スタッフブログ

「カンパニー~逆転のスワン」その9

こんにちは、プロデューサーのMです。

『カンパニー 〜逆転のスワン〜』第5話、いかがでしたでしょうか?

ついに、敷島バレエ団に招かれざる王子がやってきて、波乱の幕開けとなりましたね!

 

最終回公演に向けて、作り上げてきたドラマオリジナルの『白鳥の湖』と

バレエを踊る俳優さん達の陰なる努力について、少しお話しさせて頂ければと思います。

 

水上那由多役を演じてくださった古川雄大さんは、那由多同様、

かつてバレエ経験が少しあり、この役はまさに古川さんのためにあったような役です。

バレエの難しさもよく理解している古川さんは、ものすごく早い段階から個人練習を始め、

このドラマに並々ならぬ想いをかけて挑んで下さいました。

 

本格的に、Kバレエカンパニーさんのスタジオでバレエのリハーサルを始めたのは

昨年の8月ごろからなのですが、最終回公演撮影に向けて、

古川さん、高崎美波役の織田梨沙さん中心に、

高野悠役の宮尾俊太郎さん指導のもと、練習に練習を重ねてきました。

最初は、本当に第5話の那由多と同じぐらい、パ・ド・ドゥでの女性のサポートを

することが難しくて、なかなかうまくいかず、その様子を見学しながら、

ドキュメンタリーさながら、台本の那由多が上達していく姿に落とし込んでいきました。

一方、織田さんは、元々かなりバレエ経験がある方なのですが、

それでもKバレエさんの世界基準クオリティの厳しい目のなか、

織田さんならではの表現力を発揮して美しく繊細で、

時に妖艶な踊りを磨き上げていきました。

 

 05_45_020.jpg

 

そんな古川さんと織田さんを献身的に支えたのが、宮尾さんです

古川さんと織田さんの上達のために時間を費やす宮尾さんは、ご自分のバレエシーンの

練習に時間をかけなくて大丈夫なのだろうか!?

と心配になるほど、このドラマのために全力を尽くして下さいました。

 

そんなこんなで12月の公演シーン撮影直前には、スタッフも驚きの声をあげるほど

古川さんのバレエは、見違えるように上達していたのです!!

Kバレエさんでのリハーサルだけでなく、ご自身でも自主練を重ねて、

物凄い努力を重ねられた賜物だと思います。

 

最終回のドラマオリジナル・ロットバルト主役の『白鳥の湖』は、

果たして無事に成功するのでしょうか?! 

次回以降、さらにドラマの盛り上がりに拍車がかかって

いきますので、ぜひ最後までお楽しみ頂ければうれしいです!

 

第6話は2/14(日)夜10時~BSPとBS4Kで。

第5話見逃した方は、再放送あります。

同日午後4時30分~BSPです。

 

HPトップは→こちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:カンパニー

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ