな武士にしてくれ」番組ホームページ公開!

あの池田屋階段落ちのシーンが、新技術で華麗によみがえる!
前代未聞の“ハイテク×時代劇制作の舞台裏”ドラマ

▼水しぶきひとつひとつを鮮明に見せる世界最新鋭ハイスピードカメラによるスーパースローモーション!
▼360度、全方位ぶれずに撮影できるマシンを使ったワンカット13人斬り!
▼ワイヤーアクションで宙を舞う池田屋の階段落ち!

かつて人々を熱狂させた時代劇が、最新の映像技術と熱き活動屋たちの奮闘で、いまだかつてない映像として息を吹き返します。
このドラマは、涙あり、笑いあり、映像に情熱を傾けるすべての人へのオマージュです。

【あらすじ】
舞台は、京都の歴史ある撮影所。そこにある日、NHKからの依頼が舞い込む。「最新鋭の技術を駆使して新番組を撮ってほしい」というのだ。山のようなハイテク機材とともにNHKから派遣されてきた男・田所(柄本佑)は、人並み外れた時代劇マニア。到着するなり、幕末の「池田屋事件」をドラマにしたいと言いだし、撮影所の活動屋たちを仰天させる。さまざまな困難が予想される新技術の撮影現場で、売れっ子俳優を起用すると面倒なことになりかねない。
そこで撮影所長は、切られ役専門の大部屋俳優・シゲちゃん(内野聖陽)を抜擢、新技術満載の過酷なアクションシーンを撮影することに。しかしシゲちゃんは、殺陣は超一流にも関わらず、なかなか芽が出ない理由があったのだ。しかも撮影にあたるのはハイテクとは無縁の高齢スタッフばかり。次々と持ち上がるトラブル、難題を乗り越えて迎えるクライマックス、世界最先端のハイスピードカメラとワイヤーアクションで前代未聞の池田屋階段落ちに挑む。シゲちゃんと活動屋たちは、はたしてハイテクの試練を乗り越えることができるのか?


【主演・内野聖陽さんのコメント】

かつて、日本の時代劇映画は、観る者に熱狂と興奮を与える数少ないエンターテインメントだったといいます。 そして、2019年の今、撮影技術は、CGやVFXなどで比類ない進化を遂げていますが、僕たち作り手はそれを使い切れているのか。肝心の作品の熱量や表現の力は、進化してきたのだろうか、…という僕の疑問に強烈に訴えてきたのがこのシナリオでした。
どんなに技術が進歩しても、それを操るスタッフ力や役者の熱を帯びた迫真の演技がなければ、その撮影技術の進歩は、こけおどしでしかなくなってしまう。
今回の作品は、最新の撮影技術力VS作り手の熱量みたいなものがとても凝縮されている作品だという気がして、恐ろしいけれど、2019年のぼくたちの魂をかけてみたいと出演を決めました。
そして、撮影現場のバックステージで戦う生き生きとした人間たちがとても魅力的なことも理由の一つです。舞台は架空の、ちょっと時代に取り残されたような撮影所。その中で、引退間近の(!?)老練スタッフたちが繰り広げる珍事件もおもしろおかしいし、セリフもしゃべれぬ「斬られ役」シゲちゃんが主役に抜擢されるばかばかしさも魅力的です。それに、チャンバラ以外に能が無い、母ちゃんの尻に敷かれる冴えないおっさん役をやらせて頂くのも新鮮です。ぼくも、リアルにくたびれた雰囲気を出せる年頃になってきたんだという妙な自信も無くはないので、ここも、楽しめたらいいなと思っております。

とにかく、この作品の中で、芝居とは思えない優しくって激しいシゲちゃんを魅力的に演じられたらと思っております。


スーパープレミアム ドラマ 『スローな武士にしてくれ』

【放送予定】
2019年3月23日(土)BSプレミアム よる9時~10時59分(119分・単発)
BS4K:3月30日(土)午後6時~7時59分(単発)
※メイキング特番「スローな武士の作り方」BS4K:3月30日(土)よる7時59分~8時48分 
【作・演出】
源孝志
【音楽】
阿部海太郎
【出演】
内野聖陽
柄本佑 中村獅童 水野美紀 藤本隆宏
浜田晃 佐川満男 本田博太郎 伊武雅刀 石橋蓮司 里見浩太朗 ほか
【制作統括】
千野博彦(NHK)、伊藤純 川崎直子(NHKエンタープライズ)、八木康夫(オッティモ)

⇒「スローな武士にしてくれ」番組ホームページ公開!


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ