編集部イチオシ

「朝ドラ殺人事件」の魅力を語れ!!~東西の若手脚本家が激突~ 後編 

「朝ドラ殺人事件」の魅力を語れ!
~東西の若手脚本家が激突~ 後編

NHK初のマルチチャンネルドラマとなる「朝ドラ殺人事件」。
番組の脚本を担当された保木本真也先生と、劇中でADの幹松を演じた奥山雄太さんをNHK近くの焼肉屋に招き、番組の魅力をギスギスと語っていただく...という企画の後編です。
後編では、脚本家&役者の立場から見た秋元才加さんの魅力について、お二人に熱く語っていただきます。
前編はこちらから!

line.gif

【脚本家と役者さんが焼肉店に集結!】

というわけでお待ちかね、脚本家&役者の立場から見た秋元才加さんの魅力についてのお話です。保木本先生と奥山雄太さんのほかにも、番組スタッフが秋元さんの演技を見て感じたこと、感動したことなど、秋元さんの熱演を見る前に必ず押さえておいて欲しい「必見ポイント」が満載です!
そして後日談的なオマケも。二人にとって最悪(?)とも言えるスペシャルゲストが焼肉店にやってきます...!
(もちろん秋元さんご本人ではありません)


というわけで、神推しトーク明けの保木本先生と奥山さん)

【秋元さんについてのマジメな話も...】

編集部(以下、編)「このへんでちょっとマジメな話を。秋元さんは今回がドラマ初主演だったわけですが、お二人は秋元さんの演技を見て、どう思われましたか?」
奥山雄太さん(以下、奥山)「クランクイン前は、『アイドルだ』という先入観がありました。でも、いざご一緒すると、とてもひたむきで一生懸命に演技をされる方で、座長として周囲を引っ張っていける方、主演を担うことができる方だなと思いました」

編「ほっきー先生はどうですか?」
保木本先生(以下、ほっきー)「(息を整えながら)秋元さんの演技をみて初めに思ったのは、 実現率が高いな、ということですね。実現率というのは説明が難しいんですが、脚本家が頭の中で描いている演技と、実際に役者さんが演じている演技っていうのは微妙に違うんですね。当然、ストーリーの意味合いも変わって来ちゃうわけで。その点、秋元さんは台本を読み込んでくれたのか、本当に実現率の高い芝居をやってくれたなと思います。 今度は演出家としても、秋元さんと仕事をしてみたいですね!」


秋元さん@NHKドラマ部でのロケにて

奥山「僕も同じ気持ちですね。また仕事をご一緒したい女優さんです」
ほっきー「秋元さんは、本当に女優としての力がありますよ。新田監督も初めから『素晴らしい女優で、素晴らしいコメディエンヌになれる人』と思っていたそうです」
編「番組の遠藤プロデューサー、DMZプロデューサーも秋元さんの演技を高く評価していましたね。特に遠藤プロデューサーは『彼女で刑事ドラマをやってみたい!』と、インスピレーションがわいたそうですよ」
ほっきー「秋元さん口癖のように『私、自信ないんです』って言うんですが、周りからしてみたら、とても信じられないですね。それくらいよく出来る人です」


秋元さんと奥山さんの貴重な(?)ツーショット

編「DMZプロデューサーも『秋元さんがやって(ドラマが)失敗するなら、そのドラマはどのみち失敗する。秋元さんは心中してもいいと思える女優』と思ったそうです。私も秋元さんの演技をかなり見てきましたが、この作品をいいものにするんだ!という気合いを感じました。応援しようって気になる女優さんですよね!」

line.gif

【ここで「恐怖のムチャぶり大王」が...!】

二人の間のギスギス感が和らいできたところで、焼肉は中盤戦。
ビールが進み、ホルモンがロースターに入り始めたところで「とある人物」が店に現われました。

ほっきー&奥山「遠藤プロデューサーとDMZプロデューサー!」


業界で最も目が笑っていないと思われる二人が笑顔で登場

二人はやおら着席したかと思うと、ビールにロースと白飯を注文。
ガツガツ飯を食べながら、笑顔だけれども決して笑っていない目で、保木本先生と奥山さんを睨み付けます。そして「恐怖のムチャぶり」が...。

遠藤「んで、二人はマルチチャンネルドラマを深く学んだと思うんだけど、よかったら次回作の構想を聞かせてよ」
ほっきー&奥山「へ、次回作っすか?」
遠藤「二人の提案が面白かったら、マジで『大河ドラマ殺人事件』を作るからさ。脚本は提案が面白かった方にお願いしようかな」
ほっきー&奥山「マジっすか!!」
DMZ「あと提案がつまんなかった方は、反省のためにも今日の焼肉代を全額負担ね。あ、お姉さん。追加で特上のロース!」
編「DMZさん、それ1皿で3300円もしますよ」
ほっきー&奥山「マジっすか...」

というわけで、突発的に「ほっきー&奥山のプレゼンタイム」が始まりました。
プレゼンは互いに1分間。まずは奥山さんが「僕から行きます!」と手を挙げます。

奥山「僕は、大河ドラマとリンクした作品を作りたいですね。大河ドラマ殺人事件の主役が、大河ドラマ本編の出演者になっている、とか。大河ドラマをトレースしていると物語の進行がわかる、みたいな。もし可能なら、大河ドラマのサブチャンネルで『大河ドラマ殺人事件』を流してみたいですね!」

遠藤&DMZ「(メシを喰いながら)ふーん」


ロースがうまそうなご様子

...と、あまり響かないご様子で、場の雰囲気がやや凍り始めます。
そして次にほっきー先生が手を挙げました。

ほっきー「そうですね、前作の脚本家としては、やっぱり続編がやりたいです。秋元さん演じる美穂の今後を描きたいなと。あと、ラブコメ要素も入れていきたい。幽霊の存在がもっと一般化されているような、近い未来を描きたいですね!」

遠藤&DMZ「(メシを喰いながら)ふーん」

...と、引き続き響かないご様子。
残念ながら
焼肉代はほっきー&奥山で折半
となりそうな雲行きなので、編集部員が心配して「あの、ほっきー先生、奥山さん。今いくら持ってますか? ここの支払い出来ますか? あの2人マジっすよ」と耳打ちしたところ、二人の手持ちを合せても
DMZプロデューサーが先ほど注文したロース1皿に満たない
ことが判明。

編「...DMZさん、これこれこういう訳なんで、今回は勘弁してやって貰えないでしょうか?」
DMZ「しゃあねえなあ。今回は俺が払うわ...」
遠藤「大河ドラマ殺人事件は、まあ朝ドラ殺人事件が大当たりしたら考えるか...」

...というわけで、なんとか命拾いしたほっきー先生と奥山さんなのでありました。
しかし次回作「大河ドラマ殺人事件」が作られるかはこれで未定に。
秋元さん演じる美穂が、大河ドラマ班のスタッフとして活躍する...
そんな話を見たいという方は、

前編・総合テレビ2012年3月28日0時15分~43分
後編・総合テレビ2012年3月29日1時5分~33分

の、朝ドラ殺人事件をリアルタイムでキッチリ見てくださいね!

line.gif

【そして後日談ですが...】

そして後日談ですが、遠藤プロデューサーとDMZプロデューサーに「こないだの二人の提案、ダメでした? 俺は結構面白いと思ったんですけど...」と聞いてみたところ、
遠藤「あそこで褒めたらつけあがるでしょ!」
DMZ「焼肉代を払わせないと面白くないだろ!」

という明快な返答が返ってきました。この人ら、や...。

こんなツンデレな人たちが作っている、NHKドラマ。
そんな楽しい面々が作っている「朝ドラ殺人事件」。
ぜひぜひお楽しみに!

line.gif


記事の前編「撮影エピソードと神推しトーク」へ
朝ドラ殺人事件のホームページへ
→番組のツイッターアカウント@nhk_ikemenへ(NHKのページを離れます)

 


☆NHKドラマ 編集部イチオシ!☆【→記事一覧へ

ページトップへ