ドラマトピックス

2021年大河ドラマ「青天を衝け」吉沢亮×草彅剛 劇中シーン公開!

2021年大河ドラマ(第60作)
青天を衝け
~栄一と慶喜 運命の出会い~出演者ロケコメントについて

 

栄一の人生の歯車が動きだす。運命の初対面がここに実現!
2021年2月14日(日)から放送開始予定の大河ドラマ『青天を衝け』。先日(10月22日[木])物語序盤の大きな山場となる、渋沢栄一(吉沢亮)と徳川慶喜(草彅剛)が初めて対面するシーンを撮影いたしました。血洗島村の百姓として育った栄一、将軍候補の期待を背負う慶喜。まったく異なる世界観が交わる、出会いの瞬間です。栄一役の吉沢亮さんと慶喜役の草彅剛さんはこのシーンがまさしく初共演。緊張感と高揚感が混じり合う撮影現場となりました。栄一×喜作、慶喜×円四郎という、アクの強い二組のバディーも見どころのひとつです。
ロケ現場より、出演者のコメントと写真をお届けいたします。

seiten201112_og.jpg

【撮影場所】
相模川(神奈川県相模原市)
【撮影シーン】
街道を馬に乗って走る徳川慶喜(草彅剛)とその家臣・平岡円四郎(堤真一)一行を、渋沢栄一(吉沢亮)と渋沢喜作(高良健吾)が懸命に追いかける。栄一が仕官の意志や自身が抱えている思いを慶喜に伝える、2人の初対面を描いたシーン。


seiten201112_01.jpg


吉沢亮さん(主人公 渋沢栄一 役) コメント
(このシーンの撮影前までは)血洗島の畑に囲まれ、みんなでわちゃわちゃしているシーンばかりでしたので、今日の草彅さんや堤さんのように“カチッとした”方々が現場にいることが新鮮でした。ことばのやり取りも今までのテンションとは全く違う雰囲気があり、緊張感があって楽しかったです。『青天を衝け』は本当にエネルギーにあふれている、すごく前向きな作品です。渋沢栄一もこれまでの“大河”では描かれてこなかった人物なので、どういう人生を、どういう風に歩むのか予想できない部分もあると思いますが、そういった所も含めて視聴者のみなさまに一緒に楽しんでいただける作品になると思います。共演者の皆さんと力を合わせ、全力で演じていきますので放送開始までぜひ楽しみにお待ちください。

高良健吾さん(栄一の従兄(いとこ) 渋沢喜作 役) コメント
今日の撮影では1日中走っていました(笑)。 今後の撮影ではまた10代を演じますが、今日のシーンではそこから成長した喜作なので、どのように差をつけたらいいか考えながら演じました。喜作は“何かのために”という思いを強く持ったキャラクターで、「こういう風に思ったり考えたりするんだな」と自分でも発見する事があるので、放送ではそこも楽しんでいただけたら幸いです。

草彅剛さん(徳川斉昭の七男・のちの将軍 徳川慶喜 役) コメント
今日の撮影は栄一(吉沢さん)・喜作(高良さん)と出会い、抱えていた強い思いをぶつけられるシーンでしたが、お二人のエネルギーがビシバシと伝わってくる、とてもいいシーンでした。本当に大河ドラマ始まったなって気持ちでワクワクしています。こうやってお芝居できるのは楽しいので、視聴者の皆さんにも何か温かいものを届けられることができると思います。

堤真一さん(慶喜の側近 平岡円四郎 役) コメント
これまでスタジオでは江戸城だったり長屋だったりを舞台に撮影してきましたが、本日はロケだったのでとても新鮮でした。円四郎は栄一・喜作と慶喜をつなぐ役でもあるので、その出会いが描かれるこのシーンは特に演じていて楽しかったです。すてきなドラマをお届けする事ができると思いますので、放送開始まで楽しみにしていただけるとうれしいです。


2021年 大河ドラマ『青天を衝(つ)け』

【放送予定】
2021年2月14日(日)放送開始
【作】
大森美香
【音楽】
佐藤直紀
【制作統括】
菓子浩 福岡利武
【プロデューサー】
板垣麻衣子
【広報プロデューサー】
藤原敬久
【演出】
黒崎博 村橋直樹 渡辺哲也 田中健二


 ■「青天を衝け」関連記事

・2021年大河ドラマ「青天を衝け」出演者発表 第2弾

・2021年大河ドラマ「青天を衝け」出演者発表 第1弾

・2021年大河ドラマ「青天を衝け」吉沢亮×草彅剛 劇中シーン公開!

・2021年大河ドラマ「青天を衝け」 製作開始と主演・吉沢亮さんを発表!


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ