スタッフブログ

「マンゴーの樹の下で」 スタッフブログ6 キャスト紹介! 山口まゆさん『戦争体験を、学ぶ側から伝える側にーー。』

 

こんにちは!

特集ドラマ「マンゴーの樹の下で」スタッフYasimiです!

 

これまでに続いて、出演者の紹介をしたいと思います(*^^)/

 

昭和19・20年の日下部綾(くさかべ あや)役の山口まゆさん。

 

08071.jpg

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン人の母と日本人の父を持つ、生まれながらのフィリピン育ち。

商社で通訳の仕事をしています。

 

この設定の役柄を演じるにあたって、

山口まゆさん、多様な言語を使い分けるのです!!

タガログ語、イロカノ語、英語、日本語・・・!

撮影の準備期間に、言語のレッスンを積み重ねました。

 

08072.jpg

 

 

 

 

 

 

 

山口まゆさんが演じる綾は、

自分が暮らしたことのない内地の日本から来た凛子(清原果耶)に、

強い憧れを抱いていました。

「女二人なら百人力!」と、当時まだ女性が少ない職場で、

ふたりは友情を深めていくのでした・・。

 

しかし、マニラが陥落し、ルソン島北部へ退却するなかで、

凛子や綾を含んだ民間人女性たちが集められ、

看護婦や食糧調達の補助をする「なでしこ隊」が結成されます――。

 

08073.jpg

 

 

 

 

 

 

08074.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、山口まゆさんからのコメントです!

「令和元年の終戦ドラマに参加させて頂けたことに本当に感謝しております。


私は戦争体験者ではないので、

人から話を聞いたり、

学校の歴史で習ったり、

映像作品を見たりして、

客観的に戦争というものを感じてきました。

でも、

今回は私が伝える側に回ることになり、

色々なことを考えました。


ロケでは戦争の疑似体験をして

言葉では伝えきれない

悔しい思いなどを撮影を通して感じました。


この作品を皆様にお届けできることが本当に嬉しいです。

沢山の方に観て頂きたいです。」

 

放送まであと1日となりました!

 

先日のBS1のドキュメンタリー「マンゴーの樹の下で 〜わたしはこうして地獄を生きた〜」

をYasimiも観て、

ルソン島の山岳地帯を俯瞰から撮影した映像に

こんなにも険しく広大な山を人の足だけで

満足に食糧もない状態で

乗り越えていかなければならなかったのだ・・と、改めて思い知りました。

 

ドラマ「マンゴーの樹の下で 〜ルソン島、戦火の約束〜」

昭和19・20年の凛子と綾が交わした約束が

終戦から44年後の平成元年の日常に何をもたらしたのか――。

 

どうぞ、ドラマ版の放送もご覧ください!

 

08075.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 『マンゴーの樹の下で』HPはこちら

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:14:40 | カテゴリ:マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ