スタッフブログ

新米APの〝つれづれ螢草日記〟 その七「エンドタイトルに込められた思い」

 

新米AP・お松です。

第二回「父の仇」をご覧頂いた皆さま、ありがとうございました。

 

第一回の穏やかな日常から一転、第二回では風早家に大きな試練が降りかかりました。

果たして佐知はどうなるのか。そして轟と決裂した市之進は!?

ますます目が離せなくなりそうな展開ですが、それだけにその後に来るエンドタイトルにはほっとさせられました。

 

さて今回は、穏やかでありながら豊かな世界を生んでいるそのエンディングについての裏話を。

 

絵巻物のような味わい深い映像は、何度も試行錯誤して今の形になりました。

朝に咲き、雨に打たれながらも健気に咲き、

さまざまな花と共に咲き誇る一連の流れは菜々と重なります。

 

菜々には様々な苦難が待ち受けますが、

エンディングの映像で少しばかり、ほっと息をつくことが出来ます。

 

そして、エンディングの澄んだ歌声。

誰なのか、気になりますよね。

 

実は菜々役・清原果耶さんがハミングしているんです!

 

曲名は「螢草の子守唄」。

「菜々」の時とはまた印象が異なり、優しく見守ってくれているような歌声ですよね。

本編で、螢草はさまざまな場面で菜々を見守り、励まします。

 

ドラマの撮影中はちょうどツユクサ(螢草)の開花時期だったため、

ロケの時などに野に咲くさまを見る機会があったのですが、

「螢草 菜々の剣」に携わる前とではすっかり違った印象を受けるようになりました

 

螢草の花は昼には枯れてしまいますが、それでも螢草は確かに命を繋いでいきます。

たとえ萎れてしまっても、次の日には別の花が咲く。

 

ツユクサを見たときに、ふとドラマの中での健気な菜々の姿を思い出し、

励まされるようなことがあれば、これ以上の幸いはありません。

hotarued.png

儚いだけでなく、命をつないでいく螢草の強さとやさしさを託したエンディングに耳をすましてみてください。

 


 

「螢草 菜々の剣」今後の放送予定

 

第三回「忍び寄る影」

【BSプレミアム】

8月9日(金曜) 夜8:00

【BS4K】

8月7日(水曜) 夜6:00

 

※第二回再放送

【BS4K】

8月7日(水曜) 朝8:15

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:00 | カテゴリ:螢草 菜々の剣

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ