スタッフブログ

「みをつくし料理帖スペシャル」~さがりまゆ日記その5~

土曜ドラマ「みをつくし料理帖スペシャル」スタッフのAYAです。

 

後編「桜の宴(うたげ)」の放送を見てくださった皆さま、ありがとうございました。

澪と宿敵・采女宗馬の対決、そして野江(あさひ太夫)との襖越しの切ない再会…見届けていただけましたでしょうか。

 

幼い頃、大水(洪水)によって離れ離れになってしまった、澪と野江。

その2人が、今回久しぶりに言葉を交わします。

しかし、澪の前では「遊女のあさひ」ではなく「野江」でいたいという願いによって襖越しの対面となり、

顔を合わせることはできませんでした。

 miosp5-1.jpg

miosp5-2.jpg

 

野江の澪への思いがこめられた襖がこちらです。

 miosp5-3.JPG

 

描かれているのは、幼い頃2人でよく渡った天神橋。

空には雲がかかっていますが、その雲はまもなく飛ばされようとしています。

澪が幼い頃に占い師から告げられた運命、「雲外蒼天」を描いているのです。

 

そして橋を渡る子供の頃の澪と野江の姿も。

 miosp5-4.JPG

美術チームがこだわり抜いて作ったものです。 

 

 

この2人の再会のシーンは、時間にして約8分30秒という長いシーンでしたが、

途中で切ることなく全て通して撮影を行いました。

 

そして様々なカメラアングルで撮影しなくてはいけないので、1回だけでは終わりません。

このシーンは2回撮影しました。

 

役者さんにとって長いシーンを1度で通して撮影するだけでも大変なことですが、

それを2回、同じように演じなくてはいけないのです。

しかし、黒木華さん、成海璃子さんは、見事に演じてくださいました。

 

スタジオで撮影の様子を見ていた私は、切なさで胸がいっぱいになり、思わずもらい泣き…。

皆様にはどのように届きましたでしょうか。

 

ドラマの中でなかなか会うことのできない澪と野江なのですが、

実は黒木さんと成海さんも、一緒に撮影するのは前シリーズを通しても今回が初めてでした。

このシーンをもってオールアップを迎えた成海さんは、「ようやく澪ちゃんに会えました!」と笑顔で撮影を終えられました。

 miosp5-5.JPG

 

 

野江との久々の会話を胸に、

「4千両で野江を身請けする」という途方もない夢に向かってますます料理の道を突き進んでいく澪。

 miosp5-6.jpg

 

江戸時代と現在の貨幣価値を比較するのは難しいのですが、

4千両は今でいう約4億円ほど?だと言われています。本当に途方もないですね…!

 

この先、澪と野江が顔を合わせる日は来るのでしょうか。

 

実は、髙田郁さんの原作では今回ドラマで描いた話よりも更に先の感動的な物語が続いています! 

そのまた次の、「みをつくし料理帖」の世界を、いつか見たいものです。 

 

「みをつくし料理帖スペシャル」再放送と、BS4Kでの放送、

そして前シリーズ「みをつくし料理帖」の再放送のご案内を最後にさせていただきます。

 

後編「桜の宴(うたげ)」の再放送は、26日木曜日・深夜0:20(水曜の深夜)からです。

BS4Kでは、29日日曜日・午後5:30から、前後編を一挙放送します。

 

また、来年1月6日(月)から16日(木)にかけて(毎週月~木の午後5:00から)、

BSプレミアムで前シリーズ「みをつくし料理帖」の全8話再放送もあります!

 

見逃してしまった方はもちろん、すでに見ていただいた方も、何度でも見届けていただければ幸いです。

 

 

番組HPはこちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:22:10 | カテゴリ:みをつくし料理帖スペシャル

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ