土曜ドラマ 「路~台湾エクスプレス~」

土曜ドラマ 「路~台湾エクスプレス~」

波瑠さんインタビュー

路~台湾エクスプレス~

主演・波瑠さんにインタビュー!
作品に対する思いや2か月にわたる台湾ロケについて語っていただきました。

ー 台湾ロケについて。台湾で撮影されて、今まで抱いていた台湾のイメージと変わった点、もしくは新しく発見した台湾の魅力を教えてください。(波瑠さんご自身、台湾を訪れたのは何度目なのかも教えてください)

波瑠さん: 以前母と旅行で訪れたことがあり、今回のロケが2度目でした。なので台湾の観光の面しか見えていなかったのだと思います。撮影で回った地では地元ならではの空気や住んでいる人々の温かさを新鮮に感じることができました。
実はもともと台湾だけでなくエスニック料理などにも苦手意識がありました。ですが今回はほとんどのものが美味しく食べられました。日本に帰ってきてからも恋しくなる食事とたくさん出会えて、このロケをきっかけに大きく変わりました。

ー 言葉も文化も異なる台湾の俳優さんとの共演は難しさもあったと思いますが、波瑠さんご自身が撮影で心がけたことを教えてください。

波瑠さん: 確かに、雑談はできません。
でも言葉が全部分からなくてもよくみていればどんな人なのかはわかるんだなと実感しました。英語も中国語も使いこなせませんが、とりあえず怖がらずに言ってみる、話してみるでコミュニケーションをとっていました。

路~台湾エクスプレス~

ー 本作は、台湾新幹線開発における日本企業と台湾企業の道のりとともに、日本と台湾の人々の切なくも温かな人間模様を描く物語。原作や脚本を読まれて、どのようなご感想を持ちましたか?

波瑠さん: この作品がもつメッセージがきっとこれからの日本と台湾を強い絆で結んでくれるのだろうと思いました。長い期間をかけて、日本と台湾が紆余曲折ありながらも力を合わせて台湾の南北に線路を敷いたことには、それ以上の物語があると思います。台湾新幹線に関わった皆様の功績、それを映像化するために集まった日本と台湾クルーの積み重ねた毎日が、この先なにが起こるかわからない世界で繋がりになることを願っています。

ー 波瑠さんご自身は春香という女性をどのように捉えて演じましたか?

波瑠さん: 春香の魅力を組み立てるときに意識したのは、前へ出過ぎない強さでした。春香の周囲には頼もしい先輩がたくさんいて、基本的には後ろをついて行く。けれど行動力があり、冒険心もあるので、時々見え隠れしたら魅力的かも?と考えていました。

路~台湾エクスプレス~

ー それぞれの思いが交錯し、運命に導かれるように再会を果たす春香とエリック。一度は諦めかけた春香ですが、再会によって思いが揺れ動いていきます。春香のエリックを思う気持ちという部分を、どのように捉えて演じましたか?

波瑠さん: とても難しい質問です。
ほんとうにその言葉通り揺れ動いていました。
春香の旅行の記憶は、短い時間ですがとても色鮮やかで、春香を心躍らせるものです。自分なりに気持ちに区切りをつけていたのに、会いたいと思ってしまったり、いざとなると怖気付いてしまったり。正しくあらねばと思う自分と、正直な気持ちが常にぶつかっていました。

路~台湾エクスプレス~

ー 台湾の街並みや自然美、日台企業の交流、切なくも心温まる人間模様。さまざまな要素が詰まった本作。ご覧になる視聴者の方に見どころも含めてメッセージをお願いします。

波瑠さん: 言葉だけでやり取りをするより、相手の表情に目を向けたり、相手がなにを伝えたいのかを考えながら会話をする。普段の言葉が当たり前に通じる環境よりも、目の前の人の想いにアンテナを100%向けるという意識が働いていた現場でした。その作業ひとつひとつが温かかったと思います。そんな時間がたくさん詰め込まれている作品です。たくさんの人の元へ届きますように。

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む
NHKのサイトを離れます