ドラマトピックス

2021年度後期 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 大阪編・出演者発表!

come2_0715_logo_og.jpg

2021年度後期連続テレビ小説
『カムカムエヴリバディ』
二代目ヒロイン・深津絵里の舞台は大阪!
謎の男役でオダギリジョーが朝ドラ初出演!

2021年度後期放送の連続テレビ小説 第105作『カムカムエヴリバディ』は、ラジオ英語講座と共に歩んだ三人のヒロインが紡ぐ100年のファミリーストーリーです。
初代ヒロイン・安子(上白石萌音)の娘として生まれた二代目ヒロイン・るい(深津絵里)の物語は、昭和37年の大阪から始まります。“自分らしく自由に生きていきたい“と願い、岡山を飛び出し、舞台は大阪の街へ、そこでるいはジャズに出会い、個性あふれる面々との出会いの中で新しい物語がスタートします。今回、二代目ヒロイン・深津絵里演じる“るい”をとりまく大阪編の出演者の方々が決まりましたので、お知らせいたします。

⇒『カムカムエヴリバディ』番組ホームページ公開!



come2_0715_01.jpg
♦深津絵里 連続テレビ小説初出演 ※既発表
二代目ヒロイン・雉真(きじま)るい
安子の娘として雉真家に生まれ、18歳まで岡山で育つ。 とある理由から“自分らしく自由に生きていきたい“と願い、岡山を飛び出し、大阪へ。ひょんなことからクリーニング店を営む夫妻と出会い、住み込みで働きながら新しい生活を始める。 テキパキと仕事をこなす働き者で、すぐに店の看板娘となる。一度こうと決めたら曲げない性格は母・安子譲り。

出演者決定を受けて 
二代目ヒロイン・雉真るい役 深津絵里さんのコメント

この作品でしか出会えないような、めちゃくちゃ素敵なキャストの皆さんと
昭和 30 年代の大阪を一緒に生き抜いていく事ができるなんて。
楽しみで、楽しみで、楽しみで。待ちきれません。
大変な時代の中育ててくれた母のこと、ずっと見守ってくれた岡山のみんなの思いを胸に
藤本さんの素晴らしい脚本をきちんとお届けできるよう、一生懸命務めさせていただきます。

 


come2_0715_02.jpg
♦オダギリジョー 連続テレビ小説初出演
謎の男/大月錠一郎(おおつき・じょういちろう) : ジョー(通称)
るいが働くクリーニング店に客として訪れる、謎の男。
名前も住所も分からず、すぐ消える。いつもシャツには同じ汚れをつけており、背広から下着まで大量の洗濯物を置いていく。錠一郎のつかみどころのない言動や行動が、るいを戸惑わせる。やがて、錠一郎との出会いが、るいの運命を動かしていく。

【コメント】
『脚本家の先生が、ぜひオダギリさんに演じてもらいたいと言っています』
生意気ながら、僕もたまに脚本を書いたりしますが、希望する俳優の方に引き受けてもらえると、この上なく嬉しいですし、逆に断られたりすると、絶望のふちに立たされる気分になります(苦笑)。
役者冥利(みょうり)に尽きる言葉を頂いたからには、期待以上のお返しができるよう、全力を尽くすつもりです。

 


come2_0715_03.jpg
♦市川実日子
ジャズ喫茶に通う女子大生/ベリー(通称)
錠一郎にほれている女子大生。どうやら良家の令嬢らしい。ジョーとるいの関係に気もそぞろ。るいに対して、敵対心むき出しで迫ってくる。

【コメント】
脚本のまっすぐでかわいらしい登場人物のやりとりに、胸がぽかぽかしています。
ラジオに英語にジャズ。たくさんの良い音が聴こえてきそうなお話。人の生み出す音が、聴いた人の心や人生に作用していくところが印象的でした。
昭和30年代、その時代のお洒落(しゃれ)をしているグルーピーの役。個人的に憧れている時代でもあるので、その空気感の中に入れることがとても楽しみです。
るいさんや時代と共に、どう変化していくのか、心柔らかく撮影に参加できたらと思っています。

 

 

come2_0715_04.jpg
♦早乙女太一 連続テレビ小説初出演
ミュージシャン/トミー(通称)
木暮洋輔の営むジャズ喫茶を拠点に活動するミュージシャン。追っかけのグルーピーもいてアイドル的な人気がある。
クリーニング集配に訪れるるいにちょっかいをかけてくるかなり調子のいい男。

【コメント】
この作品に出演させていただくことになり、とてもうれしく思います。
ミュージシャンの役どころなので、既に楽器の稽古に苦戦しておりますが、なんとか頑張りたいと思っています。
激動の時代を必死に生きるミュージシャンを、誠心誠意務めたいと思います。

 

 

come2_0715_05.jpg
♦村田雄浩
「竹村クリーニング店」店主/竹村平助(たけむら・へいすけ)
大阪・道頓堀に店を構える「竹村クリーニング店」の店主。仕事は丁寧でアイロンの腕前に自信がある。人情に厚いが、どこかわきが甘く、和子の尻に敷かれている。ひょんなことから、るいを店に迎えることになる。

【コメント】
かなり久しぶりの「朝の連続テレビ小説」です。いろんな意味でドキドキしてます。キャストの皆様はとても刺激的で…特に私の奥さんの濱田マリさんは、個性が爆発していらっしゃるので!置いていかれないように頑張ってついて行きます!濱田さんと夫婦をやるのは、2回目なのですが、今回はいったい どんな夫婦になるのか…見当もつきませんが、楽しみです。
物語は!戦後から高度成長、バブルを経て、デジタル、バーチャルと、時代が激しく変わっていくので、きっと主人公は 相当"波乱に満ちた人生"を送るのだと思います。そんな中で、我々夫婦が…物語のオアシスの様な存在になれたらいいなと思っております…
今は世の中大変ですけど、少しでも前を向けるような作品になるように頑張ります!

 

 

come2_0715_06.jpg
♦濱田マリ
竹村平助の妻/竹村和子(たけむら・かずこ)
夫・平助とともに「竹村クリーニング店」を営む。平助とのやりとりはまるで、夫婦漫才のよう。住み込みで働くるいのことを娘のようにかわいがり、その成長をあたたかく見守っている。

【コメント】
竹村クリーニング店の竹村和子役を演じます。クリーニング屋さんです!実は私は俳優になる前、実家の父が営むクリーニング店で働いていました。お店では朝から晩までずーっとラジオが流れていて、番組パーソナリティーの声は、いつも私たちの仕事のリズムを作ってくれていました。父からは働くことの楽しさ、商売人として大切なことをたくさんたくさん教わりました。今、撮影台本のセリフの一つ一つに、クリーニング屋さんあるあるを見つけてニヤニヤワクワクしています。故郷を離れ、大阪で新しい人生を始めるるいちゃんを温かく見守る竹村夫妻を、大好きな村田雄浩さんとともに明るく楽しく演じたいと思います。

 

 

come2_0715_07.jpg
♦近藤芳正
ジャズ喫茶の支配人兼バーテンダー/木暮洋輔(こぐれ・ようすけ)
錠一郎の出自や、どうやら過去をしっているらしい。るいのクリーニング店の得意先となる。

【コメント】
朝ドラは『なつぞら』以来でお世話になりますー。大阪の朝ドラは『純と愛』以来かと。自分の顔が朝にふさわしい顔なのかどうかは置いといて(笑)オファーがあることが素直にうれしいです!
今回の役柄がジャズ喫茶店のマスターだとか。『なつぞら』では老舗カリー(カレーではなく)屋のギャルソン。役柄が似てますね。こだわりが強い、癖のある役でした。『純と愛』は困らせ客だった気が。こちらは本当に癖しか無い役でした。よく朝ドラに出られました!
さてさて今回!いただいている台本ですと、そんなに癖はないんです!
でしゃばることなく控えめにジャズ喫茶のマスターを演じられれば!出ているかどうかわからないような、存在になれれば最高です!

 

 

come2_0715_08.jpg
♦笑福亭笑瓶 連続テレビ小説初出演
映画館 館主/西山太(にしやま・ふとし)
竹村クリーニング店の近所にある映画館の館主で町内会長。戦後日本の最大の娯楽は映画だった。そして、平助とともに時代劇談義に花を咲かせる西山だが、東京オリンピックが近づく中で、テレビがますます普及。映画館の客入りが減り、西山の小言も増えてくる。

【コメント】
連続テレビ小説に呼んでいただいてありがとうございます。
短いセリフでもかむかも。かんだらごめん。
久々のドラマなので、迷惑をかけないようにしたいと思います。


♦出演者発表にあたって 制作統括 堀之内礼二郎

ラジオ英語講座と共に歩んだ家族の100年の物語。
今回は、深津絵里さん演じる二代目ヒロイン・るいの青春に深くかかわる出演者のみなさんを発表させて頂きました。
1960年代の日本は高度経済成長期の真っただ中。熱気あふれる時代です。「明日は今日よりもっと良くなる」多くの日本人がそう信じて、当時の「今」を懸命に生きていました。そんな時代の熱を帯びた登場人物たちを、魅力的に、色鮮やかに演じていただける個性豊かな出演者の皆さんがそろいました。連続テレビドラマのご出演は久しぶりの深津絵里さんとの掛け算で、どんな物語が繰り広げられていくのか、本当に楽しみです。
この秋始まるこのすてきな世界にぜひ、カムカムエヴリバディ!

 

♦ものがたり

come2_0715_b.jpg

1925(大正14)年、日本でラジオ放送が始まった日に岡山の和菓子屋「たちばな」に生まれた安子(上白石萌音)。
家族や周囲の人々に愛され育ち、やがてラジオ英語講座に出会う。そして恋に落ち、結婚。さまざまな試練が安子に降りかかるなか、いつも安子を支えたのはラジオ英語講座と「たちばな」のあんこだった。
そして安子の娘、二代目ヒロイン・るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪から始まる。とある理由から“自分らしく自由に生きていきたい“と願い、岡山を飛び出したるい。自分のことを誰も知らない新天地・大阪で新たな人生を歩んでいく。ひょんなことから道頓堀の小さなクリーニング店で、住み込みで働くことになる。
大阪での新しい景色や出会いが、るいの日常を鮮やかに彩り、人生を切り開いていくのだった。
るいの娘で三代目ヒロインひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まる。
昭和から平成、そして令和へ。三世代ヒロインは、その時代時代の試練にぶちあたり、ときに、世間や流行から取り残されながらも、恋に、仕事に、結婚に、自分らしい生き方を、不器用ながらも、それぞれが違うあり方で、見出していく。
そして、3人の傍らには、ラジオ英語講座があった。

安子、るい、ひなたと、三世代の女性たちが紡いでいく、100年のファミリーストーリー。

連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。


2021年度後期 連続テレビ小説
『カムカムエヴリバディ』<4K制作>

【放送時間】
《NHK総合》
(月~土)午前8時 [再]午後0時45分
《BSプレミアム・BS4K》
(月~土)午前7時30分 [再](月~金)午後11時
【作】
藤本有紀 《オリジナル作品》
【音楽】
金子隆博
【出演】
上白石萌音 深津絵里 川栄李奈
【スタッフ】
制作統括:堀之内礼二郎 櫻井賢
プロデューサー:葛西勇也 橋本果奈
広報プロデューサー:齋藤明日香
演出:安達もじり 橋爪紳一朗 深川貴志 松岡一史 二見大輔 泉並敬眞

⇒『カムカムエヴリバディ』番組ホームページ

 

『カムカムエヴリバディ』出演者発表関連記事
2021年度後期 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 大阪編・出演者発表!
2021年度後期 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 新たな出演者9人発表!
2021年度後期 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」ヒロイン上白石萌音・岡山編の出演者発表!


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ