土曜ドラマ サギデカ

土曜ドラマ サギデカ

ドラマのみどころ

「サギデカ」シーン写真

主演・木村文乃

(NHK初主演)

×

脚本・安達奈緒子

(文化庁芸術祭大賞「透明なゆりかご」)

×

題材・振り込め詐欺

「振り込め詐欺」「還付金詐欺」…あの手この手で市民を騙(だま)し、大金を奪い取る『特殊詐欺』犯罪者たち。2018年の全国被害総額、356億円。なぜ、これだけ注意喚起がなされても、被害が無くならないのか?なぜ、捕まるのは「受け子」「かけ子」ばかりで、詐欺グループのトップまでたどり着けないのか?
そんなジレンマに愚直に向き合い、詐欺犯の実態に肉薄し、何としてでも摘発しようと心血を注ぐ、警視庁の女性刑事を主人公とした社会派ヒューマンドラマ。取材にもとづくオリジナル作品。犯人の若者達、被害者の老人達、そして刑事達。境遇こそバラバラだが、皆ある種「生きづらさ」を抱えている。それでも人は“一生懸命に生きていく”ということを、主人公の眼差しを通して描いていく。

「サギデカ」シーン写真

作者のことば
… 安達奈緒子

このドラマはフィクションです。けれど詐欺によって財産を奪われ、生命をも奪われた人が現実に存在します。罪を償うために青春の一時を奪われ、それでも生きていこうとしている人がいます。その重さを考えると、ドラマという虚構に作り換えるのはとても怖い。一方でこうも考えました。わたしたちが真実を真実のとおりに理解するには複雑過ぎる世の中にあって、虚構はストレートに、起きていることの本質に思いを馳せるスイッチになり得はしないだろうか。
警察関係者の皆さまを初め、詐欺の現状を取材し続けている方々、当事者の方々が力を貸してくださいました。そして撮影現場チームは、虚構ゆえに作品に真実性を持たせるべく総力を挙げて取り組んでくださっています。
お金とは何か、善悪とは何か、なぜ人は人を騙し奪おうとするのか。共に考えていただけたらと思います。木村文乃さんの強い意志のある目は、現実の希望となってくれると信じています。

「サギデカ」シーン写真

制作にあたって
… 須崎岳

「振り込め詐欺、このまま放っておくと大変な事になりますよ。」数年前、知人の記者からそう聞いたのがきっかけで取材を始め、書き上げたこの企画。すぐには通らなかったが、昨今の「アポ電強盗」「タイの振り込めアジト」など事態はまさに予言通りとなり、皮肉にもドラマ化実現へ背中を押されることとなった。「どうせ捕まらない」と言われつづけた振り込め詐欺が、それでも少しずつ捕まるようになってきたこと。そこには被害者のため、地を這うような捜査に取り組む刑事たちの執念があること。全市民の皆さんと、全ての振り込め詐欺犯の若者たちに伝えたいメッセージである。

「サギデカ」シーン写真

演出にあたって
… 西谷真一

ドラマを創る人には性善説の人が多い。人を愛する気持ちがドラマ作りの原動力になるからだ。取材を進める中で様々な人たちと出会い、どの立場の人からも何かしらの共感を得た。勿論詐欺は悪である。しかし詐欺行為をした人の多くが過去何らかの精神的肉体的被害に遭ったことも事実だった。金を持つ高齢者が悪いのでは無く、人が苦しむ事に心が痛まないことこそ悪である。一人のパンチドランカーが集団化するとこの国の未来は哀しい。人を思いやる寛容な心を持つこと。スマホに目を向ける一回分を人に目を向ける行為に変えていきたい。そんな思いでこのドラマを演出しました。

「サギデカ」シーン写真

「サギデカ」全出演者および全スタッフ

○作 安達奈緒子
○音楽 谷口尚久

○出演
今宮夏蓮 木村文乃
加地颯人 高杉真宙
森安真悟 眞島秀和
戸山祐貴 清水尋也
向井有紗 足立梨花
“店長”の男 玉置玲央
“番頭”の男 長塚圭史
“首魁”の男 田中泯
北原宗一郎 鶴見辰吾
今宮しのぶ 香川京子
廻谷誠 青木崇高
手塚賢三 遠藤憲一

第1回『名前のない男』
三島悦子 泉ピン子
三島和敏 金山一彦
元バンドマン 藤岡正明
黒キャップの男 ゆーまろ
所轄の捜査員 中村健
所轄署長 山上賢治
いかつい組対の捜査員 嶋尾康史
レコードショップ店員 佐藤幾優
新入りの男 福田和弘
被害者の声 藤夏子
被害者の声 名取幸政
劇中歌『夜中の逃走』 詞・曲: 谷口尚久 歌: 藤岡正明

第2回『流転する老人たち』
北村徳治 伊東四朗
原田明美 筒井真理子
松澤亮治 山内圭哉
老紳士 津嘉山正種
北村の娘・志津子 広岡由里子
男性銀行員 奥田洋平
女性銀行員 佐藤直子
不動産デベロッパー社員 鈴木将一朗
被害者の高齢者 関えつ子
ジムのフロント係 蔵原健
長身の男 NOZOMU
司法書士役の男 長森雅人
運び屋の若者 中井勝信

第3回『掌中の娘』
福田亜佐美 古川琴音
幼少の夏蓮 石川雅
夏蓮の父 比留間由哲
夏蓮の母 佐藤夕美子
医師 塩野谷正幸
高齢女性 泉晶子
亜佐美の父 牧トオル
亜佐美の母 冨樫真
看護師 金子ゆい
ポールダンス店マネージャー 若杉宏二
悪そうな男 岩谷健司
記者A 蒼島えいすけ
記者B 湯浅浩史
10歳の加地 生駒星汰
加地の弟 齋藤絢永
電話の女性の声 髙栁葉子

第4回『金と命』
見当たり班・上野 中村靖日
廻谷の同志・佐川 山口翔悟
ネットカフェの老人 ジジ・ぶぅ
捜査一課の刑事 井上賢嗣
SSBCの捜査員 木全隆浩
物流センタースタッフ 神崎孝一郎

最終回『信じるもの』
写真記者・井上 池内万作
捜査二課長 瀬川亮
突入した捜査員 猪俣三四郎
番頭ではない男 水森コウ太
旅館の従業員 川嶋秀明
キャスター うえのやまさおり
ラジオのMC 竹下良則
ラジオの被害者の声 大西多摩恵
高齢者 小貫加恵

各回のエキストラの皆さん


○制作統括/須崎岳 髙橋練
○演出/西谷真一(第1~3回、最終回) 村橋直樹(第4回)
○スケジューラー/舟橋哲男
○AP/松岡有佳里 山本彩乃
○演出部/武田祐輔 菊池俊次 橋本章 小峰陸矢 早野友喜
○制作部/堀井敏行 宮本智寛 津﨑雄大 大村昌史 上田由利奈
○リサーチャー/新開麻子
○放送事務/林美智子
○編集/佐藤秀城
○記録/外川恵美子

○美術統括/鈴木利明 丸山純也
○美術/小林史幸 羽鳥夏樹
○美術プロデューサー/小山隆
○美術進行/浅沼道之 鈴木隆之 菊地章雄 小山貴美子 池田明文 室伏清
○装置進行/永渕一孝
○製作デスク/土本宏輔 佐藤康 金平裕之
○大道具製作/手塚常光 村尾圭太
○大道具操作/樋口真也
○建具/喜津瀬康博
○造園/兵藤二郎
○特殊効果/小林正巳
○装飾/加瀬豊 北山陽二郎
○衣裳/田中亜由美 西牧奈浪
○メイク/五十嵐良恵 崎山彩実
○持道具/藤田真里 瓜田琴子
○専属スタイリスト/宮本まさ江
○専属メイク/林智子

○技術デスク/市川隆男
○技術/小倉忠 大畑夏雄
○撮影/相馬和典 榊原大悟 階戸万里 貴志無介
○撮影助手/近藤祥平 市来聖史 三代郁也 森田亮 後藤大樹 木村俊紀
○照明/杓瀬圭介 青木智英 宮田幸雄 桜井利栄 三上貢 工藤和也 伊藤広大 杉崎友城
○音声/工藤威 大塚茂夫 児玉考弘 菅野佑介
○映像技術/佐々木盛俊
○4K ECS/市川尚志 鴻巣太郎 八木淳
○高精細支援室/石川智 石田賢一 小野浩史 堤聖司

○音響統括/畑奈穂子
○音響デザイン/井上直美 三谷直樹 伊東珠里
○MAオペレーター/黒須智貴
○フォーリー/清水裕樹
○音楽録音/鈴木勇一 鈴木道和

○権利情報/大杉太郎
○番組広報/磯部めぐみ
○ポスターデザイン/齊藤幸孝
○ポスター撮影/白幡敦弘
○PR制作/水ノ江知丈

○警察指導/志保澤利一郎 土井紀人
○アクション指導/中川邦史朗
○バイク指導/柿添清
○医療指導/中澤暁雄
○焼き鳥指導/渡部美稲
○司法考証/飯田豊浩
○取材協力/鈴木大介
○取材/板倉弘政 森永竜介 橋本尚樹
○撮影協力/静岡県沼津市・御殿場市 千葉県市川市・木更津市・南房総市 群馬県高崎市 神奈川県伊勢原市・愛川町 茨城県境町 東京都葛飾区・台東区・目黒区 ほか
○制作 NHKエンタープライズ

NHKのサイトを離れます