ドラマ10 ミストレス~女たちの秘密~

ドラマ10 ミストレス~女たちの秘密~

ドラマのみどころ

「ミストレス~女たちの秘密~」シーン写真

一人では抱えきれないほどシリアスな秘密を持つ、4人の女たち。
彼女たちは暇を見つけて集まっては、食事し酒を飲み、互いに自分の胸の内を明かして、うっ憤を晴らす。だが、それぞれの問題が極限に達した時、彼女たちは協力して自らの人生を賭けた大きな勝負に挑んでいく!

ドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』は、本国イギリスではシーズン3まで制作され人気シリーズとなり、米国版がシーズン4まで、ロシア・スロバキア・韓国でもリメイク版が制作された『Mistresses』の日本版です。

今の日本を生きる女性たちが感じている“生きづらさ”や“焦燥感”と真正面に向き合いながら、「幸せとは?」という大テーマをスリリングに、ミステリアスに、ロマンチックに描きます。
まるでジェットコースターに乗っているような、 過酷な日々を生き抜く女性たちが最後に手に入れるもの・・・それは「愛」という名の、人生最高のご褒美です!

「ミストレス~女たちの秘密~」シーン写真

恋する女は、自分を見失う
脚本 吉田紀子

このドラマの四人の女性も例外ではなく、むしろどんどん軌道から外れて行きます。たとえ彼女たちが、優秀な女医だったり、仕事のできるキャリアウーマンだったとしても。
「もしも~したら」は、ドラマ作りの出発点ですが。英国版『ミストレス』の初期設定は秀逸。「もしも不倫相手が死の淵にいたら……」「もしも事故で死んだ夫の保険金をめぐり……」「もしも夫以外の男性の子を……」「もしも恋をした相手が男性ではなく……」ネタバレにつきこれ以上書けないのが残念ですが、それらの“もしも”を使い、英国人ではなく日本の女性だったら、どう右往左往するだろう。そんなことを思いながら脚本を書きました。決して優等生ではなく、かなり本音炸裂のドラマ。楽しんでいただけたら幸いです。

「ミストレス~女たちの秘密~」シーン写真

愛を求め、愛に溺れる女性たち
演出 片岡敬司

鏡に映る自分にはっとしたこと、あなたにはないだろうか。そこにいるもう一人の自分が、思った以上に疲れていて、辛そうで、寂しそうで・・気付かずにいた心の叫びがいきなり胸に突き刺さったような、ドキッとする経験だ。“自分はこんなにも乾いているのか”そんな思いに耐えきれず、果敢に前進する女性達が『ミストレス』の主人公だ。彼女たちのお世辞にもお手本とは言い難い、不器用で危なっかしい生き方に私はすっかり魅了されている。BBCドラマの原題”Mistresses” は直訳すると「愛人たち」。愛を求め、愛に溺れる女性たちに不思議と勇気づけられる、未体験の『LOVE&サスペンス』を心ゆくまでお楽しみいただきたい。

「ミストレス~女たちの秘密~」シーン写真

幸せな人生のために
制作統括 後藤高久

皆さんは秘密をお持ちですか? 家族にも友人にも明かすことができない、墓場まで持っていくような秘密を。「そんな重い秘密、なくて良かった…」人を裏切ったことも、罪を犯したことも、自分自身を憎んだこともない私……。 あれ? そんなことはない、嘘をついて隠していますよね? そう、誰しも人には言えない秘密があるはずです。ドラマの登場人物たちを見ていると、秘密をカミングアウトする勇気を持つことが、幸せになるためには必要なんだと痛感します。皆さんは4人の女性たちの生き方を見て、驚き・笑って・涙するうちに、今まで目をそらしてきた自分の秘密をさらけだす勇気を持つことになるでしょう。とかくこの世は生きづらい……そんなアナタに『ミストレス』。心と身体、お大事に。

「ミストレス~女たちの秘密~」シーン写真

主題歌
NakamuraEmi「ばけもの」

笑っていたと思ったら1秒後には泣いていたり、その10秒後にはもう戦っていたり。女性の感情や感覚というものは血液みたいにどんどん流れ、その体から見える毎日は、どんぐり位の些細な出来事もスイカ位大きく見えてしまいます。髪を振り乱してはスイカを割り、すぐ髪を整えてまた前を向きます。
この繰り返しが毎日。毎日。毎日。毎日。だからです。
だから1秒後には綺麗な笑顔で笑って強く美しくどんどん変身していく。ドラマに登場する個性豊かな4名の女性と頑張る女性へリスペクトを込めて出来た曲です。

NakamuraEmi

<プロフィール>
神奈川県厚木市出身。1982年生まれ。山と海と都会の真ん中で育ち幼少の頃よりJ-POPに触れる。その小柄な体からは想像できないほどパワフルに吐き出されるリリックとメロディーは、老若男女問わず心の奥底に突き刺さる。

「ミストレス~女たちの秘密~」シーン写真

放送予定・スタッフ

【放送予定】
2019年4月19日(金)スタート
総合 毎週金曜 よる10時から10時49分 <連続10話>
再放送:総合 毎週水曜 午前1時25分から2時14分
【脚本】
吉田紀子 横田理恵
【音楽】
佐藤直紀
【主題歌】
NakamuraEmi「ばけもの」
【出演】
長谷川京子 玄理 大政絢 篠田麻里子 杉野遥亮 細田善彦 森優作 小篠恵奈
蟹江一平 筧美和子 螢雪次朗 小柳友貴美 橋本さとし 鎌田英玲奈 安藤結埜
佐藤隆太 山寺宏一 吉沢悠 甲本雅裕 麻生祐未 水野美紀 ほか

【制作統括】後藤高久 髙橋練【プロデューサー】樋渡典英
【演出】片岡敬司 福井充広 坂梨公紀
【AP】田口敦子 家生和美
【演出補】家次勲 嶋田明美 安原正恭 櫻井善悟 下村隼郎
【制作】宇賀神幸男 北田宏和 中野拓 矢口篤史 柿原美和子 中島正志 早川徹 松田邦洋
【デスク補】木村留美 堀島朋美
【編集】平川正治 田邊真弓 川村颯介
【記録】武田朝子
【編成リソース】関根智江
【番組広報】保倉聡子
【美術統括】内藤敦子
【美術】稲葉寿一 山﨑智也
【音響統括】山田正幸
【音響効果】三谷直樹 吉田直矢 大沼由季
【MAオペレーター】鷹羽直治
【技術総合デスク】市川隆男
【技術】佐々木喜昭 小倉忠 長谷川理
【撮影】清水昇一郎 當木雅人 芳野達彦 山崎伸一 丸山真
【撮影助手】貴志無介 市来聖史 星智教 岡村亮 井上光一 内田由衣 田村悠
【照明】鈴木岳 桜井利栄 村上憲次郎 工藤和也 中村海里 宮田幸雄 涌井彩萌 石井亮祐 二瓶遼 西山久美子
【音声】高木陽 金丸毅 天利浩和 中嶋翔太 甲斐次雄
【VE】横田幹次 岡本卓 山下輝良
【音楽録音】鈴木勇一 高橋義洋
【トラックダウン】長谷川巧 佐藤千恵
【VFX】鈴木英雄
【4Kエンジニア】堤聖司 石川智 石田賢一 小野浩史
【4KECS】滝沢勝 髙橋賢次 寺崎智人 鴻巣太郎
【美術ディレクター】八木澤宗夫
【美術進行】山本直樹
【美術プロデューサー】萩原春樹
【装置進行】永渕一孝
【アックス美術デスク】土本宏輔
【大道具製作】館山道雄 大森俊也
【大道具操作】秋山剛隆
【建具】喜津瀬康 阿部英之
【造園】小川哲夫
【特殊効果】田中賢一
【装飾】飯田恵一 川本恵保 羽賀暁子
【生花・消え物】落合生嗣 吉富有紗
【ミニチュア】柴田実紀 川崎健一
【衣裳】菊池奈由佳 斉藤美和 野村真未 亘つぐみ 山田梢
【メイク】藤田三奈 三田彩聖 千葉友子 会川敦子
【持ち道具】佐々木夏美
【美術車両】竹安正登
【BBCスタジオズ】チャールズ・ハリソン 木下美雪
【コンテンツ購入】武藤千枝 久保絵里
【法律指導】中野壮洋
【医療指導】冨田泰彦
【絵本協力】松本えつを
【デッサン指導】青栁友也
【取材協力】レインボーコミュニティcoLLabo

NHKのサイトを離れます