ドラマトピックス

2021年度後期 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 ラジオ英語講座「カムカム英語」の人気講師役にさだまさしさん決定!

come2_0322_logo_og.jpg2021年度後期連続テレビ小説
『カムカムエヴリバディ』
ラジオ英語講座「カムカム英語」の人気講師役にさだまさしさん決定
― 3月22日は日本でラジオ放送が始まった“放送記念日” ―

2021年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』は、ラジオ英語講座と共に歩んだ三人のヒロインが紡ぐ100年のファミリーストーリーです。
初代ヒロイン・橘安子(上白石萌音)は、1925(大正14)年3月22日、日本でラジオ放送が始まった日に生まれ、100年の物語がはじまります。二代目ヒロイン・るい(深津絵里)、三代目ヒロイン・ひなた(川栄李奈)の三人のヒロインがラジオ英語講座を聞き続けることで夢への扉を開いていきます。
戦後まもなくはじまったラジオ英語講座「カムカム英語」の人気講師でこのドラマのキーパーソンである平川唯一役にさだまさしさんが決定いたしました。ラジオ英語講座の講師・平川唯一が三人のヒロインにどのように関わっていくか、ご期待ください。


come2_0322_01.jpg 

♦さだまさし 連続テレビ小説初出演
ラジオ英語講座「カムカム英語」の人気講師
平川唯一(ひらかわ・ただいち)

<コメント>
「連続テレビ小説からのお誘い」と聞き、やっと主題歌が歌えるぞ、と期待したら大違い(笑)。驚きの「出演」でした。
芝居は慣れていませんが平川唯一さんの役で、ラジオの声が主だと聞き、ホッとしています。
終戦直後の暗い時代を生きて「日本を明るくするため」に頑張った平川さんのことを思う時、新型コロナウィルスに苦しんだ日本の未来へ、連続テレビ小説で日本を明るくするお手伝いが出来たら幸せです。
お声がけ頂き光栄です。

《プロフィール》
長崎市出身。シンガー・ソングライター、小説家。'73年フォークデュオ・グレープとしてデビュー。'76年ソロ・シンガーとして活動を開始。「関白宣言」「北の国から」など数々のヒット曲を生み出す。通算4400回を越えるコンサートのかたわら、小説家としても「解夏」「風に立つライオン」などを発表。多くの作品が映画化、テレビドラマ化されている。またNHK『今夜も生でさだまさし』のパーソナリティーとしても人気を博している。2015年8月一般財団法人 風に立つライオン基金を設立(2017年7月公益財団法人として認定)。さまざまな助成事業や被災地支援事業を行っている。2020年は新型コロナウイルス感染拡大に対し、医療従事者や介護・福祉従事者への支援としてマスクや医療用ガウンなどの物資支援、及び介護・福祉従事者への感染防止対策の人的支援を行う。

 

♦平川唯一さんについて

come2_0322_02.jpg
1902(明治35)年-1993(平成5)年。
岡山県上房郡津川村(現在の高梁市)出身。
終戦後まもなく放送されたNHKラジオ英語講座「英語会話」(1946-1951)、通称「カムカム英語」の人気講師で「カムカムおじさん」と呼ばれていた。
戦後の日本を明るくしたいという願いがこめられたラジオ英語講座「カムカム英語」は、「証城寺の狸囃子(たぬきばやし)」のメロディーにのせたオープニングで人気を獲得し、ブームの火付け役ともなった英語遊び(家族の情景を描いた英語ラジオドラマ)で英語を楽しく学んだ。全国でファンクラブが設立され、日本中に英語ブームを巻き起こした。


【当時のラジオ放送の音源】


♦出演者発表にあたって 制作統括 堀之内礼二郎

平川唯一さんがラジオで英語講座を始めた時は、敗戦からまだ半年で、国中が暗い空気に包まれていました。「戦後の日本を明るくしたい」。講座にかける平川さんの思いはその一心でした。その内容はわかりやすくて誰にでもよく理解できるため、英語を学ぼうとする人はもちろん、学ぶつもりがない人でも、平川さんの明るい語りを聞くために、午後6時になるとみんなラジオをつけていたそうです。

聞いている人を元気づけようと優しくあたたかく語りかける平川さん。そんな様子を思い浮かべた時、さだまさしさんの姿が平川さんに重なりました。緊急事態宣言が出た2020年の春に、いち早く医療関係者への感謝とコロナ禍で落ち込む人々へのエールを歌ったさださん。真摯(しんし)な思いがこめられた語りと歌声に、私自身がとてつもない勇気を頂きました。

思いをお伝えしたところ、「英語は苦手なんだけどな~」と笑いながらおっしゃりつつ、ご快諾を頂けました。英語のレッスンももう始めて頂いています。さださんが演じる平川唯一さんのすてきな英語講座、想像するだけで胸がワクワクします。
秋から始まるこの楽しい物語の世界にぜひ、カムカムエヴリバディ♪

 

♦ものがたり

 come2_0203_00.jpg

1925(大正14)年、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の商店街にある和菓子屋で、女の子が生まれた。名前を安子(上白石萌音)という。あんこの甘い香りに包まれたあたたかい家庭に育った安子は、ずっと家族との幸せが続くことを願った。やがて戦争の足音が近づくなか、さまざまな試練が安子に舞い降りる。
けれど、ラジオ放送開始からまもなく始まるラジオ英語講座との出会いが、安子の未来を切り開いていく。

安子、るい、ひなたと、三世代の女性たちが紡いでいく、100年のファミリーストーリー。

安子の娘、二代目ヒロインるい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪から始まる。るいの娘、三代目ヒロインひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まる。
昭和から平成、そして令和へ。三世代ヒロインは、その時代時代の試練にぶちあたり、ときに、世間や流行から取り残されながらも、恋に、仕事に、結婚に、自分らしい生き方を、不器用ながらも、それぞれが違うあり方で、見出していく。
そして、3人の傍らには、ラジオ英語講座があった。

連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。


2021年度後期 連続テレビ小説
『カムカムエヴリバディ』<4K制作>

【放送時間】
《NHK総合》
(月~土)午前8時 [再]午後0時45分
《BSプレミアム・BS4K》
(月~土)午前7時30分 [再](月~金)午後11時
【作】
藤本有紀 《オリジナル作品》
【音楽】
金子隆博
【出演】
上白石萌音 深津絵里 川栄李奈
松村北斗 村上虹郎 小野花梨 浅越ゴエ 岡田結実 濱田岳
大和田伸也 鷲尾真知子 西田尚美 YOU 甲本雅裕 段田安則 ほか
【スタッフ】
制作統括:堀之内礼二郎 櫻井賢
プロデューサー:葛西勇也 橋本果奈
広報プロデューサー:齋藤明日香
演出:安達もじり 橋爪紳一朗 深川貴志 松岡一史 二見大輔


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ